タグ:鈴木達央 ( 13 ) タグの人気記事   

ノットイコール   

a0106747_1712467.jpgcv:鈴木達央×野島裕史

両親の離婚で別れてしまった父@野島兄に会うため、九州の田舎まで来た凉@たっつん、十数年ぶりにあった父は、驚きとも戸惑いともつかない声で「涼・・・」とつぶやく。ぎこちない共同生活の中、突然涼はタイムスリップをしてしまう。バブル真っただ中の昭和、そこにいたのは、自分より三つ年下の父・果だった…。

面白い!ストーリーもしっかり作られているし、何よりBGMや効果音の音の当て方が好みですっごく嬉しい♪SFものスキーにとっては、タイムスリップをする時の音が良く表現されていてワクワクした。涼の達は等身大の素直な演技で好感が持てるし、なんといっても14歳の果@野島兄のかわいらしさといったら!なんなんですか(悦)未だかつて耳にした事がない高音域でのメインながら、等身大の少年らしくちっとも不自然さが感じられない。野島兄の声を”かわいい”と感じるのは年上受けの時だけかと思いきや、超かわいいぞ年下受けも☆
最初に聴いた時は「えっこれで終わり?続きは?」と思い、フリトでリクエストが多ければ次が出るかも・・・、みたいなニュアンスの話だったので、そういう焦らしプレイ的な売り方をするわけね~大人って汚いわ(笑)と思ったけれど、年々しぼんでいくBLCD業界の現状を思えば、次が出る希望があるだけまだいい方だわね、と一応納得はしていた。それがっ!無事続編が出そうな雰囲気に(発売日はまだ未定だけど)なっているので、せっせと感想ハガキを出そうっと♪
[PR]

by lovelove-voice | 2013-04-06 14:00 | な行

500年の営み   

a0106747_22574859.jpgcv:小野友樹×鈴木達央

ある日耳にした朝のニュース、事故で大学生が亡くなったと報じられたそれは、恋人のヒカル@おのゆの事だった。亡くした恋人のあとを追って身を投げた寅雄@達、この世に別れをつげたはずの寅雄が目覚めると、そこは250年の時を経た未来。そして、傍らに寄り添っていたのは、ヒカルにそっくりな代用品だった・・・。

500年の時を超えた純愛ドラマ、人間とアンドロイドの恋模様と言う難しい役柄をおのゆと達が好演。若さ故の素直になれない青臭さ、ツンデレとはちょっと違う意地っ張りな寅雄を、真っ直ぐに好きでいてくれるアンドロイドのヒカル。最近、絶賛大好評のおのゆがこれまた良い役を貰いましたね♪とても素直に丁寧にアンドロイドのヒカルを演じてくれました。セリフの合間の「おぅ・・」とも「んぅ・・」ともつかない、戸惑いや愛しさが混じった声がとても魅力的。この爽やかで健康的な声色は、これからのBLCDを牽引する貴重な宝だと思います。相方の達は、もう鉄板と言ってもいいほど、こんな意地っ張りで脆い役はハマリですね。”ひみつのセフレちゃん”の時もそうだけど、ワーっと飛ばしていながらふっと抜いてくる、その力加減がものすごく上手いので「切手だろうが、金魚だろうが・・・」の件では、まんまと達マジックにハメられ目を潤ませてしまった。
脇にD4QP@菊池こころさんが配されていたのも嬉しかった。ロボットでありながら人間くさい、いやおませなロボットみたいな感じかな?そのニュアンスが小気味よく効いており、「わたしは”祈り”を学習しました」のセリフには思わずぐっと涙が込み上げてきてしまった。
原作未読者にとっては、時間軸が行ったり来たりする作りなので、やや解りづらい部分もあるけれど、何度も噛み締めながら聴くのも楽しみな作品なので、それもまた味わいのひとつだと思うことにする。だって、おのゆのなんとも愛しげに話しかける「おはよう、寅さん」、これだけでもリピートして幸せな気分になれるから。
[PR]

by lovelove-voice | 2013-04-02 00:26 | か行

ひみつのセフレちゃん   

a0106747_10323696.jpgCV:鈴木達央×遊佐浩二


長年務めた会社をリストラされた37歳独身の元サラリーマン:コースケ@ゆっちーは、ヤケ酒を喰らい呑んだくれて道に転がっていたところを、今をときめく超アイドル「REAL5」の上村智樹@達に拾われた(らしい)。気がつけば、アパートで散々喘がされ・懐かれ、やがて超アイドル君は足繁く通ってくるようになった・・・

