タグ:川原慶久 ( 6 ) タグの人気記事   

イエスかノーか半分か   

a0106747_11215432.jpg
cv:川原慶久×阿部 敦
アナウンサーの国江田計@阿部クンは、爽やかなルックスで夕方ニュースの花形キャスター。だが、”王子”と言われる外面とはうらはらに、「愚民」「死ね」と常に心の中では悪態をつくブラックな一面も持っている。そんなある日、アニメーション作家の都築潮@川原さんを取材したその夜、帰宅しoffでブラックな状態の時、買い物に出かけた帰り道に、偶然にも都築と出会い頭に接触事故を起こしてしまう。はずみで左腕に怪我をした都築に責任を取って仕事を手伝え、と迫られて...。

二重人格、と言うよりは普通よりちょっと二面性が強い国江田クン。これくらいの二面性は誰にだってあるよね?職場で「死ね」と思う事くらいは勤め人なら多々あるわけで(笑)。この国江田クンはものすごく努力の人で、ちょっと小心者なだけで非常に魅力的♪そんなキャラを良く掴んでるな~と愛しく思わせてくれる阿部クンの声がまたいいんだな^^。キャスターとしての場面が少なかったのは、むしろプラスの効果があったかも。同じ声の仕事でも、プロのキャスターとは口調も間も違うと思うので、妙なマイナスになるより正解だったと思う。
さて、川原さんについてはもう・・・(照)。昨年から今年にかけて、ちょいちょいメインの攻め作品が出てきてて、そのどれもが好みではあるんだけど。この都築は特にハマリ役じゃないかな?包容力・優しさは言うまでもなく、時に若者らしい強引さもわがままも醸し出しつつ、エロはたっぷりと艶めいた声色で☆お電話Hの切羽詰まった感じには思わず萌え!ました。当て馬ポジの皆川@木村良平さんが、いい味出してるしちょっと切ないしで大いにマル。「恋愛前夜」の時も思ったけど、この妙な分別と言うか、潔さともちょっと違う諦めのような、独特のニュアンスを表現するのが非常に巧い。聴き終わった後、皆川くんも幸せになるといいなぁと思ってしまった。
楽しく聴けてちょっとほろっとしたり、気軽に聴けるステキな1枚。(ところで、居残りまでして勉強した木村さんの成果が発揮されるのはいつ?待ち遠しいんですけど!)

[PR]

by lovelove-voice | 2015-04-21 11:52 | あ行

支配者の恋   

a0106747_23440105.jpg
cv:立花慎之介×平川大輔
警視庁警護課に勤務する東堂桂一@平りんは、極秘来日し入院加療中のマラーク王国の国王を見舞うため、留学先から急遽来日した第二王子・ラシード@立花クンの護衛を命じられた。だが、見舞いのために来日したはずのラシードは、観光気分で遊び回り、一向に見舞いに行こうとしないばかりか、滞在先に女をお持ち帰りして・・・。

傲慢でワガママな王子と言うよりは、終始何かに苛立ち、かんしゃくを起こしている子供のようなラシードに、少々イラッとしながら聴き進む。こう言う表現が巧い立花クンに引っ張られ、この子のイライラの原因は何だろう?と思い始めたあたりから、すでに気分は桂一にリンク。互いの生い立ちが徐々にわかり始め、ラシードの苛立ちを受け止めつつ、諫め諭しながらも、実は内包する満たされない願いを共感させていく桂一。あぁママン♪な平りんの真骨頂発動!もうホントに上手いよね~~こんな包み込むような優しく強くたおやかな役(らぶ)ラシードに寄り添いながらもしっかりと支えている、そんな桂一に安心して身を委ねて本当の幸せを見つけたラシード。この「支配者の恋」のCPは「誘惑者の恋」で真の恋人になったことを見届けられる。そんな意味でもこの作品は4枚組だと思って続けて聴くことをオススメします♪

