タグ:鳥海浩輔 ( 26 ) タグの人気記事   

誘惑者の恋   

a0106747_15412097.jpg
cv:川原慶久×鳥海浩輔
「ラシードを愛している」と思いもかけない告白をした上、愛しい人と共に旅立ってしまった兄・桂一@平りん。一時の気の迷いにとらわれているそんな兄を連れ戻すため東堂和輝@鳥さんは、一人マラークへと向かう。機内のファーストクラスで気になるアラブ系の男に目を奪われるが、その男と意外な場所で再会することに・・・。

川原さーん(はふぅ)...思えば「愛と仁義に生きるのさ」以来、メインらしいメインがあまりなく、昨年「明け方に止む雨」で久しぶりにメイン攻めを聴いた気がするんだけど。いやあ~アラブのセレブいいじゃないのぉ♪ほらアラブものっていろいろとアレな話が多いので(笑)正直ちょこっと心配ではあったわけね。んで、やっぱりさー誘拐されて奴隷に売られたり媚薬が出たりと、アラブのテンプレ的な部分がごにょごにょ・・・しかし!年上男前な褐色攻め×元気っ子大学生受けに、川原さんと鳥さんの声質のバランスが良く合ってて、気持ち良く聴けてしまう喜び。むしろ、ここまでお約束なネタが出たからには、いっそ想いが通じた後の絡みで”代々王家に伝わる秘密のオイル”なんかも出しちゃって、もっとじっくりねっくりと前戯をしてくれても良かったのに(笑)と思う程の堂々たる攻めっぷりが涎もの。
かたやあちらこちらで、やたらと年の事を気にする鳥さんですが、いやいや元気な大学生GOODでしたよん♪特に前作の「守護者」からのスピンオフと言うのに、前作に出てたのは鳥さんだけだし、他のキャストは今作に出てないしってことで、とにかくセリフもモノローグも満載でお疲れ様でした。
前CPのラシード×桂一も思った以上に登場していて嬉しい限り。このロッセリーニ家シリーズは、通して使われるBGMも好みだし、乙女気分に浸りたい時にはうってつけ☆2枚組ながらあっと言う間に聴けます。

[PR]

by lovelove-voice | 2015-01-30 15:48 | ロッセリーニ家シリーズ

第二ボタン下さい   

a0106747_1482661.jpgcv:子安武人×小野友樹

仙足高校2年柔道部主将の阿久津@コヤPは、ある試合会場の更衣室で村上@おのゆに一目ボレ。カワイイ女の子と思っていた村上が、実は男の子と知っても何故だか身体は反応して・・・。

「生徒会長に忠告」のスピンオフ。本編では、終始モソモソした感じだった阿久津ですが、そこはかとなく変態感漂う天然ボケっぷりにキャラ変していて面白い。BL界で変態声と言えばナリケンさんが横綱格ですが(賞讃です)、某建築家先生以来、安定・安心の変態ぶりを身につけたコヤPが楽しそうに演じていてGOOD。しかも初対決のおのゆがっ!(悦)触られてカワイイ声が出ちゃうし、イメージ映像のシーンではプイッとそっぽ向くような乙女チックな声出すし、もうもう新しい発見満載♪本編共々、独特な世界観の作品なので好き嫌いは分かれるとは思うけど、イモ変態のコヤPとツン可愛いおのゆを愛でるCDだと思えば、それなりに楽しめる1枚。

余談ですが
[PR]

by lovelove-voice | 2013-07-05 14:09 | た行

なんか淫魔に憑かれちゃったんですけど   

a0106747_15141389.jpgCV:羽多野渉×鳥海浩輔


第一研究室の室長美和@鳥さんは、理系畑のはっきりものを言うタイプ。部下からも室長なのに、何故か”御頭”と呼ばれ慕われている。そんな美和にある朝、小人のような赤い腹巻おやじ@緒方さんが目の前に出現?!誰かと尋ねるとそのオヤジは、男の精を喰らうあやかし「妖精」だと言い、3日以内に男に抱かれないと寿命が尽きると脅してきた。そしてターゲットに指名(?)したのは部下の渡瀬@羽多野クンで・・・。