題名がアレな感じがしたので、聴くのをちょっと躊躇してたんだけど・・私的には大HIT!クスッと笑えてジワーッと潤んで、演技巧者だと楽しいCDになるな~と実感。出だしのBGMが使いまわしだったもんで、一瞬羽多野クンの声が脳内を駆け巡りそうになったのをまずは押しとどめて。
何かが吹っ切れたような(プライベートでも<笑>)ゆっちーの爆裂喘ぎにド肝を抜かれ、達のアホ可愛さにニヤニヤ顔が綻ぶ。ありえね~な設定ながら、テンポの良さとキャストの良さでサクサク楽しく聴き進める。2人の気持ちが少しづつ寄り添って行くに従い、この先の不安や想いが強くなることへの懼れが強くなるあたりの心情の揺れが、達もゆっちーも聴かせる聴かせるー。お互いを想い合う気持ちを言葉にして畳みかけていくトコなんか、つい目がうるっとしてしまったじゃないか(通勤電車中)。
オマケのように話がくっついてた岡崎@日野ちゃま×杉田@慎之介クンは何なんですか?!たったこんだけの話でおしまいってことはないよね??これは次回作への布石ってことでOKなのかしらん・・・もったいないっつーか、ガッツリ聴きたいぞ、このCP!!
[PR]

by lovelove-voice | 2012-07-13 11:31 | は行

嘆きのヴァンパイア~愛しき夜の唇~   

a0106747_149286.jpg三木眞一郎×鈴木達央


身内の報復をした罪で、服役していたムショ帰りの水上亮治@たっつんは、出獄後に再会した元カレの翔@代永クンから、弟を殺したのは報復した相手じゃなく、意外な人物だと聞かされる。仇を打つべくターゲットを襲撃した亮治だが、逆に撃たれて瀕死の状態に。そんな亮治を救ったのは、リュシアン@ミキシンと名乗る謎めいた青年だった・・・。

うーん、うーん(悔泣)。攻め吸血鬼にミキシン・受けヤクザに達・付き人(?)にヘリちゃん、これだけワクワクするキャスティングなのに、うっかりと聴き流して終わった・・・。原作はどうなのか知らないが、ストーリーに一貫性がなく話があちこちに飛ぶ感じを受けたことと、それぞれのキャラの魅力が少しも伝わらず、萌えポイントがひとつも見つからなかったのが、このキャストなのに!阿部さんなのに!音楽は佐藤さんなのに!と悔しさを3倍増にしてしまった。(滝涙)
そんな悔し涙満載で、内容を殆ど語れないほど耳に残らなかった本編の中では、唯一ラスベガスのシーンでのBGMに吹き出した(あれ、半分ヤケになってませんでしたか?佐藤さん)のが、個人的にはツボ。オススメは特典フリトのみ(酷)。ヘリちゃんの発言にいちいち大ウケ爆笑する達、いびるミキシンにわかってて神経逆なでするヘリちゃん。「大都市」ってどこよ?(爆)
[PR]

by lovelove-voice | 2011-04-21 14:11 | な行

男の子だもの!   

a0106747_15424943.jpgcv: 前野智昭×下野 紘
cv: 佐藤拓也×下和田裕貴
cv: 吉野裕行×鈴木達央


元気っ子高校生のタカト@下野クンは、入学早々応援団長の柏木先輩@まえぬにフォーリン・ラブ☆好き好きオーラ全開で猛アタックの末、押しかけ女房よろしく応援団のマネージャーの座を確保。でも、真面目でどこか冷めた感じの柏木先輩は、タカトの気持ちに応じてくれない。柏木先輩の友人:了太郎@よっちんや団旗持ちのたっちゃん@佐藤拓也さんと恋人のユキ@下和田クン、養育係(?)のテオ@たっつんも巻き込んでの、ハチャメチャ学園ライフが始まる。

