タグ:中村悠一 ( 18 ) タグの人気記事   

Punch↑4   

a0106747_1662020.jpgcv:子安武人×中村悠一


転落事故後、15歳に記憶が退行してしまった浩太@ゆうきゃんは、不安と戸惑いを覚えつつも志青@コヤPとの共同生活で、少しづつ幸せで落ち着いた日常を送れるようになってきた。しかし時折現れるフラッシュバックのように甦る19歳の記憶に、敵意のような感情を覚えて・・・。

GW中もっとも楽しみに聴きたかったPunch↑4。あぁ良かった!本当に良かった!1からずっとメインはもちろんのこと、脇に至るまで神がかり的キャスティングと思っていたし、笑いあり涙ありエロありとストーリーも大満足。聴くたびにヘンタイ度が上がって行くコヤPなのに、時折信じられないような男前声で「後悔もさせない」なんて言われたら惚れてまうやろ!くっそー変態のくせに(笑)。原作読んだことないけど、きっと元の志青よりも振り幅たっぷりになってると思われ、男前度も変態度もエロ度も泣き虫具合も申し分なく、恋する大人の男としての可愛らしさMAXで、この変幻自在っぷりはもはや妖怪の域(笑/賞賛です)。
そして浩太のゆうきゃんですよ!思春期真っ只中にありながら、家庭の事情でちょっぴり屈折した、多感な15歳っぷりを充分に演じてくれて、愛しいやらいじらしいやらで、すっかり涙線が緩みに緩んでしまった。絡みのシーンたるや、こーたんの”伝説のドライ逝き”の息遣いもヤバいくらい臨場感たっぷりだし、「愛してる」と言われて思わず早撃ちしてしまった志青の吐息も、本当にイッた感みなぎってるし、まさに職人芸と呼べる息の合い方に聴いているこっちが幸せにイキそう(落ち着け)。
2で登場して以来、ずっと気になってドキドキして仕方がなかった裕也@まえぬが、出番こそ少ないものの印象に残るいい演技☆あの妖怪コヤP(賞賛です)を相手に堂々とタイマン張り合って引けを取りませんでした!そして浩太と別れの電話シーンで、新たな未来へ向け清々しく「さよなら」と言う浩太に対し、まるで自分に言い聞かせるように「さよなら」と言った裕也に胸が締め付けられるようでグッときた。和久井@ピロキの苦労人な世話係にも心からご苦労さまを言いたいし、松本組のおっちゃん達もいいヤツばっかだし、末次はサルだし(笑)。P.B.B.チームもちょろっとしか出番ないくせに、ものすごーく瞬殺声を出してるモリモリに頭がクラクラしたし♪
これで一応シリーズはゴールで、もう志青とこーたんにお耳にかかれないのかなぁ~と思うと寂しさがひとしおな程、毎回楽しみに待ったシリーズでした。もう1回最初から聴こうっと☆
[PR]

by lovelove-voice | 2011-05-07 16:13 | は行

Punch↑3   

a0106747_15483853.gifcv:子安武人×中村悠一


イケてる変態建築家の牧志青@コヤPは、年下の型枠工の浩太@ゆうきゃんにベタ惚れ。ある日、偶然逢ったと言う浩太と元カレ裕也@前野クンとのことが、何故か気になって仕方がない。大人になる、と自分に言い聞かせつつも、時折イヤミを言ったりしてしまう志青、浩太は志青への接し方がだんだんわからなくなっていく。そんな悩む浩太は集中力を欠いて、仕事場で大きな事故に遭い・・・。

久しぶりのコヤP♪で嬉しいはず・・なのに、前作「Punch↑2」から気になって気になって仕方がない裕也のまえぬ!!いや、変態でヘタレ可愛く、大人になりきれない子供っぽい牧さんなコヤPに、乙女でガテンで情に厚いパイパン浩太なゆうきゃんも大好きなんですよ~、なのに一番耳が離せないまえぬ・・・(惚)。だらしなくて弱くて優しい、そのくせ妙にしたたかで甘え上手、こんな男ヤバイって!惚れたらキツいって!!と思わせる音色が凄い。特に、浩太に「下の、名前は?」と問われ、ちょっとためらってから「裕也・・」と答えるトコが、もうずるくて甘くてたまりません。ストーリーは今までになくシリアスで、私的には記憶云々という展開は好みじゃないけど、キャラもキャストも魅力的だし今後の展開もすごく気になる。特典CDを聴くまでもなく当然続きが出るでしょうから、心静かに待ちたいと思います、まえぬの裕也を。(相当惚れこんでいるらしい)
[PR]