タイトルを見ただけで、シリアス路線ではないな とすぐわかるが、このキャストには当然のように踊らされる(笑)。そりゃそうでしょ~鼻息荒い攻めが魅力の羽多野クン×鳥さんってだけでも、食い付くには充分なところに持ってきて、腹巻きオヤジに緒方さんって(悦)。これが踊らずにいられようか!ってことで、いやいや久しぶりに楽しいBLCDを堪能。コメディーもこのCPだと、ただのお笑いで終わることなくちゃんとラブな気持ちも伝わるし、なんと言っても鳥さんに取り憑いた”妖精”の緒方さんのキュートで気持ち悪いことと言ったらありません。あのオヤジ声で「てへっ♪」とか言われた日にゃ、もうもう・・・通勤電車の中で笑いを堪えるのに必死で、いろんな意味で悶絶しました(爆)。ホッペが攣るかと思いました~あーアブナイ。そして、精を喰らいキラキラの美形に変身した後の達がスタイリッシュないい声を出すもんだから☆(口調はオヤジのままってのがまたイイ)ニヤニヤを堪えるのにまたホッペが攣って、見事にヘン顔選手権でグランプリが取れそうな勢いでした。
一人よがりなHシーンで極上の攻め吐息を聴かせてくれた橋詰@川原クン、あーもったいない!何故がっつり絡みが聴けないのかと悔し涙が出ました。誰か川原クンのメインがっつりをオファーしてください(祈)。これ原作はどうなのか知らないけど、橋詰@川原クン×変身後の美麗淫魔@達の組み合わせなんていいと思うんだけど、ねっ。
[PR]

by lovelove-voice | 2012-04-05 20:05 | な行

あなたのためならどこまでも   

a0106747_144736100.jpg三木眞一郎×鳥海浩輔


堅物刑事:高千穂巧@鳥さんは、一年間追い続けた結婚サギ犯:七海洋一@ミキシンを離島で逮捕、身柄を確保した、はずだったのにフェリーには乗り遅れるわ、漁師さんの船で船酔いするわで、何故かそのまま離島に逗留する羽目に・・・。

無人島だ!富士山だ!多摩川だ!あげくに平安時代のつづらの中だ(笑)と、神出鬼没・波乱万丈?荒唐無稽なコメディ。エピソードの整合性とか、時間や時代の順番とか、そんなめんどくせーもんはポンポンかっ飛ばして、ひたすら胡散臭いミキシンと振り回されて裏声率が高い鳥さんを堪能するCD。ほら、トムとジェリーに理屈を求めないって言うか、マジックショーでシルクハットの中から出たのは、鳩→万国旗→ガーターベルト→鍋→「バカが見る豚のケツ」と書いた紙、みたいな面白さって言うか。とにかく”当て書き”されたんじゃないかと思うくらい、キャラが立ってると言うよりもミキシンと鳥さんだからこそ出来た、上等のすっとぼけを頭からっぽにして楽しめばいいんじゃね?ってな1枚。
[PR]

by lovelove-voice | 2011-05-10 15:23 | あ行

男子迷路   

a0106747_1526199.jpgcv: 羽多野渉×立花慎之介
cv: 安元洋貴×野島裕史
cv: 鈴木達央×梶 裕貴
cv: 岸尾だいすけ×鳥海浩輔



昼間は真面目な大学職員:伴内要一@鳥さん、夜はケバいおかまの“ラブハンターB”と言う別の顔を持つ。Bが行きつけにしているバーのマスターまさみ@安元氏は、悪い男を気取りながらも客のモテモテスタイリスト楚川@野島兄が気になってしょうがない。まさみの妹:洋子に告ってフラれた児玉@羽多野は、児玉が好きで好きでたまらない心@慎之介と微妙な関係を続けている。Bの双子:伴内肯一@たっつんは、塾の生徒だった猿谷@梶クンに新しい彼氏ができたと言われ、つい大人気なくいじめてしまう。その時かませ犬に使われた大山(通称ドラ)@ダイサクは、大学入試の書類を取りに行った先で・・・。オムニバス形式で繋がる恋の迷路に迷い込んだ男たちの行方は?

