SASRA2   

a0106747_11205626.jpgcv:安元洋貴×森川智之
cv:土田 大×中村悠一


転生を繰り返す恋人たち、前回のラスト古代中国からヨーロッパに舞台を移しての2ndステージ。

<ローマ編>
民族の土地と誇りをかけて戦う勇敢なゲルマンの戦士アンドレアス@安元氏と、ゲルマンへ侵攻を続けるローマ軍を率いる美貌の騎士ルキウス@もりもり。
勇猛で鋼の肉体でガタイが良い感じが声を通して伝わってくる安元氏の雄くさい男前声ラブ~♪しかも敵陣の大将で親友のかたきなのに、ルキウスとの会話の時には、すでに惚れちゃってる弱みっぽい糖度高めの甘みが何とも涎が出そうです。もりもりは私的に攻め推奨の方ですが、「公使閣下~」の時も思ったけど、容姿・地位共に申し分ない位置にありながら、心に歪みを抱えている声色って上手いよな~。今回も殺戮に愉悦を感じてしまうちょっと病んだ匂いを含ませて、憂いを帯びた声色が秀逸。
ストーリーとしては悲恋と言うよりも同士愛?最後は手に手を取って追っ手に突っ込んで行ったっぽいニュアンスだったしな。

<中世ヨーロッパ編>
姫~~~!本当に高貴なお姫様だったわよーゆうきゃんってば!!ってな妙なテンションになってしまうような姫騎士(ドイツ貴族)アルフォンス@ゆうきゃんの気高く乙女な声に満足しきり。盗賊の首領レオン@土田さんがまたいい声でねぇ・・・粗野だけどあったかくて情が深い声なんですわ。「エビリティ5」の時に、もっとこっちの世界にいらしてください☆と願っていたことが叶いました^^。
湯浴みを手伝い痣にチュっと味見をしたのに、その後40日間のお預けを食らい「痴れ者がっ##」と手打ちを浴びながら、ツンな姫騎士に徹底して尻に敷かれるレオン(悦)。「ア~ルフォ~~~ンス」と遠吠えのように、恋しい名を呼ぶ声が耳から離れなくて困ります。
ストーリー的には、一番切なかったレオンとブリッツの対峙シーン。自分を拾い剣を教え、ずっと育ててくれた兄のようなブリッツと敵対する破目になっても、なお抗えなかった運命の輪廻に苦悩する、漢気溢れる温かい土田さんの声が泣かせます。このシーンが盗賊家業を捨てアルフォンスに忠誠を誓い、騎士として命を賭す覚悟を見せた叙任式の場面を、より切なく引き立てていた気がします。話的には一番好みかも☆
[PR]

by lovelove-voice | 2009-04-27 11:24 | さ行

<< SASRA3 SASRA1 >>