タグ:杉山紀彰 ( 3 ) タグの人気記事   

恋の心に黒い羽   

a0106747_12223076.jpgcv:水島大宙×杉山紀彰
cv:谷山紀章×平川大輔
cv:鈴木達央×柿原徹也
cv:杉田智和×遊佐浩二

4話オムニバス


【イッツマイチョコレート】実@杉山クンは6人兄弟の長男。普段あまり感情を顕にせず、わがままな兄弟達の面倒を見る”いいお兄ちゃん”。それが、恋人坂下@水島クンとのちょっとしたケンカが引き金になり、帰宅後の兄弟ゲンカにキレて”お兄ちゃん”の仮面が剥がれ、思わず口をついて出た「オレだってケーキもチョコも6分の1食べたかったよ!」。今までの我慢や辛抱が、余りにも子供じみたそのセリフの中に滲み出ていてとても切ない。そしてそのまま、勢いでカミングアウトした性癖に戸惑う兄弟達に反して、動じずにいる母にニヤリと笑う。そうそう、6人も生んで育てりゃ母は強いモンです。

【恋の心に黒い羽】菓子店に勤務する二神@平りんは、同じ職場の中頭@きーやんに片思い中。ちょっと変体系ドMな二神は中頭に罵倒される快感に悶える日々を送っていて・・・。
という事で、イチオシの聴き所はすばらしい平りんのドMっぷり!(笑)罵られてクネクネ身を捩って、喜んでいる様が目に浮かぶような声色が秀逸でたまりません。そこの部分が上手いからこそ「キミに家畜のように罵られたい」「キミに冷たい目で見られたい」「キミに・・・好かれたい」と、鎧ってる殻が少しづつ解けて本音が溢れ出すシーンがことのほか胸を打つ。罵倒するきーやんのSっぷりも抜群だし、脇役のブロッコリー@高木さんが、またイイ味出していてブラボー♪お仕事ください!といい、このブロッコリー役(いや瓜谷って一応名はあるが)といい、おちゃらけて人情味ある役させると光り輝く高木さん、ほんとうに上手い役者さんだなぁ~。

【その火をこえてこい】「本を読め、ゲイ」(爆)真面目そうな文学少年の六条@かっきーに、ヤリたがりのチャラ男:鹿目@たっつん。若手2人のフレッシュさが売りの3話目。ストーリー自体はたわいもないものながら、ツンと言うより晩生な少年と、チャラっとしてるくせに案外純情な少年のやりとりに、初々しい感じを出しながらかっきーとたっつんが好演。ぎこちない触りっこの中にも、ふと漏れる吐息に色っぽさが混じるあたり、確実に絡みのスキルは上がってますね~、この2人。

【FOOL 4 U】4話中で唯一アダルトな雰囲気漂うCP。ゲイの結@ゆっちーに何かと懐いている充夫@杉田クンの、純粋で天然おバカっぷりが妙に可愛いと思えてしまう不思議な魅力。これは元々のキャラの設定なのか、杉田クンの仕業なのか?それとも相乗効果によるものだろうか・・・。結のキレた告白に動揺するオロオロ加減が、たまらなくおバカで愛しいし、良くわかんないうちに結にいただかれた感じになって(攻めだけど)それでもどことなくヌボーっとした印象があった充夫。取りあえず結に留年しときなさいな(笑)。

小品4作のオムニバス形式なため、一つひとつが20分足らずと言うストーリーにもかかわらず、結構聴いた後印象に残るシーンが多い不思議な1枚。
[PR]

by lovelove-voice | 2010-03-30 12:37 | か行

ミスター・ロマンチストの恋   

a0106747_1333693.jpgcv:羽多野渉×杉山紀彰


千野純直@杉山クンは、内気で乙女な性格の高校三年生。見た目は男らしく生徒会長も務める千野は、密かに1つ下の有坂和志@羽多野クンに恋をしている。ある雨の日、友人の藤木朋巳@寺島クンのそそのかされて相合傘を持ちかけた千野だが、その日に限って傘はなく・・・

元々”男前受け”好きを公言している自分にとっては、乙女な男子と言う設定からしてすでに、全然萌えツボから外れているはずの千野なんだけど、これがねぇ~意外にもナチュラルにすっと心に入って来たのがすごくイイ感じ。低めのトーンで女々しくなく作り込み過ぎず、自然に気の優しい乙女男子の声色だった杉山クンGJ。1つ年下の有坂に羽多野クン、これまた程よくぶっきらぼうでありながら心暖かく、何かと良く気のつく男の子で高感度UP。
ミスターロマンチストと言う題材で、ベタな甘いだけになりがちなところを、ほんわかと嫌味なく聴き易く仕上がっていたのは、何と言ってもBGMの良さが大きいところ。日参レビュアのあぱっしゅさんも書いてたけど、古きよき昭和のホームドラマのような(向田邦子スペシャルか、みたいな)ちょっとポワンと抜けたメロディで好み。あれで同じメロディでも、楽器がピアノやバイオリンだったら、また甘みが増したんだろうけど、そこに敢えてレトロチックなアコーディオン(楽器が違ってたらごめんなさい)を持ってきたところがとても良かった。見た目可愛らしい設定の幼馴染の朋巳@寺島クンがまたいいヤツでね。ブリ受けしか聴いた事なかった寺島クンだけど、いいじゃない~こんな役も♪
全体的にほんわかと穏やかに聴けちゃうヒーリング系BLと言ったところか。それでも絡みのがっつき振りは相変わらず生々しく、吐息が必要以上に(悦)エロかった羽多野クンはヤバいし(特に舐め技の湿り具合は、いったいどうやって音を出しているのかと実況検分したい)、フルフルと声が揺らいでいた杉山クンも気持ち良さそうで、爽やかな学園モノなのに、そこだけは聴いてるこっちもグッと締まる感じがしました(どこがだよ?)。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-09-17 13:36 | ま行

ショコラティエの恋愛条件   

a0106747_21581918.jpgcv:森川智之×杉山紀彰


く・・悔しい、物凄く悔しい。途中で幾度となくCDを踏みつけてやろうかと思うくらいに内容がアレなのに、モリモリがこの上なく甘い美声でセリフを言うもんだから、結局最後まで聴いてしまったじゃないか(滅)。超絶美形で天才ショコラティエと元気な可愛い大学生のCP、「豪華客船~」と同じ作者の作品とすぐわかるストーリー&設定。二人のやりとりなんか、まんまエンツォと湊にすり替わっても何の違和感もない。あぁそれなのに、モリモリの美声にまんまと引き摺られた敗北感に打ちひしがれる。たとえストーリーがアレであっても、声優の力量でここまで作品が引き上げられるかと言う見本のようなCD(言い過ぎです)。改めて敬意を表しますよ、ほんとにもう。
最近、旬な羽多野クンが脇役ながらイイ感じの声を出していて、モリモリの二役とCPなわけだけど、この組み合わせでアダルトなストーリーに出てくれないかしら?(出来れば違う作者のもので)
[PR]

by lovelove-voice | 2007-12-14 10:01 | さ行