<線の上の友達>羽多野×慎之介
何気に初対決な気がするこの組み合わせ(違ってたらゴメンなさい)。いやあ~若々しくていいじゃないですか♪心が結構気になりつつも、ソッチの世界には足を踏み込めないくせに、活きたオカズ(笑)になってやる優柔不断な児玉を羽多野クンが好演。そんなオカズに一人上手で答える慎之介ボイスが可愛く色っぽい。
<LOVEのトートロジー>
児玉を振ったまさみの妹:洋子の語りを中心に進んでいく箸休め的なトラックその1。洋子が寝てる脇で、大胆にも児玉をズリネタにしながら一人Hに耽る心の声が出ないように、KISSを仕掛ける児玉。口を塞がれてイク時の慎之介クンはめっちゃ吐息が気持ち良さ気でGOODです(悦)。
<悪い男>安元×野島兄
まず気になったのが、フランス人ってイイ時に「セ・ボン」って言うんでしょうか?本当に。ちょっと吹きかけたんですが、ノジ兄の喘ぎが色っぽかったので結果オーライか(何様)。余談だけど、もし本当に「セ・ボン」って言うんだったら、某作品のフランソワ@ちーちゃんに是非言わせてみたいな☆などとちょっと違う迷路にはまりつつ聴いてみたり。
それはさておき、ウサギ狩りからお気に入りの安元×ノジ兄の組み合わせなんだけど、糖度高めの安元ボイスとちょっと気だるげなノジ兄ボイスって相性いいよね~。「ぐちゃぐちゃにして…みたいな」には、まさみじゃなくてもズギューンでした。これからもっと共演作が増えることを祈ります。
<ラブリーモンキーベイベー>達×梶
久しぶりに攻めサイドで聴いた気がするな~と思う程、最近受けが多かったたっつん。健気で真っ直ぐな受けの梶クンは鉄板キャラ。大人の余裕で(実はバカ猿にベタ惚れなんだけど)「ただいま、するんでしょ?」って言い切るたっつんに「俺が見つけられたものなんて、どうせ伴ちゃんの愛だけだよぉ」と泣く梶クンが可愛すぎて、思わずキュンとしたりして。
<夢か現かバーサーカー>
人物の相関図が説明臭くなくわかる箸休め的なトラックその2。原作通りなのか脚本なのかはわからないけど、それぞれの話を繋ぐ上手い作り方だな~と感心した。「アッロー♪」とテンション高く濃いBと大学職員の真面目な顔の要一を使い分ける鳥さんはさすがの上手さです。
<恋フォルダ、上書き保存>ダイサク×鳥さん
私的には“混ぜるな危険”的な組み合わせに思えて、聴く前はちょっとドキドキしたんだけど。だーってテンション高い役の鳥さんにダイサクのCPなんて、暴走し始めたら誰にも止められないじゃない?と思うでしょう、普通(笑)。久々聴いたブリッコ声のダイサクにムズムズしたり、活き餌・提灯鮟鱇の鳥さんのテンションに爆笑したり、2人をからかうまさみ&楚川に萌え萌えしたりしながら聴きはじめる。そんなBとドラが、実は2人とも純で一途なCPで・・と進んでいくストーリー運びにうっかりホロリとしてしまった。はっちゃけつつもギリギリの線で持っていくこの2人、やっぱ上手いわ。“姫顔でデカ○ン”のくだりで高笑いする鳥さんは必聴。
[PR]

by lovelove-voice | 2011-02-01 15:29 | た行

若草物語(非BL)   

a0106747_2055091.jpgメグ:鳥海浩輔
ジョー:吉野裕行
ベス:立花慎之介
エイミー:梶裕貴
マーチ夫人:藤原啓治
ローリー:櫻井孝宏
ローレンス伯:高岡瓶々
ハンナ:安元洋貴
ナレーション:大川透(マーチおばさま)


原作:ルイザ・メイ・オルコットの不朽の名作を男だらけでCD化。クリスマスを前にして、「ドレスがない」「父が居ない」などわがままな不満を漏らすマーチ家の姉妹たちは、戦地に赴いている父との「ステキなレディになる」と言う約束を果たせるのか?優しい母や親切な隣人、周囲の人たちとのさまざまな出来事を通して、少しづつ幸せの意味を知っていく。そして1年後のクリスマスの日は・・・

モモグレのMEN’Sオンリーシリーズ第6弾。このキャスティングした人は神!!と拍手した素晴らしい布陣。元々大好きな「若草物語」が、すべて男ばっかりの役者さんの声によって、こんなにも違和感なく聴けるCDに仕上がるなんて、改めて演じ手の底力を感じた。まず、音声化成功のキモ♪と感じた大川さんのエレガントで柔らかい音色で紡がれるナレーションがとても心地良い。4姉妹にそれぞれ鳥さん・よっちん・立花クン・梶クンなんてこれがまたピッタリと嵌ってて☆特に3女のベスに立花クンの優しい声が、内気でおとなしいイメージどおりで嬉しくなる。マーチ夫人に啓治さんって!以前、某作品で啓治さんの強烈なオカマキャラを耳にしていたので一歩間違えばアブナイ・・と危惧したあたしをどうか許してください。本当にごめんなさい、と全力で謝りたいほどおだやかで気丈な古き良きアメリカのご婦人っぷりで嬉しくなった。育ちの良い隣人のローリーに櫻井クン、いやあ~久しぶりに正統派おぼっちゃま声を聴かせてくれてありがとう。やや骨太なハンナだった安元氏もいいスパイスになってましたし、ローレンス伯の高岡瓶々さんはあまり存じ上げないお方ですが、とてもノーブルな音色で品の良い老紳士声が素敵でした。
「赤毛のアン」から始まったこのモモグレさんのチャレンジ企画(笑)、次回はどんなサプライズがあるのか?といろんな意味で楽しみなシリーズになってます。
[PR]

