タグ:堀内賢雄 ( 8 ) タグの人気記事   

新宿ラッキーホール   

a0106747_16581274.jpgcv:堀内賢雄⇔三木眞一郎
他 三木×羽多野渉・堀内×鈴木達央
三木+武内健×小野友樹
黒田祟矢×堀内 豪華キャスト

ゲイビデオ製作会社「ラッキーホール」。そこにスカウトや昔のしがらみなどで引き寄せられ、はたまた引きずり込まれ通り過ぎていく男たちが織りなす人生。それぞれの行く手に待ちうけるのは「ラッキーホール」それとも「ブラックホール」・・・。

いやいやいや(悦)この豪華なメンツだけでも聴く前から充分に満足していたわけだけど、聴いた後のすばらしい充実感がここんトコのBLCD界になかった喜びです。
まずは、お帰りなさい賢雄さん!!いろんな事情で、こちらの世界から少し遠ざかっていらした賢雄さん祝!復活♪ということで、ミキシンとの呼吸も軽やかで素晴らしく、BLCD聴くの辞めないで良かった・・・と心から思いました。
<唇は苦い味>三木眞一郎×羽多野渉
羽多野クンの①お人よし②気弱③流されやすいの3大要素は鉄板だなぁ~、安心のクオリティ(笑)。ゲイビにスカウトされたきっかけがそれって・・・。以前何かのフリトで、実際に200万くらいのふとん(だったか?)を買わされそうになったって言ってたことあったし。最近、低音の羽多野クンが続いたのでカワイイ受けが聴けて私的には満足^^。
<約束は一度だけ>堀内賢雄×鈴木達央
もうもう♪達の”あばずれ乙女”大好き(悦)。サクマ@賢雄さんがちっちゃい頃から好きで好きで、もう一度逢いたさにウリやっちゃうくらいおバカで一途な感じが秀逸。想いを遂げさせてやるサクマの大人っぷりが「いいもんだろ?」のセリフに込められていて、さすがの賢雄さん☆シビれました。
<ハートに火をつけて>三木眞一郎+武内 健×小野友樹
めっずらしい武内クンの関西弁が聴ける貴重なトラック。役柄的にはおのゆも武内クンも無難にこなせるラインながら、苦味@ミキシンを咥えいや加えて3Pあり♪何気に耳福です(笑)。
<日当たりの悪い部屋 前・後編>堀内賢雄⇔三木眞一郎・黒田祟矢×堀内賢雄
サクマと苦味の過去話。もう何も言う事はありません、ただただミキシンと賢雄さんのお芝居に浸る幸せ・・・(感涙)。ヤクザの黒田さんもねちっこく&イヤらしく、まさかの黒田×賢雄なんて組み合わせも嬉しいやらなんだかだし。
<Lucky boy>堀内賢雄⇔三木真一郎
日当たりの~を経て聴くこのトラックの幸せ。最後のエレベーターシーンで、久しぶりのお泊りに浮足立つ大人たちの初々しさと愛情の深さ。ヒゲの話しをここで振るか!、な聴き手に嬉しい仕掛けもあり、満足に浸ったまま聴き終えた。

ここ数年のBLCD氷河期を乗り越え、少しづつだけど聴きごたえある作品が戻ってきたなぁ、と。最近の日常系ゲイ話には正直飽きてきた感があるので、CDで聴かせるからにはしっかりとした芝居ができる役者さんと、演出・脚本のものが増えることを祈りたいと思います。
[PR]

by lovelove-voice | 2013-11-22 17:14 | さ行

大奥極上音絵巻(非BL)   

a0106747_10324015.jpg吉宗:田中敦子
水野:小西克幸
杉下:堀内賢雄
藤波:若本規夫
松島:山野井仁
柏木:川島得愛
お信:小林沙苗
ナレーション:西村知道



