タグ:伊藤健太郎 ( 6 ) タグの人気記事   

愛かもしれない   

a0106747_16201198.gifcv:千葉進歩×寺島拓篤
cv:平川大輔×鈴村健一
cv:鈴木達央×神谷浩史
cv:高橋広樹×三木眞一郎

ピーチパイのママ:伊藤健太郎

オムニバス形式のショートストーリー4話収録。



『冷えたビールがないなんて 』
サラリーマンの西荻@進歩は、何故だか会社の後輩の高尾@寺島クンに懐かれて、何かと理由をつけては自宅に入り浸られている。手土産にビールを持ってくる高尾の真意は・・・。

ってことで、久々に嬉しい進歩攻め♪なのにどことなくオヤジ(笑)。最初冴えないおっさんみたいな感じだなぁ~と、ちょっとテンション↓になっていたんだけど、そこはてらしーが可愛く元気良く盛り上げてくれました。割と普通にありそうな話だし、声のバランス的にはいいんじゃないかな?と思えたこの組み合わせ、またどこかで実現するといいな。

『ありえない二人』
ふと見かけた雑誌に載っていたドクターバッグに一目惚れしたwebデザイナーの北原@スズは、偶然にもその持ち主であるカバン職人の鈴木@平りんと巡り会う。半ば押しかけ同然で、鈴木の仕事をサポートし始めた北原と鈴木には、意外な過去があり・・・。

わわっ!平りんの低音攻め♪ってちょっと久しぶりに聴いた気がする~ってくらいに低いトーンの平りん、無骨で一徹そうなカバン職人さんな声です。お相手のスズは得意の明るく元気なボイスながら、そこはちゃんと大人声なので良かった。ちゃちゃ入れ役(?)の水野@真殿さん、一伸さんと同様、登場しただけで怪しく黒いものを想像してしまう真殿さんだけに(褒めてます)、ちょっと押し倒した程度で終わってしまったのがすごぶる残念。しかしこの後、水野には驚きの受難(笑)が・・・、お気の毒とさえ思える展開に今後を大いに期待します。原作はあるのかな?

『死ぬほど好き』
江藤@たっつんと柳@神谷選手は高校の同級生。江藤は柳のことが好きで、真面目に告るが敢え無く玉砕。そんな中で、ふとした偶然から柳の兄貴の元彼:裕@ヘリちゃんとの旅行に同行することになって・・・。

青臭い高校生に神谷選手ってどうなん?ってのは、ひとまず置いといて(笑)。何が凄かったってヘリちゃんですよ!旅先の旅館でフスマ越し(たぶん)に聴こえる喘ぎ声が、犯罪級に色っぽく妖しくて倒れます。しかも一見弱々しく執着してそうな性格と見せかけての、あのあっけらか~んさが絶妙。まさかのオチに大笑い&大拍手、やっぱあなどれないわー恐るべし微黒なヘリちゃん。

『明烏』
ある夜、佐倉@高橋クンは会社の上司:吉村@ミキシンとラブホでばったり鉢合わせしてしまう。佐倉は女連れ、しかし吉村の連れは男で・・・。

飄々とした気だるい男をさせるとすばらしいなーミキシンは!一つ間違えば冴えないオヤジになりがちなところ、何とも妖しく色気滴る美しい男だと思わせてしまう声色がすごく素敵☆そんな魔性の男に、惹かれてるんだか圧されてるんだか、良くわからない力加減の男を高橋クンが好演。ヘタレでも気弱でもないけど、果敢に攻める力量もない、気が付くと絡めとられて呆然みたいなこんな役をさせると上手いよね~。


そして「山田ユギバンブーセレクション」では、最も楽しみにしていると言い切ってもいい程のピーチパイのママ@イトケンさんが、前回以上にパワーアップしての再登場!!笑わせるわ泣かせるわで、もう最大級の満足度を得ました。えぇ本編のすべてがかすんでしまうほどに(笑)。前作で「白いブリィーーフが似合う王子様」を待ち焦がれていたママにも、ついに春が来る予感?!ってか、強引に食いましたかね~な展開があって、次回作にはママメインのお話も是非☆と期待に胸が膨らみます。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-09-30 16:32 | あ行

愛だろ、愛!!   

a0106747_9584283.gifcv:近藤 隆×羽多野渉
cv:一条和矢×鳥海浩輔
cv:遊佐浩二×谷山紀章
cv:石川英郎×笹沼 晃

ピーチパイのママ:伊藤健太郎

オムニバス形式のショートストーリー4話収録。


『やらしい昼下がり』
高校生の淳也@近藤クンとカテキョの大学生佐野@羽多野クンのCP。内容は特別やらしくないけど、タイトルコールの羽多野クンの「やらしい」の”し”がやらしいです(笑)。羽多野クンはさ行が気になる声優さんなので、ほのぼのとした話の中でも妙にムズムズします。あっそれと、喉の奥で「ひっ・・」となる声とも息ともつかない音がいつもやらしくてマル♪近藤クンはこっち方面では初聴きかな?元気な声で若い!