by lovelove-voice | 2010-09-09 15:54 | は行

静かなるドン(非BL)   

a0106747_1312447.jpgcv:中村悠一・中田譲治・藤原啓治・勝生真紗子 他


下着メーカーに勤める近藤静也@ゆうきゃんは、ちょっと冴えないヘタレたリーマン。ある日、同僚と昼食を食べに行った先で見たTVニュースで、関東最大の暴力団”新鮮組”の総長が殺されたことを目にし蒼白になる。何故なら彼には、人に言えない秘密があった・・・。

2010年時点で単行本が93巻も出ているという、人気コミックのCD音声化作品。Vシネマなどで実写版も作られている、らしい。(コミックもVシネも未視聴なので)がっ!これが猛ハマりで目下ヘビロテ止まりません。まず、昼は行灯・夜はヤクザの跡目と言うクラーク・ケントか中村主水かってな設定のお陰で、ヘタレ声と凄み声のゆうきゃんを2パターン同時に楽しめると言う、”ひと粒で2度美味しい”アーモンドグ○コ的な声フェチ悶絶に重ねて、配下の組長に生倉@啓治さんと肘方@譲治さん、特攻隊長猪首@もりもりや静也の懐刀:鳴戸@平田さんと、耳のご褒美満載♪♪盆と正月がいっぺんに来ましたよ~奥さん(誰?)。しかも啓治・譲治のお笑いコンビ(笑)が、アドリブ絡ませながらノリノリの演技を聴かせてくれてるもんだから、通勤電車の中でニヤニヤするわ吹き出すわで、すっかり変人モードのアブナイ人と化してしまった。
他にも、長州の親分@浜田さんとその舎弟に大典さん、静也の母@勝生さんや銀座№1ホステス理江@朴さんと、実に豪華なメンツなことよ!展開もスピーディーでサクサク聴ける楽しい1枚。特にゆうきゃんファンは聴いて損はないはず。凄みの効いた「3秒で殺してやる」に、是非殺されちゃってください☆
[PR]

by lovelove-voice | 2010-04-12 13:15 | さ行

窮鼠はチーズの夢を見る・俎上の鯉は二度跳ねる1.2   

a0106747_12344010.jpga0106747_12345389.jpg
a0106747_12352828.jpgcv:中村悠一⇔遊佐浩二


“自分を愛してくれる人が好き”と言う、優柔不断で煮え切らない性格が災いして、流されるままゆるい恋愛や不倫を繰り返してきた恭一@ゆうきゃん。ある日、夫の行動に疑惑を抱いた恭一の妻から依頼された浮気調査員として現れたのは、大学の後輩・今ヶ瀬@ゆっちーだった。実はこの今ヶ瀬、ずっと先輩の恭一のことが好きで好きで・・・。流され侍でチン軽な男と、粘着質で陰険ホモな男の、割れ鍋に綴じ蓋的ラブストーリー。

正直言って好みの筋書きではないものの、いっそここまで聴き終わりが胸糞悪い(いい意味で)と、かえって清々しい気もする不思議な作品。自分の気持ちに正直と言うか、流される自分に酔っている感すらある恭一の生き様もウザい、そんな先輩にありえないほどの執着を持ち続ける今ヶ瀬もご苦労さんだし、純粋そうなフリをして大胆にも恭一をモノにするたまきも、相当したたかで食えないキャラ。ここまで感情をあらわにして日々を過ごす人たちも、そうは居ないんじゃないかと思えるほどに暑苦しい人物のオンパレードで、一度聴き終わるとなかなかリピートする気力が湧かないが、良くできた秀作だと思う。たぶん登場人物それぞれの中に、自分と似た匂いを感じるが故の、ある種の同属嫌悪のようなものがあり、それが聴いている時の極度の疲弊と、聞き終えたあとのエグさを引き出すのだろう。ゆうきゃんもゆっちーも共に熱のこもったステキな芝居っぷりだったし、2人のファンはもちろんドロドロとした人間臭いドラマが好きな人には、満足度高い1枚だと思う。俎上2でたまき役@斎藤千和さんのフリト「2年後くらいにはベビーカー押して・・・」発言には、きっちりとキャラを把握した役作りをされていたのが伝わり、思わずニヤリとした。そうそう、女って生き物は結構さらりと性根が悪いもんです(笑)。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-12-26 12:46 | か行

