タグ:野島裕史 ( 9 ) タグの人気記事   

ノットイコール   

a0106747_1712467.jpgcv:鈴木達央×野島裕史

両親の離婚で別れてしまった父@野島兄に会うため、九州の田舎まで来た凉@たっつん、十数年ぶりにあった父は、驚きとも戸惑いともつかない声で「涼・・・」とつぶやく。ぎこちない共同生活の中、突然涼はタイムスリップをしてしまう。バブル真っただ中の昭和、そこにいたのは、自分より三つ年下の父・果だった…。

面白い!ストーリーもしっかり作られているし、何よりBGMや効果音の音の当て方が好みですっごく嬉しい♪SFものスキーにとっては、タイムスリップをする時の音が良く表現されていてワクワクした。涼の達は等身大の素直な演技で好感が持てるし、なんといっても14歳の果@野島兄のかわいらしさといったら!なんなんですか(悦)未だかつて耳にした事がない高音域でのメインながら、等身大の少年らしくちっとも不自然さが感じられない。野島兄の声を”かわいい”と感じるのは年上受けの時だけかと思いきや、超かわいいぞ年下受けも☆
最初に聴いた時は「えっこれで終わり?続きは?」と思い、フリトでリクエストが多ければ次が出るかも・・・、みたいなニュアンスの話だったので、そういう焦らしプレイ的な売り方をするわけね~大人って汚いわ(笑)と思ったけれど、年々しぼんでいくBLCD業界の現状を思えば、次が出る希望があるだけまだいい方だわね、と一応納得はしていた。それがっ!無事続編が出そうな雰囲気に(発売日はまだ未定だけど)なっているので、せっせと感想ハガキを出そうっと♪
[PR]

by lovelove-voice | 2013-04-06 14:00 | な行

マッチ売り   

a0106747_1523889.jpgcv:小野友樹×野島裕史               安元洋貴×鈴木達央

友人に借りた本に挟まれていた恋文。それは渡せなかったものなのか、宛名不明の恋文の半分。本を返そうと友人を待っていた廣瀬@おのゆの前に、マッチ売りと言ういかがわしい花城@野島兄が現れて・・・

あぁーもったいないなぁ・・・。せっかく面白そうな話なのに昭和のかほりがしなかった、ってのが正直な感想。こう何て言ったらいいのかな?暴力の中の正義とか、うらぶれた底辺の世界にある誠とか、清濁併せ持った昭和の薄汚れた空気感・饐えたにおい・湿り気などがもっと色濃く出ると、マッチ売りと言う婀娜な花やロシア文学なんかのアイテムが生かされた気がするのだけど。キャストのみなさん芝居巧者なので、大きく外れたりはしてないあたりが、また残念なところであるわけで。場末の汚れた華と毒、そんな俗っぽさを醸し出すにはみんな身ぎれいな声でアクがなさすぎました。話的にも中途半端な感じがするので、続きが聴きたいし次作があるなら、もうちょっとウエット感があるCDにして欲しいと思う1枚。

でもって、ひとりごと
[PR]

by lovelove-voice | 2013-04-02 02:38 | ま行

グッドモーニング   

a0106747_1174646.jpg<グッドモーニング>羽多野渉×野島裕史
<メロンパン戦争>鈴木達央×間島淳司

<グッドモーニング>社会人5年生の林@羽多野クンは、ある朝目覚めると取引先の篠原@野島兄と裸で寝ていた。昨晩ただならぬ関係になったと篠原に言われるが、林には酔っ払ってまったく記憶がない。それは、林に気がある篠原のついたかわいい嘘だったが、それ以来どこか妖しい雰囲気を持つ篠原が妙に気になってきて・・・。
<メロンパン戦争>いつも社食でメロンパンを買っている藤野@マジ兄の事が、なぜか気になる同期の倉木@たっつん。「俺が買ってきたメロンパンを旨いと言ったらお前の負け」と、訳のわからない挑戦をされた藤野は、戸惑いながらも次第に倉木のパンを楽しみにするようになり・・・。