『さすらい』
同じ雑誌社に勤める副編集長落合@一条さんとファッション雑誌の担当の久保@鳥海クンのリーマンCP。設定はどうであっても、このCPは全編に渡って満遍なくエロいです。もう普通の会話ですら何かが滴っていて、ヤバいと言うか危険物。

『誰がおまえを好きだと言った』
幼馴染の弟(超イケメンエリート)宗二郎と演出家昌幸@紀章さんのCP。いつも温厚で我慢強い年下攻めが、キレてちょっと鬼畜入るところがゆっちーの聴かせどころです(そうなの?)。最後までヤラなかったせいか、紀章さんの豪快なイキ切りっぷりが聴けなかったのが残念(笑)。

『我が家は楽し』
20年ぶりに再会した高校の同級生円@石川さんと内藤@笹沼さんのCP。男前声の石川さんかっこいい~(惚)。「追憶のキスを君は奪う」(杉田×笹沼)や「淫らな躯に酔わされて」(小西×笹沼)の時も思ったけど、笹沼受って色っぽくて好み。なーんかすごく気持ち良さそうで(笑)。KISSだけでイカせるなんて、どんだけ上手なんですか?石川さん(違)。ってか、そう言えば「追憶の~」でもKISSだけでイッてましたっけー笹沼さん、どんだけ感度がいいんでしょう(笑)。円の息子晃太役に安元さんが配置されてるんだけど、15歳の高校生に安元さんって・・・、アダルトボイス過ぎて無理無理です(笑)。「我らの水はどこにある」のコニタンの高校生も、相当むちゃだと思ったっけーと、懐かしく想い出したら作家さん同じ人?

全編通してオマケでついてくる「ピーチパイの夜」は、3話目の昌幸の同級生健太郎@イトケンさんがママを勤めるゲイバーでの話。それぞれのCPがママの前で繰り広げる痴話喧嘩あり、いちゃこらありの箸休めなショート。会話の合間に出てくる「本名はやめて#」発言と「白いブリィーーーフが似合う王子様~」発言に、思いっきり吹きました。短い物語ながら、達者な役者さんたちの演技で物足りなさを感じることなく聴ける楽しい2枚組です。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-04-13 10:10 | あ行

YEBISUセレブリティーズ6   

a0106747_1653226.jpgcv:乃村健次×伊藤健太郎
cv:神奈延年×千葉進歩


YEBISUグラフィックスの中でも、一番クールで私生活が謎に包まれているコピーライターの高館要@イトケンだが、実は6年越しで付き合っている恋人未満のアーキテクトレオン@乃村さんがいる。総ホモシリーズ(違)6カップル目は、律儀で辛抱強いヘタレ熊と本当はデレなくせにやたらとプライド高い美人受けのCP。イトケンさんは「純情エゴイスト」のヒロさんのような雰囲気で、結構攻めにメロってるくせに素直になれない受けを好演。お相手の乃村さんは「トラブルメイカー」でワイルドなカメラマンを演じ、高校生役のじゅんじゅんを美味しくいただいちゃってた方ですが、これがもう堂々たるヘタレっぷり(笑)。洋画の吹き替えのような声色で、ちゃんと外人に聴こえてなかなかにGOOD。エビリティのシリーズの中でも、ちょっとコメディタッチでほのぼのしたお話です。
二話目の久家@神奈さん×益永@千葉ちゃんは、まぁありがちなネタではありますが、何かと一生懸命な益永の千葉ちゃんが可愛い。その乙女っぷりは普通の社会人としてどーよ?!と思わないでもないけれど、何となくその健気さが微笑ましく許せます。あの恥ずかしがりの益永が必死でご奉仕してましたし、病院でコトに及んでしまい看護師さんに見つかりそうになるあたりは思わずドキドキしてしまったし。そう言えば千葉ちゃん「殴る白衣の天使」でも、病院内エッチをしていて警備員に見つかりそうになり、声を殺してイク演技が妙に上手かったっけ。千葉ちゃんってばそう言うシチュエーションとか3Pとかになると、やたらと感度が上がる気がするのは気のせいでしょうか(笑)。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-05-26 16:03 | エビリティ