SIMPLEX (DEADLOCK外伝)   

a0106747_16191189.jpgcv:遊佐浩二×遠近孝一


犯罪心理の教授ロブ・コナーズ@ゆっちーのバースディパーティに、お馴染みのメンバーのネト@健太・トーニャ@ちーちゃんの兄弟や、ユウト@ゆうきゃん・パコ@俊彦さんらが集っていた。ちょっと遅れてユウトのパートナーのディック@安元氏は同僚のヨシュア@遠近さんを伴って到着。和やかにパーティーが進む中、そこへドアチャイムが鳴り、届いた謎の贈り物。中身はなんと切り落とされた片耳だった・・・。

DEAD LOCKシリーズ外伝。本編ではディック×ユウトの良き理解者で、当て馬的ポジションだったプロフェソルのロブ。ユウトに心惹かれながらも袖にされていたロブにもちゃんと春がやってきましたよ♪インテリでシニカルな役をさせると本当に光り輝くゆっちーがステキ過ぎて、大好きなキャラだったロブなんだけど、今回は、結構ええかっこしいで、ヨシュアの前では大人ぶって余裕かましてる風を装いつつ、周りには丸分かりなんて言う、そんな恋する男の可愛さとかっこ悪さを魅せてくれる。そこら辺の絶妙なチャーミングぶりがホントに上手いな~ゆっちーは。お相手の遠近さんはメイン初聴きなので、すごく楽しみにしていたんですが、これが想像以上に私的ツボど真ん中で超絶好み!ちょっとくぐもった笹沼さんみたいな感じで、息多目のセリフ回しがたまりません。過去の生活環境や、犯罪に巻き込まれて命を落とした姉への想いから、頑なに他人との距離を取ろうとするそっけなさの中に、本来は人恋しがりなんじゃないかと思わせる、ふわりと寄りかかるような柔らかい音色のバランスが絶妙♪今まで脇ではいくつかの作品でお耳にかかっていた遠近さんが、こんなにもBL受け向き(笑)だったなんて喜びの舞。絡みシーンでの吐息やちょっと上ずる喘ぎが、実に上品かつリアルでゆっちーの低音攻めにとても相性良く聴き易い。そうそう、そのベッド上でヨシュアがロブのを”今、握った!”とわかる瞬間があって、ロブの熱を感じたヨシュアの、悦びの色が混じった「あぁ・・」と、感じ入ったロブの「はぁっ・・」のハーモニーが、臨場感と言うか本当に気持ち良さ気で萌えに萌えました^^。一部BGMが大げさかなぁ?と思うところもあったけど、アメリカのTVドラマ好きとしては、むしろそれっぽい感じでいっかぁ~な感じ。
エンディングのちょっとしたエピソードも微笑ましく、これの続きがあるなら是非続編もCD化希望☆相変わらず、いや一層麗しいレディーボーイ声のちーちゃんやネトのほうにも、今後話が拡がっていかないかなぁ~なんて、つい期待が膨らむDEADシリーズです。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-11-27 16:23 | さ行

