タグ:日野 聡 ( 4 ) タグの人気記事   

3軒隣の遠い人   

a0106747_22564260.jpgcv: 日野 聡×野島裕史


兄の親友の昇@野島兄は、3軒隣に住んでいる幼馴染。そんな昇に自覚がないまま初恋をしていた光也@日野ちゃまは中学3年生の時に強引にキスをした。以来、昇に避けられた挙句引越しで逢えなくなってしまった。それから10年、サラリーマンになった光也は転勤になり、住んでいるアパートの3軒隣に引っ越してきた人は・・・。

あれれ・・・さぁ~これからもうひと盛り上がりか??と勝手にワクワクしたもんで、いきなり“To be continued.”の文字が脳内に浮かんで終わった感じ。面白く聴いてたのにぃ(悔)これで続きが出なかったら泣くよ!な、やや消化不良の終わり方になってしまって、肩透かし感が非常に残念。それでも年上誘い受けの野島兄は色っぽかったし、年下攻めの日野ちゃまも豪快なイキっぷりだし、ちょっと誘い受けに持ってくトコが強引だったけど概ね満足なCD(何様)。脇が平りん・達・羽多野クンと、絶対続きあるよね?出るよね?なキャスティングなので、期待しながら待ちたいと思います。
[PR]

by lovelove-voice | 2011-05-17 22:57 | さ行

闇に契りし者、汝の血を   

a0106747_11562577.jpgcv:三宅健太×日野 聡


人に言えない出生の秘密を抱え、ロンドンの下町で身を隠すように薬局を営む月笙@日野ちゃま。そんな月笙のところへある夜、司祭アレクシス・ダウディング@健太が現れる。彼の正体がわからないままアレクシスの匂いに酔い、躯の疼きと痺れが襲ってくる・・・。

3枚組・・・長かったなぁ~と言うのが正直な感想。もうちょっとうまくまとめたら、2枚組くらいで聴き易くなったかな?それでも健太×日野ちゃまは、確かお初の組み合わせのはずなので、そこはとっても期待して聴いた。ちょっと心に闇と謎を忍ばせて月笙に近づいていくアレクシスに、健太の低め&やや甘味の声が耳に心地いい♪そして、身を隠すために薬局の老人になってる日野ちゃまのおじいちゃん声が凄い!本当に老人みたいな声が出てます。「交渉人~」のキヨ、「コルセーア」のオルセン大公、「SASRA」の一と、出演作ごとに新しい声を聴かせてくれる楽しみな声優さんなんだけど、今回はこの老人声もさることながら、喘ぎ声のスキルが物凄く好みに仕上がっていて非常にシアワセ☆なんだかとっても気持ち良さ気です(笑)。
ストーリー的には、なんとなく先が読めちゃう感じだし、もっとおどろおどろしい役なのかなぁ~と期待したユベール@ミキシンもそれほどでもなく残念。(だってやっぱ期待するでしょ?ミキシンだから)声を楽しむならスポット聴きで萌えは充分あります。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-10-20 11:58 | や行

交渉人は疑わない(2枚組)   

a0106747_125431.jpgcv:子安武人×平川大輔


国際紛争と嫁姑問題以外はよろず揉め事引き受けます、と東京両国に『芽吹ネゴオフィス』を構えた芽吹章@平りん。しかしそこは周防組のシマで、仕切っていたのは高校時代の後輩で若頭の兵頭寿悦@コヤP。学生時代から芽吹が好きだった兵頭とは、ちょっとイイ関係になっている。ある日依頼人として現れた男は、兵頭の過去を知る溝呂木@石井真だった・・・。

