タグ:千葉一伸 ( 4 ) タグの人気記事   

テンカウント   

a0106747_14490274.jpg
cv:前野智昭×立花慎之介
社長秘書・城谷@立花クンは、強迫性障害(不潔恐怖)のため、上司の倉本社長@一伸さんを事故に遭わせてしまった。そんな自分を嫌悪し、潔癖症を克服しようとクリニックを訪れたが、あと一歩のところで躊躇してしまう。そこで、事故の時に偶然立ち会っていた黒瀬@まえぬと再会し、セラピストの黒瀬から個人的なカウンセリングを受けることになって...。

お久しぶりの立花クンのメイン♪個人的には「不埒なスペクトル」の真幸みたいな淫乱ビッチも好きなんだけど(笑)こういう繊細な役に似合う声だよね~。不潔恐怖(潔癖症)って、世間から隔絶されることを好むイメージなんだけど、立花クンだと神経質な中にどこか人恋しい風情が漂っていて、それが「普通の人間でありたい」と望む城谷の感情に良く沿っていた。さて、お相手の黒瀬@まえぬがまた良くてさ!・・・感情があまり表に出ず、何を考えているのか良くわからないけど、静かに優しいカウンセラーを好演。抑えた演技の中で、ちょっとした吐息であったり言葉にならない音だったりが、非常に巧い。シリアスでもコメディでも、まえぬには安心して身を任せられるなぁ~。
わざわざ1とされているし、ストーリーもさぁこれから!ってところで終わってるし、絡みもなかったし(笑)で、ここは続編が出る前提でのリリースなんだろうから、あまり焦らさずサクッと続きが聴けますように☆

[PR]

by lovelove-voice | 2014-12-26 15:16 | た行

レオパード白書   

a0106747_16351478.jpgcv:子安武人×近藤 隆


「躾の悪い山猫だ」金こそ命のホスト絢@近藤クンに、おまえの24時間を買おうと近づいてきた男:真行寺@コヤP。24時間で1千万と言う絢に「SALE中か?」と言い放つ謎の男は、やがてじわじわと絢を追い詰めていく・・・。

このコヤP×近藤クンの組み合わせは、かなり声的に好み♪「デコイ」がすっごく良かったので、取り敢えずキャストだけで満足はするだろうなーと思ってたけど、思った以上にHIT!じっくり攻め堕とされていくホストの絢を近藤クンが、揺れ動く心情を細やかに好演し、久々聴いた支配者攻めのコヤPが、男前でカッコよくって嬉しさのあまり鼻血出た(笑)。最初はクールで鬼畜なんかな?と思ってた真行寺なんだけど、実は純愛だったってのが徐々に感じられる、その甘みの含ませ方が上手いんだよなーコヤPって。KISSを欲しがるくだりも、やや使い古された感がありながら、初めて口づけされた時のときめき具合が凄く上手くて、うっかり胸がキュンとしたぞ。近藤クンって作品によっていろんな色を出して来るので、ますます耳が離せません。
絡みは濃厚かつ官能的で、コヤPの「あや・・」には、思わず腰が砕けて倒れること数度。真行寺の秘書:幸路@一伸さんも、冷静沈着で堅いイメージでお得意のクールボイスだし、同僚ホストの燐花@たっつんも、ちょっと気だるげなキャラでいい感じ。原作の続きはないのかな?もしラブラブHな絡みがあるなら、是非濃密な感じでCD化希望☆な作品です。
[PR]

by lovelove-voice | 2010-09-11 16:40 | ら行

unison ~ユニゾン~   

a0106747_10343276.jpgcv:子安武人×神谷浩史


うーん・・・、分かりにくいストーリーだなぁ。
声的にはこの桐生@コヤPのトーンは好きだし、久しぶりに聴いた気がする鬼畜な感じも悪くはないんだけど。それと受けサイドが苦手と言うわけじゃないけどさ、個人的には”喘がない神谷選手”が好きなので(恋愛操作の秘書役とか)それもイマイチ乗り切れなかった要因か?
当て馬か?!と期待した田中@一伸さんも、なんだか”一伸さんなのに”イイ人で終わっちゃって(何気に失礼か)もったいない感じだし、野島課長の声が松本保典さんだったのは嬉しかったのに、特別深く関わってくる役でもなかったし残念。登場人物の誰にも感情移入できないと言うのは、このキャストだっただけに悔しさ倍増な気分で非常にやるせない。
某女史の学園モノみたいに、ありえない美声低音の高校生で、ありえないブリ声の受けちゃんで、ただのやりっぱCDくらい潔く突き抜けていれば、むしろ声のみを堪能し、そこだけに萌えを集中できるのでまだマシのような気がしてみたり(かなりヤケクソであっても)。
メンツが良すぎて期待した分、がっかり感が強かったそんな1枚。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-03-19 10:38 | や行

愛なんて食えるかよ   

a0106747_1152738.jpgcv:前野智昭×武内 健
cv:諏訪部順一×千葉一伸


兄の元カレに恋した専門学校生:三橋重行@前野クンと偏食の化学の教師:寒川愛@武内クン、高校の相談室のカウンセラーとして赴任した元カレの兄:和成@諏訪部氏と好戦的なピアノを奏でる音楽教師:木下悠@千葉一伸氏の2話収録。
いろんな意味で初モノ満載なこのCD、BLデビュー作でがんばった前野クンと、初教師役でがんばった武内クンには本当に申し訳ないんだけど、私的にはすべて千葉一伸氏に持ってかれました。また相手の諏訪部氏がちょっと斜に構えたルシファ@三千世界のような美声で、ストラークゾーンど真ん中なもんだから、もうめちゃ萌え♪クラクラしました・・・。千葉氏の見事なまでのツンっぷりと相まっていいのなんの!初受けだった千葉氏の、殆どデレがない演技プランが、絡みシーンの壮絶な色っぽさと、本音が入り混じる淋しげなシーンをより一層引き立てていて、千葉氏にこの役を振った人サイコー☆と叫びたい気持ちになりました。常々、絡みシーンでもっとも萌えるのが、KISSした後の唇が離れる音や、鼻から抜ける吐息とかが重要なポイントな私に、これ以上ないくらいイイ感じで聴かせて下さった千葉氏に心から御礼申し上げ、これを機会にもっともっと積極的に受けて下さることを切に望んで止みません。モリモリやコヤPにも抱かれてみませんか?と、激しくオススメしたい気分です。
ご本人も相当お気に入りだった様子の決め台詞も、本当に千葉氏ならではの言い放ちっぷりが素晴らしく、これだけでも充分に聴く価値がある1枚。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-01-06 11:08 | あ行