グッドモーニングチームは、ヘタすると無神経で嫌味なヤツとしか映らないであろう林のキャラが、ちょっとニブいくらいの感じに止まって、聴き終わった後にイヤな後味が残らなかったのは、ひとえに羽多野クン効果だなーとしみじみ思う。お相手は野島兄、この組み合わせでは「COLDシリーズ」でカップリングですが(未聴だけど)、”清廉潔白なホモ”と自称するだけあって、とても清楚で泣きも啼きのほうも品良くかわいいです。いやあ~ますます受けスキルが上がっている野島兄は、どこまで進化し続けるんだか楽しみで仕方ありません。メインのキャスティングしか確認せずに聴き始めたから、途中でおっきーの声がしたとたん喜びの舞!あぁ~コッチ方面ほんとにお久しぶり(嬉)。こうして時々でもいいから、お出ましくださいねーもちろんできればメイン(美人受け)で♪
メロンパンチームは、普段から気心が知れている感じで、とてもリラックスな達×マジ兄。気負わず気楽に聴けて、何気にリピ率が高い。会社の同期と言う設定も相まって、お互い力まずナチュラルな声のトーンのまま、普段着っぽい演技プランが好印象。ストーリー的には山もなく谷もなく(笑)ありふれた日常の風景感に気持ちが和みます。
[PR]

by lovelove-voice | 2012-02-19 11:14 | か行

3軒隣の遠い人   

a0106747_22564260.jpgcv: 日野 聡×野島裕史


兄の親友の昇@野島兄は、3軒隣に住んでいる幼馴染。そんな昇に自覚がないまま初恋をしていた光也@日野ちゃまは中学3年生の時に強引にキスをした。以来、昇に避けられた挙句引越しで逢えなくなってしまった。それから10年、サラリーマンになった光也は転勤になり、住んでいるアパートの3軒隣に引っ越してきた人は・・・。

あれれ・・・さぁ~これからもうひと盛り上がりか??と勝手にワクワクしたもんで、いきなり“To be continued.”の文字が脳内に浮かんで終わった感じ。面白く聴いてたのにぃ(悔)これで続きが出なかったら泣くよ!な、やや消化不良の終わり方になってしまって、肩透かし感が非常に残念。それでも年上誘い受けの野島兄は色っぽかったし、年下攻めの日野ちゃまも豪快なイキっぷりだし、ちょっと誘い受けに持ってくトコが強引だったけど概ね満足なCD(何様)。脇が平りん・達・羽多野クンと、絶対続きあるよね?出るよね?なキャスティングなので、期待しながら待ちたいと思います。
[PR]

by lovelove-voice | 2011-05-17 22:57 | さ行

ブーランジェの恋人   

a0106747_2051152.jpg高橋広樹×野島裕史


パティシエとして将来を嘱望されていたが、家の事情で実家のパン屋を継ぐことになった浅尾@ピロキ、志半ばで諦めたパティシエの道に未練を残しつつ日々を送っていた。そんなある日、店で”ショコラ・デニッシュの人”と呼んでいる年齢不詳の常連客:藤川@野島兄が、店の前で行き倒れてしまう。「いい匂い・・・」と言ってそのまま寝てしまった藤川を介抱した浅尾は・・・。