余談ですが・・・
[PR]

by lovelove-voice | 2015-02-10 00:24 | ロッセリーニ家シリーズ

誘惑者の恋   

a0106747_15412097.jpg
cv:川原慶久×鳥海浩輔
「ラシードを愛している」と思いもかけない告白をした上、愛しい人と共に旅立ってしまった兄・桂一@平りん。一時の気の迷いにとらわれているそんな兄を連れ戻すため東堂和輝@鳥さんは、一人マラークへと向かう。機内のファーストクラスで気になるアラブ系の男に目を奪われるが、その男と意外な場所で再会することに・・・。

川原さーん(はふぅ)...思えば「愛と仁義に生きるのさ」以来、メインらしいメインがあまりなく、昨年「明け方に止む雨」で久しぶりにメイン攻めを聴いた気がするんだけど。いやあ~アラブのセレブいいじゃないのぉ♪ほらアラブものっていろいろとアレな話が多いので(笑)正直ちょこっと心配ではあったわけね。んで、やっぱりさー誘拐されて奴隷に売られたり媚薬が出たりと、アラブのテンプレ的な部分がごにょごにょ・・・しかし!年上男前な褐色攻め×元気っ子大学生受けに、川原さんと鳥さんの声質のバランスが良く合ってて、気持ち良く聴けてしまう喜び。むしろ、ここまでお約束なネタが出たからには、いっそ想いが通じた後の絡みで”代々王家に伝わる秘密のオイル”なんかも出しちゃって、もっとじっくりねっくりと前戯をしてくれても良かったのに(笑)と思う程の堂々たる攻めっぷりが涎もの。
かたやあちらこちらで、やたらと年の事を気にする鳥さんですが、いやいや元気な大学生GOODでしたよん♪特に前作の「守護者」からのスピンオフと言うのに、前作に出てたのは鳥さんだけだし、他のキャストは今作に出てないしってことで、とにかくセリフもモノローグも満載でお疲れ様でした。
前CPのラシード×桂一も思った以上に登場していて嬉しい限り。このロッセリーニ家シリーズは、通して使われるBGMも好みだし、乙女気分に浸りたい時にはうってつけ☆2枚組ながらあっと言う間に聴けます。

[PR]

by lovelove-voice | 2015-01-30 15:48 | ロッセリーニ家シリーズ

秘密のゴミ箱でキスをして   

a0106747_156865.jpgcv:成田 剣×鈴木達央


想いが通じてラブラブな甘い毎日を過ごしていた修一郎@ナリケンと悠人@たっつん。ある日マンションのゴミ捨て場で声をかけてきた広崎@川原クン、彼も片付け下手と聞いて自宅を見に行くと、そこはデジャヴのような汚部屋だった・・・。

相変わらず唐突な展開がやや気になるものの、私的に大HITだったあて馬キャラの川原クン!今まで聴いたCDでは結構かっこいい役が多かったせいか”陽気な変態”と言う新ジャンル(笑)にこうもハマる声だったかと嬉しくなった。芸風が高橋広樹氏と似たニオイがすると感じるのはあたしだけだろうか?きっと名曲「チチをもげ」を引き継ぐのは君に違いないと大いに期待してしまう。そんな川原クンなんだけど、たっつんを口説いてる時の「俺、上手いよ」の声が良すぎて良すぎて、是非あたしとお手合わせ願いt(強制終了)などと子宮を抑えて萌え転がりました。
このあて馬クンは、まさかのオチだったわけだけどスピンオフとか出ないかなぁ~?是非とも川原クンの突き抜けた”陽気な変態”を聴いてみたい気がする。

そして追記
[PR]

by lovelove-voice | 2010-07-10 15:08 | は行

愛と仁義に生きるのさ   

a0106747_1761011.jpgcv:川原慶久×谷山紀章


両親が残したクリーニング屋の店主:三佐和悠@紀章さんは大の任侠映画ファン。ある日、客として訪れた長嶺治彦@川原氏は憧れのヤクザに似て男前、目元に疵まであってまさに筋モンの人。そんな長嶺だったが、話をするうちに、その一本気と情の厚さに少しづつ悠は惹かれていく・・・。