前作があまりにも好きで好きで、メーカーに続編希望のメールを連打しそうになる自分の欲望を抑えつつ、指折り数えて待つこと2年。良い子にして待っていた甲斐がありました、神様ありがとう!また兵頭と芽吹に再会できた喜びをかみ締め、あっという間に一気聴きした2枚組。期待が高ければ高いほど、コケた時のショックは立ち上がれないほどなので、実は好きな作品ほど続編は気持ちを抑えて聴こうとするわけですが、まったく持って杞憂も杞憂!一瞬でも弱気になった自分を叱りたいほどの秀作に、CDが届いてから3日間と言うもの、喜びの舞が止みません。
まず、出だしのホストクラブのシーンから意表をつく展開に、つかみはOKどころか即ストーリーに惹きこまれ、潜入捜査(?)でホストになったアッキー(芽吹)を口説くコヤPの「アッキー、ほらもっとこっちに来いって」の気だるい一言で早くも昇天しました。この作家さんお得意の、会話のテンポとセンスの良さが随所にちりばめられて、笑えるわハラハラするわ泣けるわで、最後のエピソードまで本当に楽しく聴けた。前回未挿入だったこのCPも、今回はめでたく合体したわけだけど、そのシーンが若いCPなら流れでイッちまえ的な展開になりがちなところを、大人であるが故のためらいや思いやりや、過去へのこだわりが邪魔をして、なかなか一歩が踏み出せない。そんな中で見せた芽吹の超男前な潔さ良さと、照れ隠しの情緒のなさに焦れ、堪えきれずに“うっちゃり”をかます兵頭の力技に、大人の純真と本気を感じ、がっつき且つ物凄く本気で気持ち良さそうな2人に“良かったね~”と目が潤んだあたしは、すでにさゆりさんの域か?(笑)
美貌のアシスタントのキヨ@日野ちゃまも、どうやら生意気なガキ智紀@梶クンがお気に入りらしく、特典のブックレットによればこちらの展開もありらしい。本編も更に続きがあるらしいので、次回は2年越しの焦らしプレイなどせずに、スピンオフ共々さくさくと音源化されることを切に望みます。

余談ですが
[PR]

by lovelove-voice | 2009-08-29 12:12 | か行

交渉人は黙らない   

a0106747_11222723.jpgcv:子安武人×平川大輔


美貌のネゴシエーター芽吹@平りんとインテリで美形ヤクザの兵頭@コヤP、キャスティングだけでもすでに倒れそうなほど嬉しいカップリング(「セクピス2」のゴールデンコンビ(死語)です)な上に、過去に聴いたこの作家さんのCD「Love&Trust」「SOLID LOVE」「執事の特権」のどれもが好みだったとくれば、聴く前から否応ナシに高まる期待。それを裏切らないどころか、これ以上ない!と思える聴き応えたっぷりの2枚組。もうどこから感想を書いていいもんやら悩みます、マジで(嬉泣)。
冒頭の交渉シーンからラストに至るまで、喋りに喋った平りんのバイタリティーにまず敬意を表し、尚且つ普段はクールでタフ、なのに兵頭がらみの時にだけ見せる妙に子供っぽい部分や、キャバ嬢(?)に対するやけに嬉しそうな男の部分を、巧みに演じ分けた力量には本当に脱帽しました。対する高校の後輩で年下、終始敬語で「せんぱい」と言う呼び名を変えないコヤPに、心拍数が尋常ではありません。良く倒れずに最後まで聴けたもんだと自分を褒めたい気分です(笑)。超俺様のガチホモでカムアウト済み、問答無用のヤクザオーラを背負い、上等なスーツを身に纏いつつ微妙に天然であり、そして受けにベタ惚れな余りのヘタレ風味(さらにメガネキャラ♪)。フーゾクのお嬢さんがたにも慕われ、「いっそ清々しいほどにホモ」と言い切りながら心底傾倒して止まない手下どもに愛される兵頭。あぁこんなにもコヤPの魅力を余すところなく発揮できるキャラにキャステイングして下さった方に心からの感謝を捧げたい。
がっつり甘くない大人の不器用なラブストーリーで、しかもどの絡みも未遂であるもどかしさ、これで続編のCD化を望むなと言うほうが無理!絶対に無理!!とにかく平りんファン・コヤPファンはもちろんのこと、ドラマCDファン(BL好きじゃなくても)なら、漏れなく満足できると思う、超オススメのCDです。

<私的に気になるポイント>
芽吹ネゴオフィスのアルバイトで、本職は掃除屋のキヨ@日野クン。このお初にお耳にかかった声ですが、なんとも魅力的☆アクが抜けた杉田智和クン(笑)みたい。現時点では謎多き登場人物で、この人のエピソードもとても気になります。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-03-24 12:21 | か行