これキャスト勝ちだよね~と思わせた。ヘタすればただ甘々な恋物語になりそうなストーリーを、ピロキと野島兄の柔らかく落ち着いた音色で紡いだことで、とても大人っぽい洒落た仕上がりになっている。何気ない日常の出来事の中で、ぎこちなくも少しづつ甘やかな匂いを感じさせながら気持ちが繋がっていく、まさに焼きたてのショコラ・デニッシュのような軽やかさ。
普段攻めが受けを”かわいい”と表現するのは好きじゃないんだけど、年上の”可愛い人”と違和感なく感じさせる野島兄の「うん」がすっごく良くてマル☆ノジ(弟)の「うん」は年上に委ねるニュアンスなんだけど、野島兄の「うん」は年下に甘える感じの、かすかな照れとか躊躇いが感じられて可愛いんだよね。最近、おじさんなピロキを聴いていたせいか、聴き始めは青年役がちょっと耳にくすぐったい(笑)ピロキだったけど、さすがの安定感でうっとりと聴ける。ヘンタイでもヘタレでもない、こんな普通の役もいいもんだ...と思いつつも弾けたピロキも大好きです。編集担当の田辺に遠近さん、こちらの世界のメインがそろそろ恋しくないですか?(笑)また吐息たっぷりのを是非お願いします、強気美人受けで。
ところどころBGMが「?」と思わなくもないけど、全体的にほんわかと気負わず聴ける癒しのCD。
[PR]

by lovelove-voice | 2011-05-05 17:33 | は行

ウサギ狩り   

a0106747_1164176.jpgcv:安元洋貴×野島裕史


謎の伝染病が流行したため女性が死滅すると言う、異常事態に陥った世界で突然出現した「ミミつき」。それは、強烈なフェロモンを漂わせ同性を惹きつける、誰に現れるか予測不能な変異。そんな変異に見舞われた宇佐美@野島兄は、同性愛疑惑をもたれ実家を勘当されてしまった。失望し打ちひしがれた宇佐美に声をかけてきたのは、偶然伯母の法事で帰省していた高校時代の同級生:狩野@だった・・・。

安元×野島兄の初対決。久しぶりに聴いた野島兄受け作品だったんだけど、何か喘ぎ方が進化してるぞ!以前聴いた作品だと、もうちょっと引きつり系(笑)の呼吸苦しそうなイメージだったんだけど、しっとりと粘り気がありとても艶っぽい喘ぎになっていて、いやぁ~色っぽいこと可愛いこと(悦)。真面目でいじっぱりなくせに、人恋しさを感じさせる声質がとても心地良い。強面な音色ながら甘味がダダ漏れな安元氏との声のバランスもGOOD。この組み合わせ結構好きだわ♪
脇CPの遠山@大典さん×真代@立花クン、可愛い誘い受けの真代にたじたじとなる遠山。攻め始めるとガンガン行きそうな大典さんに、キレイな声で啼かされる立花クンなんて、想像しただけで美味しいわ☆原作があるなら是非この組み合わせもメインで聴きたいなー。
BGMは合ってんだか合ってないんだか微妙~な部分もありつつも、余り気にならない程度に抑えられていたので良しとしよう。(何様/笑)
[PR]

by lovelove-voice | 2011-01-11 11:09 | あ行

独裁者の恋   

a0106747_1881065.jpgcv:小西克幸×福山 潤


専門学校に通う水瀬祐@じゅんじゅんは、幼いころに観たモノクロームのショートフィルムが忘れられず、映画関係の仕事に就くことを夢見て、知り合いの編集プロダクションでアルバイトをしている。ある日、そのバイト先の紹介で、有名な映画監督の孫であるサイモン・ロイド@コニタンの通訳兼ガイドを引き受けることになった。サイモンは、初対面でいきなり服装にケチをつけ、傲慢な態度で偏屈な男だったが、実は・・・。