セブンデイズ FRIDAY→SUNDAY   

a0106747_11262358.jpgcv:中村悠一×福山 潤


人を好きになるって、本当に辛い・・。「夢を見るには充分な一週間」だと女友達は言った、でも僕にとっての一週間は・・・。

弓弦@じゅんじゅんより一足先に、自分の想いに気付いた冬至@ゆうきゃんは、弓弦の中にも自分と同じ気持ちを感じ、些細な会話や仕草の一つひとつに、期待と不安で胸が苦しくて仕方なくなる。一方の弓弦は、自分の気持ち”だけ”を自覚していて、内なる葛藤に悶々とする日々。弓弦にとって居心地良く優しい冬至、でもこれって相手を思いやっているようでいて、自分が傷つくのが怖いことの裏返しでもあったりして。このイマイチ煮え切らない感じがすごく上手になったなぁ~ゆうきゃん。前作から2年の時を経て、さまざまな役柄を演じてきた積み重ねが、このいい感じにずるい声色になっている。このニュアンスって無自覚で出してるのかなぁ~?もし自覚して出してるとしたら、これはちょっと末恐ろしいニオイがします。一見、自分勝手に見える弓弦の行動(単にてんぱっちゃってるだけ)だけど、むしろその内なる思いに対して真っ直ぐ正直に、きちんと向き合う様が潔い。それが弓弦と冬至の弓を射る姿に対比されていて、こう言う手法も好みでGOOD。余談だが、弓道の知識が殆ど皆無だったもので、用語がわからず劇中に出てきた早気、もたれ、皆中、などについてもちょっと調べてみて、冬至の気持ちの揺れがすごく良くわかり、切ない気持ちが倍増した。
「恋をするのに充分な一週間」そんな最後の日曜日に互いの想いが通じ合い、思わず腰が抜け涙ぐむ2人の情景が目に浮かぶ。じゅんじゅんとゆうきゃんの嬉しさと安堵に溢れたセリフの一つひとつに、そして心地良い余韻が残るBGMとその使い方に目が潤む。青春の甘酸っぱさと爽やかなドキドキ感を思い出させてくれ、聴き終えた後に、暖かい気持ちがじんわりと広がるオススメの秀作。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-11-09 11:35 | さ行

セブンデイズ MONDAY→THURSDAY   

a0106747_1434886.jpgcv:中村悠一×福山 潤


毎週月曜日、朝一番に告白された人と一週間限定で付き合うことにしている芹生冬至@ゆうきゃんに、ちょっとした好奇心から「俺とつきあってよ。」と、思わず告ってしまった篠 弓弦@じゅんじゅん。いたずら心から始まった弓弦と冬至の期間限定の恋が始まる・・・。

見た目の美貌とは裏腹に、結構あっけらかんとした性格が災いし、いつもそのギャップで女にモテない篠。そんな篠に明るく朗らかでいながら、ちょっとした淋しさを感じさせるじゅんじゅんがとってもいい♪「誘惑」の美祢遥や「リピート・アフター・ミー?」の志賀雄之介の時も思ったけど、素直で真っ直ぐな、でも自分をしっかり持ってる青年役ってホント上手いよね。お相手のゆうきゃん、こんな鷹揚でちょっぴり気弱で優しい青年声はめずらしいけど、純な感じが良く出ててGOOD。月曜から始まった擬似恋愛の4日間、互いの自覚がないままに2人の物理的な距離と心の距離が、少しづつ、本当に少しづつ惹きよせられる様がどうにも切な甘くて、胸がキュンキュンしてしまう。些細なことでドキドキしたり、相手の言葉が気になってみたりと、まだ恋愛とも呼べない段階の気持ちの揺れが、もどかしいやら懐かしいやら(遠い目)。絡みはたわむれに仕掛けたKISS止まりだけれど、そんな2人のセブンデイズ、残り3日間の行方が気になって気になって、続編を聴くのがとても楽しみ。
この穏やかに流れていく日々にふさわしい、しっとりと心に沁みるように入り込んでくるBGMも、心地良く優しいメロディですごくステキです。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-10-29 14:44 | さ行

恋に命をかけるのさ   

a0106747_11134968.jpgcv:中村悠一×神谷浩史


兄と2人でクリーニング店を営む三佐和透@ゆうきゃんは、兄がコーチをしている少年野球チームの試合後に、その恋人の秘書・新海聖司@神谷選手と出会う。常々「一目惚れ上等!」を公言する透、つれない聖司の眼鏡美人っぷりとサドっぷりに惚れて猛アタックを開始するが・・・。

前作「愛と仁義に生きるのさ」が、ただいま私的ブームの川原さんご出演作だってことを除いても、テンポ良く面白い作品で好みだったのと、ラストシーンでの思わせぶりな透と聖司の出会いがあったので、とっても楽しみにして聴いた2作目。聖司が美人だからっていきなりソッチにハマるのかとか、男同士の葛藤は皆無かよっ?とか、それはこの際置いといてもいいかなぁ~と思えるほどのスピード感と潔さでホント楽しかった♪初お手合わせのゆうきゃん×神谷選手、まだ攻め慣れてないらしいゆうきゃんのぎこちなさが、ノンケらしい初々しさも感じられてGOODだし、神谷選手の手馴れた仕草はもうご馳走様でしたし(こっちは元からゲイなんだよね?)、下手くそなKISS音でさえ後々のゆうきゃんの成長ぶりの指標となるようで(笑)いろいろ感慨深い。
聖司のお目付け役:富樫@ナリケンさんや聖司の父でヤクザの組長@秋元さんと、脇を固める配役もバッチリで、前作からのテーマ(?)である”仁義なき帝国”が最後の最後まで生かされていてブレが全くなかったことも勝因。聴き終わった後にスカっとした気分が味わえる楽しい作品、2枚続けて是非どうぞ。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-10-23 11:18 | か行