by lovelove-voice | 2010-10-25 20:57 | わ行

それは突然やってくる・・・萌え   

日参レビュアの季菜子さんトコから勝手にいただいちゃってきました♪

【男性声優バトン】

◇今一番自分の中で熱い声優さんは?
木内秀信さん

◇その人との出会いはどんなキャラ?
ぶっちゃけアニメを殆ど見ないので「テニスの王子様」もナナメ視聴しかしてないんだけど、数年前BL友人に教えてもらった”メガネをはずす夜”と言う、とんでもなくエロヴォイスのニコ動を聴いてハマった

◇その人がやってるキャラで一番好きなのは?
正直その「テニプリ」の忍足ってキャラも良くは知らないんだが^^;

◇その人がでてるCDとかもってる?
CDは持ってないけど、最近のヘビロテがこれ↓

バックコーラスにべ様とか保志クンとかうえだゆうじ氏の声も聴こえて楽しい楽しい♪
めばちこって”ものもらい”のことだったのね、初めて知ったわ~~
九州方面では”おひめさん”と言ったりするけど
(関西圏の方にお願い:「いらちわくで~」ってどう言う意味でしょうか?ご教授願います)

◇その人は受け声?それとも攻め声?&誰とからんでほしい?
BでLな世界には未だ参戦されていないようですが、是非受けていただきたい
それはさておき、この妖しげな声で一伸さんとイヤミの飛ばしあいみたいな演技が聴いてみたいなぁ~。榎田さんとか津守さんとか会話のセンスがいい作品での競演とかあったら・・・っと

◇その人リアルで格好いい?
見たことないけど、噂ではケンドー・コバヤシに似ているらしい(笑)

◇その人の声を一言でいうと?
エロ妖しいです

◇ぶっちゃけ声優夢小説とか声優同人よんだことある?
現物には目を逸らしてます(無礼者)

◇声優めあてでアニメとか見る?
銀魂はその気があったかも?

◇男の声優に必要なものは、ズバリ?
瞬殺声(特にBでLな方面では) 
演技力は基本だけどプラスαでコレがあると、幸せにイケます(待て)

◇次まわす人をどうぞ
これを読んだ皆様(笑)是非萌えな語りをしてみませんか?


木内さんって爽やかな声も出るのね♪と思って聴いてたら最後に
とんでもないバクダンが(笑)こんなバージョンもあったのね~


そしてもうひとつのヘビロテ
[PR]

by lovelove-voice | 2010-04-29 08:08 | 声萌え

久々ゆっくりした休日に♪   

ここんトコ多忙にかまけて更新が滞ってたことを反省して 
2.3本まとめてレビュー上げようかな?とPCの前に座り
まずは日参レビュアさまのお宅を巡りつつ・・・と思ったら
さわちゃんのお宅にこんな危険物がっ!!!



思わず50数分PCの前に張り付いてしまったじゃないか~~

岸尾だいすけ氏と鳥海浩輔氏の器用さと上手さには感動し
櫻井クンの盆踊りに吹き出し コヤPと高橋広樹氏の壊れっぷりには涙し(笑)
森川智之&置鮎龍太郎の表記には思わず
”&”じゃなくて”×”でお願いします!と祈りを込めてしまった(腐)

特にだいさくの「BANG!BANG!?BANG?」は昔懐かし昭和のGSサウンド満開で
語尾の上げ方と声の裏返し具合が すごく曲調に合っていてサイコー♪
思わず片耳塞いで”おまえのすべてぇ~”と叫ばせてみたくなったり(爆)
(↑これがわかる人 もはや希少と思われる)

鳥さんの「東京ルンバマンボ」は まさに東京ロマン○カを髣髴とさせるムード歌謡
こんなにもムード歌謡が鳥さんの声質に合うなんて驚きと共に嬉しい発見☆
言葉の伸ばし方に甘さとエロさがバランス良く含まれてて ついうっとりしてしまった(汗)