ロッセリーニシリーズのスピンオフ。「捕獲者」の時に、成宮@ノジが間違い電話をかけた相手だったサイモンの、あしながおじさん的恋のおはなし。まずキャストがコニタン×じゅんじゅんと言うことで、新鮮味はないものの、聴く前から安心してストーリーに入っていける幸せ☆目新しい組み合わせの作品も楽しみではあるけれど、過去のロッセリーニ3作品を既聴している身としては、あのうっとりとする世界観に即浸りたいわけなので、絶対間違わないカップリングと言うのはとても嬉しい。プライド高く傲慢で偏屈、第一印象がイヤンな感じのサイモンに想像したよりも低めのトーンで来たコニタンに、そうそうこれ!これ!!と大喜び。最初硬い声色が、徐々に甘く変化する時のコニタンは大好物です(笑)。惚れた弱みでだんだん糖度が増す感じがたまらなくイイのよね~。お相手の水瀬(みなせと読むのね)に一番大好きな青年トーンを当ててきたじゅんじゅんがこれまた耳のご馳走で♪これの本編「捕獲者」もそうだけど、結構シビアなビジネスの話がしっかり軸として据えられているので、そう言うところも年齢高めのリスナー(笑)としては聴き応えがあり、単なるBLCDとしてだけじゃなくドラマとしても充分に満足したし面白かった。個人的には、このロッセリーニシリーズ全作品を通じて、BGMがとても美しくロマンティックな点も気持ち良く聴ける大きなポイント。脇を固めるノジとサイモンの秘書:クリス@野島兄の兄弟共演も、声フェチにはとてもステキなお楽しみ。最後のくだりで、それまで本筋にちりばめられていた小さなエピソードがちゃんと拾われていたのも心憎い。
幼いころの出会いと再会、意地を張ったりすれ違ったり、恋愛模様の筋書きとしてはまさに王道。でも、王道を名乗るに相応しいキャストとロマンティックな音楽とともに、自分の中で朽ちかけた乙女のかけらを拾い集めて、心躍らせて聴いたそんな作品。

マニアックな萌えツボ♪
[PR]

by lovelove-voice | 2009-11-29 18:06 | ロッセリーニ家シリーズ

ドアをノックするのは誰?   

a0106747_1684112.jpgcv: 成田 剣×平川大輔


派手さはないけれど、しっとりとした大人の物語。兄弟愛も絡めながらどんどん引き込まれて楽しく聴ける1枚。笑いもアリ、切なさもアリで胸がキュンとなったりじーんと来る良作だと思います。一途な中年男の甲田尚臣@ナリケンさんの純情一直線ぶりが愛しくて。アルベルトや久家@エビリティもそうだけど、本来遊び人のはずだった攻めが、もう受けにメロメロになってしまい、青臭いと思えるほどの純情を見せつけてくれると、なーんか嬉しくなってしまう。最首頼久@平りんが一見淑やかそうでいて、しっかりカカア天下なところがGOODです。

More
[PR]

by lovelove-voice | 2007-10-31 21:40 | た行

艶悪~ひそやかな情熱<番外編>~   

a0106747_1821465.jpgcv:小杉十郎太×野島裕史


情熱シリーズのスピンオフ。本編の遥@コニタンと佳人@おっきーが出会う前の、東原@小杉さんと執行@野島兄の物語。本編はおっきーが受けなので嫌いじゃないんだけど、どうもお互いのニブチン具合が”ひそやか”と言うより、だんだんイラッとしてしまった本編シリーズ、でもこのスピンオフは面白かった!こっちのほうがよっぽど大人のひそやか感があって私的には大いに満足の1枚。識@ヘリちゃんの大人声も、浮世離れした茶人の感じが良く出ていてGOOD。それと宗親@ミキシンが、また食えないキャラなんだなー。その食えなさ加減がいつもながらすばらしい!東原との駆け引きのシーンなどゾクゾクするほどの変人ぶり。そしてラストの屋形船での「今度は何をして遊ぼうか?」とイヤミったらしく囁く声がとても艶っぽくて。ミキシンは喘いでる時より、普通に会話している時の方が、ゾクリとくる色気があるように聴こえるのは、私だけだろうか?
それにしても香西のオヤジさんって案外いい人だったのねぇ~。コニタンの二役は、あんなところであんな役で出ちゃいけません。思わず執行の身を案じた遥さんが、こっそりと迎えに来たのかと思ったじゃないですか。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-10-16 11:49 | 情熱シリーズ