タグ:水島大宙 ( 3 ) タグの人気記事   

2乗な恋の駆け引き   

a0106747_16243332.jpgcv:平川大輔×水島大宙


フードコーディネーターの一乃瀬瑞紀@水島クンは、斉園寺グループの御曹司:優人@平りんと恋に堕ち、ラブラブな同棲生活を始める。しかしある夜、街中で見かけた優人は冷たい眼をしたまるで別人みたいで・・・。

はいっ、と言う事でいつものように、ためらいもなくホモ・出オチならぬ出エロ上等・・・と思いきや、意外にもこれがシリアス路線。いや、普通にホモだしトラック1からお約束のHではあるんだけどね。幼い頃のトラウマで二重人格になってしまった優人(裏の顔は壊人)の、殆どトーンを変えずに口調と響きで演じ分けてしまう平りんがとても上手い。某ゲーム派生の眼鏡キャラみたいに別人仕様じゃないので、本人もフリトでむずかしかったと言っていたけど、いやぁ~お見事な二面性でした。特に、裏の壊人が最初のクールな感じから、徐々に瑞紀に惹かれて柔らかい声色になって行く所が、なんともステキ。お相手の水島クンが、最初可愛いアホっ子受けちゃんか?と思わせる始まりで萎えかけたけど、これが母性っぽい包容力を持っていて、なかなかにしっかりした魅力的な仕上がりになっていてGOOD。壊人とのお家デートのシーンでは、切な甘くてちょっと胸がきゅんとしたぞ!表の優人との絡みよりこっちの壊人との絡みの方が、気持ちがこもってて萌えたな~。エンディングのエピソードもちょっと泣かせるいい話になっていて、さりげないBGMとともに聴き終わりがとても気持ち良い、サクッと聴き易い作品です。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-11-16 16:29 | な行

17歳の密やかな欲情   

a0106747_10455286.jpgcv:子安武人×水島大宙


2008年の聴き納めはやっぱりコヤPじゃなくちゃね♪と選んだ1枚。幼い頃通っていたピアノ教室で、優しく教えてくれていた先生は実は・・・

高校生の凛@水島クンと担任教師の高村@コヤPのCP、ストーリー展開が唐突過ぎて、生徒と教師の禁断の匂いもなく切なさもなかったけど、コヤPの声にだけは満足したかな?でありました。特に同僚の正岡@ゆっちーに迫られて素でいやがってる風にしか聴こえなかったコヤPに大受けし、私的には大いに満足した(笑)。凛のクラスメイトしの@成瀬クンの声が結構好きらしい自分に気が付いて、そう言えばこの人のメインって聴いた事ない気がするなぁ~と。うむ、気になるので探してみよう。2008年に聴いたコヤP的には、「是3」も「Punch↑」も「交渉人は黙らない」も「眼鏡cafe GLASS」も、とっても良かったので、最後がこれになってしまったのはちと残念だったかな?2009年は「交渉人~」の続編リリースが既に決定しているので、それを期に良作に恵まれることを願います。

それにしても、メインでも脇でも相当数こなしてるな、ゆっちーって。聴くCD必ずどっかにいる気がする今日この頃・・・。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-01-22 10:47 | さ行

院内感染   

a0106747_10324066.jpgcv:遊佐浩二×千葉進歩
  水島大宙×遊佐浩二 (リバ)


千葉ちゃん得意(?)のお医者さん系。植物状態で眠り続ける患者の病室で、術後の密会に耽る若き天才外科医伊織@ゆっちーと、妻子がありながら伊織に激しく惹かれて行く、年上の内科医朋也@千葉ちゃん。のっけから絡みは激しいし、声を殺してKISSしながら高ぶっていく千葉ちゃんがエロいと言うか生々しいと言うか、本当にうますぎて嬉しい(笑)。その他朋也の一人上手あり、植物状態から覚醒した少年想@水島クン×伊織のリバあり、想の新しい彼氏とのH(更に想のリバだった?)あり、で盛りだくさんのHシーンがあったにもかかわらず、やや不完全燃焼・・・。何故?
たぶん、エピソードの盛り込みすぎで全体が駆け足になってしまったのか、CD化の時点でバッサリと内容がカットされてしまったのか、伊織が自分の気持ちに気付くあたりも唐突な印象だったし、渡米後の展開も急すぎて、なんだか追いつけないまま終わった感じがしてならない。最後のシーンなんか、折角白衣を手に「欲情した?」なんてとびっきりのトーンで誘ってる千葉ちゃんに、がっつかずに終わってしまうなんてもったいない展開になってるし(すごく悔しかったらしい)。
元々声フェチだけど、女性声優のアニメ声が苦手だからと言う、単純な理由でBLCD率が高くなってるわけなので、ストーリーが面白ければ絡みが皆無であっても全然OKではあるんだけど、やっぱりラストに愛ある絡みが(と言うか病院内H上手な千葉ちゃんが)聴きたかったかな?
[PR]

by lovelove-voice | 2008-10-10 10:36 | あ行