たとえストーリーがすっ飛んでいようとも、内容がありえねー展開であろうとも、いいんです面白かったから。男の子だもの!若気の至りっつーことで(なんか違う?)。3CPそれぞれにちゃんと展開もあるし、下野&下和田は共に絶叫しなかった時点で大いにマル。それよりなにより、なんと言っても私的ツボであり大ヒットだったのが、たっつんの過保護ママっぷり♪ハンカチ噛んで「きぃぃぃっーー」みたいな悔しがり方が、微笑ましいやら哀れやらで非常に嬉しい。しかも、最初は柏木ラブなのかと思わせておいて、相手はそっち?!みたいな驚きもあり楽しいったら☆意外に相性が良かったよっちん×達の組み合わせ(ちょっと大人の余裕受けってトコがまた^^)、このCPだけで1本聴いて見たいなぁ。
BLお初だったらしい佐藤拓也さん、優しげで爽やかでなかなかいい感じじゃないですか?この音色だったら攻めて良し・受けて良しのトーンなので、是非次作では抱かれてみてください(笑)。まえぬは幅広いキャラをこなしてきた成果か、実に安定感が増しましたね。個人的には“ずるくて危険なまえぬ”が好きなので(悪趣味)、このまま安全牌に育たないように祈ります(笑)。
[PR]

by lovelove-voice | 2011-01-11 16:03 | あ行

秘密のゴミ箱でキスをして   

a0106747_156865.jpgcv:成田 剣×鈴木達央


想いが通じてラブラブな甘い毎日を過ごしていた修一郎@ナリケンと悠人@たっつん。ある日マンションのゴミ捨て場で声をかけてきた広崎@川原クン、彼も片付け下手と聞いて自宅を見に行くと、そこはデジャヴのような汚部屋だった・・・。

相変わらず唐突な展開がやや気になるものの、私的に大HITだったあて馬キャラの川原クン!今まで聴いたCDでは結構かっこいい役が多かったせいか”陽気な変態”と言う新ジャンル(笑)にこうもハマる声だったかと嬉しくなった。芸風が高橋広樹氏と似たニオイがすると感じるのはあたしだけだろうか?きっと名曲「チチをもげ」を引き継ぐのは君に違いないと大いに期待してしまう。そんな川原クンなんだけど、たっつんを口説いてる時の「俺、上手いよ」の声が良すぎて良すぎて、是非あたしとお手合わせ願いt(強制終了)などと子宮を抑えて萌え転がりました。
このあて馬クンは、まさかのオチだったわけだけどスピンオフとか出ないかなぁ~?是非とも川原クンの突き抜けた”陽気な変態”を聴いてみたい気がする。

そして追記
[PR]

by lovelove-voice | 2010-07-10 15:08 | は行

秘密のゴミ箱で恋をして   

a0106747_14294738.jpgcv:成田 剣×鈴木達央


ハウスキーパーの悠人@たっつんは、極めて有能でありながら口の悪さが災いしてか契約を破棄され続けていた。次の契約が1ヶ月持たなかったらビル清掃に回されると通告され、必死の思いで向かった契約の依頼主・秋原修一郎@ナリケンはイケメンでちょっとときめいてしまう。しかし、その修一郎の自宅はとんでもない汚部屋だった・・・。

やや”ありえねー”的な設定ではあるけれど、ナチュラルで真面目に変態っぷりを発揮するナリケンさんが光り輝く作品(笑)。いや特にヤラしい声を出してるわけでもなく、どちらかと言うと男前な声なんだけど、それがますます変態を増長すると言うか・・・。見た目可愛らしく口が悪いオトメンな悠人をたっつんが好演。振り幅の大きい役のたっつんは、本当に楽しそうに演るよね~♪私的には、基本たっつんは攻め推奨なので受けの時はアレなんだけど、例のゲーム”幸運犬”(笑)のお陰かだいぶ耐性がついた模様。脇CPの田上@てらそまさん×誠@梶クン、てらそまさんの声が無駄にエロくてしかもおっさんくさく、妙にクネクネしてしまって困った。
展開が唐突な感じもあるけど、ラブラブだし悪者は居ないしで気楽に聴ける1枚。
[PR]

by lovelove-voice | 2010-07-10 14:32 | は行

妄想・カタログ   

a0106747_9492279.jpgcv:鈴木達央×阿部 敦


大好きな恋人の忍@たっつんとHしたい!頭の中では超エッチな妄想をしてしまう命@阿部クンだけど、いざとなるとなかなか行動に移せない。でも、頭の中ではあんなコトやこんなコトをいろいろ妄想しちゃって大変☆それは恋人の忍も同じで、好きすぎてなかなか手が出せずに、つい妄想の扉が開いてしまい・・・電車でチカン・アラブの主従・ケモ耳にゃんこ、さあ「妄想スウィッチON!」