前UPの「犬とおまわりさん。」で激しくツボった川原慶久さんなんですが、これがもう本当にイイ声で(しかも今回は低音攻め!)しっかりと腰は砕け、脳が蕩けました。何て言うのかなぁ~甘みの中にほんのちょっと毒があって、土田氏と安元氏を混ぜてクセとワイルドさを程よく抜いてみました、みたいな(笑)。お相手の紀章さんは元気いっぱい喘いでくださって、大変美味しくいただきました。特に事後の短い吐息が”そんなに気持ち良かったんか・・”と思うほどの満足感と疾走感に溢れていて、他人事ながらなんだか嬉しい。ストーリーは互いに一目惚れっぽいので、まぁ~筋モンと勘違いしていたことによるドタバタやトラブルも、さほど問題にならずに解決するので、声にどっぷりと浸りたかった今のあたしには、むしろストーリーに気を取られることなく(何気に失礼だが)とっても満足度高く聴けた。悠の弟:透@ゆうきゃんもラストのほうでどうやら一目惚れしたみたいなので、次はこのCPがメインかな?美人でドSな長嶺の秘書:新海@神谷選手と、どんな展開があるのか非常に楽しみです。
一部BGMがまたもアレだったので、一瞬ミドリンの「肉汁たっぷりなくせに」が鳴り響いたのがちょっと残念。あの曲ってフリーなのかなぁ~?このCDで多分4枚目ですよーお耳にかかるのは。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-10-16 17:12 | あ行

犬とおまわりさん。   

a0106747_10554153.jpgcv:平川大輔×鳥海浩輔


小さい頃、迷った飼い犬を親身に探してくれたおまわりさんに憧れていた柳田深美@平りんは、大人になり念願の駐在所勤務をしている。人を犬種に例えて記憶するほどの犬フェチの深美が、ある日巡回中に見かけた人気モデルの叶@鳥海クン。何故だかいつものように犬種に当てはめることができない、仲良くなりたいのに懐かないノラ犬のような叶に、いつも無視されてしょげてた深美だったが、モデル仲間に絡まれているところを助けてやってから・・・。

ほのぼのとしたストーリーで、耳に優しいおはなし。平りんは”王子様”と劇中でも呼ばれていたけど、本当に穏やかで品のある爽やか系のお声です。10代のモデル設定の鳥さん、なかなか10代には厳しいお年頃(笑)になりつつあるものの、ちょっと晩生な感じの青年を好演。深美(これで”みよし”と呼ぶのだそうな)の後輩警官の広大@川原慶久さんが好みの声でツボ♪お名前はいくつかのCDで目にしたことはあった記憶があるけど、今回しっかりと記憶に残りましたよ~^^特にちょっとチャラ男風に喋る時の色っぽいこと!次回作があるなら、深美のブラコン弟@たっつんとCPってことだよね??原作があるなら是非このCPでもCD化希望します。
深美の飼い犬えい吉ちゃんに、なんとびっくりな若本御大がキャスティング。BL作品に登場する犬としては、DOCTER&BOXERシリーズのカインとアペル(塩沢・石川)以来の衝撃、いや笑撃か?湯上りの「拭くが良い」とか、ご主人様の愛を一番受けてると勝ち誇る「アイ・アム・ウィナー!!」も、御大が喋っているだけで笑える破壊力。ありがとうございました、と訳もなくお礼を言いたくなる存在感でした。次回作があるならブラコン君とのやりあいを、もっと聴いてみたいなぁ~。たっつんにとっても凄く刺激になりそうでワクワクします。
BGMがこれまたポリアカ風だったり、絡みのシーンでは思わず「ル~ル~ル~シャバダバダ、シャバダバダ」と口ずさみそうになるフランス風味だったりと、合ってるんだか合ってないんだかで微妙に私的にはツボだったから、特にドラマとしての展開はないものの、聴きやすいCDとして割とリピ率は高いです。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-10-14 11:05 | あ行