DEADLOCK(2枚組)   

a0106747_1073192.jpgcv:安元洋貴×中村悠一


まるで洋画のようなストーリー&BGMで2枚組ながら一気に聴けるほど面白い。刑務所と言う特殊なシチュエーションがとてもリアルに取り込まれている上に、登場人物も魅力的。BL要素がなくても充分に楽しめる1枚です。って言うかBL的絡みがどうにも恥ずかしくて聴けないと言うドラマCDファンもいるので、むしろ絡みシーンがあるがためにオススメできないのが残念なくらい。既に続編のリリースが決定しているように、人気があるのがうなずける出来栄えです。お初にお耳にかかるカップリングでしたが、受けが女々しくなくGOOD。好みの声質ではないもののユウト@ゆうきゃんがんばってましたね、時々櫻井クン風味にも聴こえたりしましたが。お相手のディック@安元さんは、以前「恋の花」の時にちょっとだけ弁護士役でお出になっていた時から、好みの声だわ~と気になっていた人で、やっぱりいいお声でした♪
脇役も豪華なメンツ!どんな時でもこの声聴くとホッとするミッキー@イトケンに、腹に一物ある役をさせると本当に怖いネイサン@ミキシン、それにトーニャ@ちーちゃんが気品があって可憐で儚げなニューハーフを好演☆「ANSWER」や「セクピス」など、ちーちゃん出演の作品はいつも全然違った雰囲気を出していて、芸達者ぶりに感心させられます。器用な方ですね~。ネト@三宅氏はワイルドで男気溢れるいいヤツでした、やっぱし若くなった梁田さんみたいな声(笑)、好きです結構。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-01-11 10:07 | た行

ドクターは犬を飼う   

a0106747_15212757.jpgcv:堀内賢雄×伊藤健太郎


私がドラマCDの中でも、好んでBLCDを聴くのはひとえに女性声優の甲高い声が苦手だ、と言うことに尽きる。特に、俗に言われるアニメ声と言うロリ風味のトーンには、耳の方がもう耐えられない状態で涙目になりそう。ドクター×ボクサーシリーズは前作がとても好きだったので、期待して聴いた2作目なんだけど、何度聴くのを止めようかと思ったほど、今回の憎まれ役で出ていた女性の声が辛い。だけど、ストーリーは前作同様非常に面白く、サスペンスな感じも絡めつつ、とても聴き応えがあるものでマル。大人のクセに、まるで子供のようなやきもちを焼いたりするドクターを優しく宥めるイトケンの声が、またたまらなくセクシーだったりするわけで、耳に付く女性声を我慢しつつも聴いてよかった。やっぱり好きです、イトケンの声♪いい話なのに、もう一度リピートするには少し厳しい気がするのが残念でならないんだけど。
犬兄弟のカイン&アベルが、またまたラストトラックで楽しませてくれるんですが、とても男の色気がある塩沢氏の声が、もう聴けないんだなぁ~と思うとしみじみ感慨な感じです。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-10-17 14:17 | DOCTER×BOXER

ボクサーは犬になる   

a0106747_15263852.jpgcv:堀内賢雄×伊藤健太郎


真性ゲイの美しい変態外科医加藤@賢雄さんが、未成年のボクサー@イトケンに一目惚れし、1年余りのあいだ一方的に片思いをした挙句に、犬に襲わせ監禁し調教してしまう。と、端的に文字にしてしまうと「人間としてどーなのよ、それ!」な話ではあるのだけれど。確かに歪んでいるし、間違っているとは思うけれど、心の底にある想いは紛れもなく純愛。そして理不尽な愛情を押し付けられているはずなのに、どこか淋しく人恋しいような、その歪みに惹かれて行くボクサー。素晴らしいBGMと相まって、聴き進んで行くほどに切なく泣ける物語。賢雄さんもイトケンも細かい心理描写がたまらなく上手いなぁ、とつくづく思う。
個人的に、やっぱり狂ったように愛を乞う人物にはとことん弱いらしいことを、再確認させられたようなドラマだった(苦笑)。
ラストトラックのカイン@塩沢兼人とアベル@石川英郎の会話が非常に愉快極まりなく、本編でぐっと切なく苦しくなっていた胸を、どーんと開放してくれました。面白すぎです、犬のくせに(笑)。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-10-17 12:17 | DOCTER×BOXER