愛と仁義に生きるのさ   

a0106747_1761011.jpgcv:川原慶久×谷山紀章


両親が残したクリーニング屋の店主:三佐和悠@紀章さんは大の任侠映画ファン。ある日、客として訪れた長嶺治彦@川原氏は憧れのヤクザに似て男前、目元に疵まであってまさに筋モンの人。そんな長嶺だったが、話をするうちに、その一本気と情の厚さに少しづつ悠は惹かれていく・・・。

前UPの「犬とおまわりさん。」で激しくツボった川原慶久さんなんですが、これがもう本当にイイ声で(しかも今回は低音攻め!)しっかりと腰は砕け、脳が蕩けました。何て言うのかなぁ~甘みの中にほんのちょっと毒があって、土田氏と安元氏を混ぜてクセとワイルドさを程よく抜いてみました、みたいな(笑)。お相手の紀章さんは元気いっぱい喘いでくださって、大変美味しくいただきました。特に事後の短い吐息が”そんなに気持ち良かったんか・・”と思うほどの満足感と疾走感に溢れていて、他人事ながらなんだか嬉しい。ストーリーは互いに一目惚れっぽいので、まぁ~筋モンと勘違いしていたことによるドタバタやトラブルも、さほど問題にならずに解決するので、声にどっぷりと浸りたかった今のあたしには、むしろストーリーに気を取られることなく(何気に失礼だが)とっても満足度高く聴けた。悠の弟:透@ゆうきゃんもラストのほうでどうやら一目惚れしたみたいなので、次はこのCPがメインかな?美人でドSな長嶺の秘書:新海@神谷選手と、どんな展開があるのか非常に楽しみです。
一部BGMがまたもアレだったので、一瞬ミドリンの「肉汁たっぷりなくせに」が鳴り響いたのがちょっと残念。あの曲ってフリーなのかなぁ~?このCDで多分4枚目ですよーお耳にかかるのは。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-10-16 17:12 | あ行

月刊男前図鑑~従者編~<黒盤>   

a0106747_1048403.jpgcv:小西克幸・中村悠一


この組み合わせで掛け算表記じゃないのが、とっても残念ではあるけどな。
ってことで、今回ほとんどレビューになってません。何故なら・・・

<社長秘書編:小西克幸>社長秘書と言うよりヤクザなホストのような低音。せっかく秘書の設定なんだから、もうちょっとトーン上げ気味だったら良かったに・・・と思ったのは「リピート・アフター・ミー?」を聴いた直後だからかなぁ~。だーってあの甘く軽やかなフランス人のトーン、すっごくツボで大好きなんだもん♪(←レビュー書いてから言え)と、話は逸れているが。
設定的には、秘書持ちの社長が蛍光灯を自ら変えたりするのか?とか、秘書はフットマッサージまで職務に入ってたらイヤだ!とか、そんな個人的な主観がありながらも楽しく聴けたのは、一人芝居のはずなのに脳内で勝手に受け答えをしていた美人社長が櫻井クンの声だったからで(爆)。

<執事編:中村悠一>私的好みから言えば、ゆうきゃんの声は従者じゃないほうが実は好きだったり。なので、プライベートになると傲慢な口調になるゆうきゃんにはステキに萌えました☆ そしてここでも炸裂する脳内妄想バンザイ!「お嬢さま」と呼ばれるあるじが、何故かミドリンで(笑)ブラウスから透けて見えるKISSマークが似合う声は、やっぱミドリンでしょ?品良くお嬢さま然と振舞いながら、落とした教科書を拾う時にうっかり触れ合う手にドキッ☆とする声の震えなんかもう最高♪(注:あくまでも一人芝居なので相手のセリフはありません)確かゆうきゃん×ミドリンの対決はまだなかった気がするので、是非実現してもらいたいもんです。

そして こんな反則が・・・
[PR]

by lovelove-voice | 2009-09-03 10:54 | 声萌え