声フェチならハマること請け合い!是非50数分気合を入れてお楽しみくださいませ
[PR]

by lovelove-voice | 2010-02-11 12:15 | 声萌え

犬とおまわりさん。   

a0106747_10554153.jpgcv:平川大輔×鳥海浩輔


小さい頃、迷った飼い犬を親身に探してくれたおまわりさんに憧れていた柳田深美@平りんは、大人になり念願の駐在所勤務をしている。人を犬種に例えて記憶するほどの犬フェチの深美が、ある日巡回中に見かけた人気モデルの叶@鳥海クン。何故だかいつものように犬種に当てはめることができない、仲良くなりたいのに懐かないノラ犬のような叶に、いつも無視されてしょげてた深美だったが、モデル仲間に絡まれているところを助けてやってから・・・。

ほのぼのとしたストーリーで、耳に優しいおはなし。平りんは”王子様”と劇中でも呼ばれていたけど、本当に穏やかで品のある爽やか系のお声です。10代のモデル設定の鳥さん、なかなか10代には厳しいお年頃(笑)になりつつあるものの、ちょっと晩生な感じの青年を好演。深美(これで”みよし”と呼ぶのだそうな)の後輩警官の広大@川原慶久さんが好みの声でツボ♪お名前はいくつかのCDで目にしたことはあった記憶があるけど、今回しっかりと記憶に残りましたよ~^^特にちょっとチャラ男風に喋る時の色っぽいこと!次回作があるなら、深美のブラコン弟@たっつんとCPってことだよね??原作があるなら是非このCPでもCD化希望します。
深美の飼い犬えい吉ちゃんに、なんとびっくりな若本御大がキャスティング。BL作品に登場する犬としては、DOCTER&BOXERシリーズのカインとアペル(塩沢・石川)以来の衝撃、いや笑撃か?湯上りの「拭くが良い」とか、ご主人様の愛を一番受けてると勝ち誇る「アイ・アム・ウィナー!!」も、御大が喋っているだけで笑える破壊力。ありがとうございました、と訳もなくお礼を言いたくなる存在感でした。次回作があるならブラコン君とのやりあいを、もっと聴いてみたいなぁ~。たっつんにとっても凄く刺激になりそうでワクワクします。
BGMがこれまたポリアカ風だったり、絡みのシーンでは思わず「ル~ル~ル~シャバダバダ、シャバダバダ」と口ずさみそうになるフランス風味だったりと、合ってるんだか合ってないんだかで微妙に私的にはツボだったから、特にドラマとしての展開はないものの、聴きやすいCDとして割とリピ率は高いです。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-10-14 11:05 | あ行

NOW HERE   

a0106747_1572971.jpgcv:鳥海浩輔×飛田展男


とある会社の営業担当:福山@鳥海クンが、酒に酔った勢いでお持ち帰りしたらしい男は、同じ会社の経理部長:仁賀奈@飛田さんだった。50歳まで童貞で今まで誰とも付き合ったことのない仁賀奈の初心さに、からかい半分で”年下の恋人”を演じ、付き合い始めた福山だったが、やがて・・・。

うーん・・・、私的にいろんな意味で難しかったなぁ~。飛田さんが芝居巧者なのは言うまでもなく、古くは富士見シリーズのマリア(※)、「梨園の貴公子」の紫川など、本当に多才な声を繰り出され、その度に驚かされる大好きな声優さんなので、どんな演技プランで望まれるのかをとっても楽しみにしていた部分もあった。そう言う意味では満足もしたし、やっぱり飛田さんって上手いな~と感心&感激した。ストーリー的には年の差オフィスラブなので、特にドラマティックな展開もなく、ゆったりと落ち着いて聴ける流れ。しかし50代の男にしては余りにも枯れ切った声過ぎて、”飛田さんの美声はどこ?”とちょっと悲しくなったりしながら聴いていた。でも巻末フリトで作家さんの希望により、そういう声設定になったんだとの話があり、一応気持ち的には納得した。残念感は拭い去れないが・・・。鳥さんは得意(?)のオレ様攻め系、やや鼻持ちならない出だしから惚れた弱みでだんだん柔らかくなっていく細やかな表現は、いつもながらとてもGOOD。特筆すべきは行きつけのバーのレヴィ@健太!!逞しく可愛らしく、お茶目で人情に厚い素敵なオカマを好演♪「かわいい悪魔」の時の強面なのに乙女ちゃんだった時と同様、素に近い健太声のなんとチャーミングなこと☆もはや笑いを通り越した愛しさを覚えます。
好き嫌いは大きく分かれそうな作品だけど、声優さん達の熱演とBLCDリスナーとして、食わず嫌いせず一応聴いて見る価値はあるオリンピックCDだと思います。

※ 富士見シリーズのフリト盤で、増谷さんと台本ナシで掛け合った「宇宙戦艦ヤマト」は、鳥肌モノに凄かった。機会があれば是非聴かれることをオススメします。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-10-05 15:13 | な行