原因不明の疫病の流行で、男子の数が女子の4分の1になったために、世の中のすべての仕組みが逆転してしまったと言う奇想天外な物語。貧乏旗本のせがれ水野@コニタンは、幼馴染の薬問屋の娘お信@小林さんの事が好きだけど、身分違いの恋を諦め”美男3,000人”と言われた大奥への奉公に出るところからストーリーは始まる。
とにかく面白い!!ストーリーもさることながら、キャラがもうハマってて♪全然エロくないお兄ちゃんボイスのコニタンの声が、爽やか~なべらんめぇ調で普通にかっこいい。BLの時には、あんなに濃厚な攻め息を聴かせてくれるコニタンなんだけど、普通の時にはホントに普通の人で(当たり前ですが)気のいい純情な青年の感じがすごく良い。吉宗と同衾する場面では、その純情で一途な思いに、思わずもらい泣きしてしまった。そして天下人の上様吉宗@田中敦子さんが、またすっごく男前で惚れる。この田中さんは「やさ竜シリーズ」で、フェンリエッタと言う剛毅な聖騎士だったり、「ソリッド・ラブ」では、河川敷と言う一癖も二癖もあるお局OLを怪演(?)した非常に上手い方であり。今回も男勝りで頭も切れ、でも決してガサツにならない、いい具合の女っぷりを匂わせてくれて、とても好感が持てる役作りで大いに満足。最後の大岡裁きには、ベタだけど、あ~もう先は読めてたのに不覚にも目が潤みました。
脇を固めるキャストが、また豪華なメンツで嬉しい限り☆水野に大奥のしきたりなどを一から教える杉下@賢雄さん、恵まれない生い立ちで決して幸せではなかった過去を持ちながらも、誠実に運命を受け入れ、したたかに世渡りする古参の役どころ。やっぱ上手いなぁとしみじみ思う。藤波@若本さんは、もう言うまでもなく胡散臭い(笑)、あのいやらしい言い回しが、大奥総取締で御年寄筆頭と言うクセ者な役柄にハマり過ぎ!あー本当にクセ者過ぎて笑えます(褒めてます)。

BGMも大河ドラマちっくで雰囲気を盛り上げているし、ドラマCDとしての完成度も高い。
なのに、これって何かの全サCDだったらしい事に、更にびっくりした。なので、なかなか入手は困難かもしれないけど、チャンスがあったら是非聴いて欲しい1枚。超オススメです。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-09-12 10:40 | あ行

罪作りな君   

a0106747_134336.jpgcv:杉田智和×櫻井孝宏


逢うたびに「俺のモノになれよ」と言う傲慢なショーモデルRYU@杉田クンと口説かれるたびに怒ってるスチール専門モデルSIN@櫻井クン。わかりやすい当て馬の外人女優や腹黒そうな事務所社長@賢雄さんや、SINの悩みを聞いてくれる優しい同級生柘植@ひーちゃんとその恋人の樹@ジュンジュンと、何気にメンツはゴージャスです。ストーリーはまぁこんなもんかな?な感じだし、普通にさらっと聴けるCDですが、声的には賢雄さんのスマートで腹黒い社長声がステキ☆それと久しぶりに聴いた感がある櫻井クンの掠れた喘ぎ声に満足^^。思わず「豪華客船~」を聴き返したくなったりして。杉田クンの行き過ぎた(笑)チューチューSEが今回も濃いです。

個人的に「俺のモノになれ」とか「俺の女になれ」とか所有物扱いをするセリフには、萌えどころか腹が立つほうなので、ガキのくせに生意気な口きくんじゃねぇ#と心の中では毒づいていましたが(大人気ない)。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-07-25 13:59 | た行

罪な宿命   

a0106747_2322240.jpgcv:置鮎龍太郎×野島健児


毎度毎度、安易に事件に巻き込まれる吾郎ち・・・(以下、略)。ではあるんですが、今回は事件に関わりがあった人が良平の元同僚で、と前作までとちょっと違う切り口になってました。やっぱりこのシリーズは犯人がものすごい悪者ではなく、犯した罪は罪だけど犯罪に至る経緯がちゃんとあって、それに絡む人物がまた切なくて、と言うところが聴かせどころなんだなぁ~と。事件と友情の狭間で悩む良平を支えるごろちゃんの良き妻っぷりがほのぼのします。絡みも積極的ですし(笑)。今回の犯行理由に関わる過去の事件についての藤本@賢雄さんの男泣きは聴きどころです。私的ツボキャラのミトモ@太田哲治さんがいい味出してました。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-02-07 23:30 | 罪シリーズ