あははは!エロに始まりエロに終わる。それしかない、の潔さにもはや笑うしかないストーリーでありながら、阿部クンの可愛い啼き声や即物的なセリフが意外にもすんなり聴けてしまう不思議。たっつんの「妄想スウィッチ、オーーン!」の声が、何の戦隊モノかモビルスーツかってなカッコ良さで、つい惚れ惚れしたり。脇CPの先輩カップル多田@羽多野クン×笹野@武内クンの色っぽさも申し分なく満足。それにしても、フリトで武内クンが「酷い」と思わず言ってしまうほどの、そのモノずばりのセリフの数々。しかも咥えながら言わされた阿部クンお疲れ!(笑/咥えてません)
中身が非常に薄いCDながら、声フェチ的にはピンポイント萌えが多いと言う、リピートしてしまうと何かに負けたような気がするジレンマな1枚。
[PR]

by lovelove-voice | 2010-07-10 09:54 | ま行

「是-ZE-」ディアプラス〜双子と台本読み♥篇〜   

a0106747_16292064.jpgcv:鈴木達央・中村悠一×梶 裕貴


い・・いやん・・・(動揺)。雑誌の付録CDだって言うのに、あたしのストライクど真ん中なキャスティングに聴く前から身悶えました。そして聴いた後には妊娠しました(ぇ。
それはさて置き、旬まっさかりの若手3人♪しかも(たっつん×梶)(ゆうきゃん×梶)の2話に咥えて、いや加えて(たつ&ゆう×梶)の3Pプレイと短いながらも3度美味しい組み合わせが嬉しすぎ☆最近めきめきと腕を上げているたっつんとゆうきゃんですが、どうやら2人とも自分の”瞬殺声”を手に入れつつあるようですね(嬉)。たっつんの「初陽のスケベぇ~」の語尾のエロ甘さ、ゆうきゃんの「脱ぎなさい」のS風味、付録にしておくにはもったいないほどのステキな台詞が満載☆ものすごくお得感を感じてしまいました。「是」本編では脇役だそうだけど、ここ3PもメインでCD化されませんかね?
[PR]

by lovelove-voice | 2009-08-19 16:31 | 是シリーズ

手を伸ばして目を閉じないで   

a0106747_11224867.jpgcv:前野智昭×鈴木達央


チームのエースピッチャーとして何の疑問もなく過ごしていた樋崎@たっつんは、不運な事故に遭い野球ができない身体になってしまう。将来に絶望し無気力な日々を過ごしていたある日、バイト先のコンビニに、樋崎に憧れていたという高校時代の後輩明石@前野クンが偶然訪れて・・・。

いいなぁ~こんな友情の延長上にある愛情ものは大好物。そして体育会系育ちとしては、こんな挫折感や喪失感を自分自身や周りでも、結構実体験として過ごした学生時代だったので、心からシンクロして聴けた。そしてここでも気になるたっつん(笑)。将来に絶望し投げやりな日々を送るときの無気力な声、年下の後輩に少しづつ惹かれ穏やかさを含ませる声、そして試合に負け落ち込んでいる後輩チームに飛ばす檄。どれもがグッと迫ってくるものがあり、特に泣きながら檄を飛ばす心の内が、青春の痛くも熱い青臭さを思い出させてくれて思わずもらい泣きしてしまった。
そんな先輩を一途に見守り立ち直らせていく真っ直ぐな後輩に前野クン。やっぱこんな素直で純な役柄に良く合う声だわ♪このまま大らかで毒がなく、石川氏や大典さんみたいなタイプに育ってくれると嬉しい。
ありきたりなストーリーながら、聴いた後が気持ち良く爽やかになるそんな1枚。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-08-04 11:24 | た行