花のように愛は降る   

a0106747_1912459.jpgcv:堀内賢雄×谷山紀章

前作「夜ごとの花」で、実弟に恋人を寝取られてしまった伊月@紀章クンがバーでヤケ酒をあおり、そこで知り合った葛西(当時は中谷)@賢雄さんにお持ち帰りされるところから始まる続編。賢雄さんが洋画ボイスで終始大人のイイ声を出してます。普通、前作のラストからそのまま続くストーリーってのが流れなんだけど、これでは2作目の途中に1作目のラストが絡んでくるちょっとめずらしい演出になってるところが面白い。”オレと家族とどっちが1番?”みたいな、なーんか女々しい伊月の思考が好みではなかったものの、それを余裕たっぷりに絡め堕としていく葛西が(って言うか賢雄さんの男前ボイスが)素敵。絡みでも、BLCDでは一緒にイくのがお約束みたいな感じだけど、微妙に伊月のほうが先にイって、後から追い上げる葛西のタイミングが、オヤジ攻めの雰囲気が良く出ていて妙にリアルです(笑)。
大御所の中谷@芳忠さんのお声がBLで聴けて耳に嬉しかったし。「美貌の誘惑」のアブドラ以来かな?
[PR]

by lovelove-voice | 2008-02-03 19:29 | は行

ドクターは犬を飼う   

a0106747_15212757.jpgcv:堀内賢雄×伊藤健太郎


私がドラマCDの中でも、好んでBLCDを聴くのはひとえに女性声優の甲高い声が苦手だ、と言うことに尽きる。特に、俗に言われるアニメ声と言うロリ風味のトーンには、耳の方がもう耐えられない状態で涙目になりそう。ドクター×ボクサーシリーズは前作がとても好きだったので、期待して聴いた2作目なんだけど、何度聴くのを止めようかと思ったほど、今回の憎まれ役で出ていた女性の声が辛い。だけど、ストーリーは前作同様非常に面白く、サスペンスな感じも絡めつつ、とても聴き応えがあるものでマル。大人のクセに、まるで子供のようなやきもちを焼いたりするドクターを優しく宥めるイトケンの声が、またたまらなくセクシーだったりするわけで、耳に付く女性声を我慢しつつも聴いてよかった。やっぱり好きです、イトケンの声♪いい話なのに、もう一度リピートするには少し厳しい気がするのが残念でならないんだけど。
犬兄弟のカイン&アベルが、またまたラストトラックで楽しませてくれるんですが、とても男の色気がある塩沢氏の声が、もう聴けないんだなぁ~と思うとしみじみ感慨な感じです。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-10-17 14:17 | DOCTER×BOXER

ボクサーは犬になる   

a0106747_15263852.jpgcv:堀内賢雄×伊藤健太郎


真性ゲイの美しい変態外科医加藤@賢雄さんが、未成年のボクサー@イトケンに一目惚れし、1年余りのあいだ一方的に片思いをした挙句に、犬に襲わせ監禁し調教してしまう。と、端的に文字にしてしまうと「人間としてどーなのよ、それ!」な話ではあるのだけれど。確かに歪んでいるし、間違っているとは思うけれど、心の底にある想いは紛れもなく純愛。そして理不尽な愛情を押し付けられているはずなのに、どこか淋しく人恋しいような、その歪みに惹かれて行くボクサー。素晴らしいBGMと相まって、聴き進んで行くほどに切なく泣ける物語。賢雄さんもイトケンも細かい心理描写がたまらなく上手いなぁ、とつくづく思う。
個人的に、やっぱり狂ったように愛を乞う人物にはとことん弱いらしいことを、再確認させられたようなドラマだった(苦笑)。
ラストトラックのカイン@塩沢兼人とアベル@石川英郎の会話が非常に愉快極まりなく、本編でぐっと切なく苦しくなっていた胸を、どーんと開放してくれました。面白すぎです、犬のくせに(笑)。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-10-17 12:17 | DOCTER×BOXER

蛇淫の血   

cv:堀内賢雄×平川大輔

元:警察官で現在はヤクザの下部組織に勤める男とヤクザの3代目の隠し子のCP。賢雄さんって洋画系の素敵ボイスで好きなのは好きなんですが、BLCDだと時々攻め声がジジイ臭くて(笑)ちょっとどうかなーと思ったりもするんですが。
この組み合わせは「凍る灼熱」の時にちょっぴり絡んでいたんですが、その時やたらと平川さんが艶っぽく気になっていて。んで悪くなかったです♪ただ、最初が無理やりだったり、途中輪姦だったりと痛いシーンが多いので、平川さんがあんまり気持ち良さそうじゃないのが残念です。最後は積極的に欲しがってましたけど。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-08-22 16:11 | さ行