タグ:中井和哉 ( 6 ) タグの人気記事   

神官は王を恋い慕う   

a0106747_13331636.jpgcv:中井和哉×千葉進歩


虹の御子冴紗@進歩クンと羅剛王@中井さんのステキなステキな恋物語。御伽噺ちっくで、美しいBGMと進歩のナレーションで滑らかに心地よく紡がれるストーリーにうっとりと・・うっとり・・・と。

ぶわぁははは---!!ごめんなさい、本当にごめんなさい。近来まれに見る”笑いの神”が降臨してしまったこの3作目。もう、どこから突っ込んで良いものやら、心底腹の皮が捩れるかと思いました。最近、切ない恋の物語に涙するCDが多かった中で、笑いすぎて涙が零れた。いやストーリー的には決してお笑いじゃないんですよ、むしろいい話であるしハッピーエンドだし、どこにもコメディの要素なんて微塵も見当たらないんだけど。美しいピアノの旋律に乗って、しっとりとした声色で語られる冴紗様のド天然なボケっぷりがあまりにもツボであっただけで(笑泣)。そのすべてのアンバランスさ加減が絶妙で、真面目に語れば語るほど笑いを誘う進歩が愛しすぎて腹が痛い。目をキラッキラに輝かせながら娼婦たちの指南に聞き入る様子が目に浮かぶ、ウブ過ぎる言い回しがもうたまりません。こう言う一歩間違えば”わざとらしく”なる部分で、ギリギリに押さえて笑いを取る(いやそんなつもりはないんだろうけど)進歩の匙加減ってなんだろねー。可愛らしすぎて聴いてるこっちが羞恥に身悶えます。はっ・・・これは進歩にプレイを仕掛けられているのか?←そんなことはない
その後、そのスペシャリストに指南してもらった「跨ぎの儀式(笑)」も、「見せびらかしプレイ」も、さすがはイケナイシチュエーションでの演技が秀逸な進歩ならではの喘ぎを、もちろん充分堪能させていただきましたので、そっち方面も満足度高し♪願わくばしっかりとイキ切って欲しかった気もするが。
すごくおっとこまえな中井ボイスもうっとりだし、今回初登場の萋葩王@健太もお得意の悪者声でいい感じ。ずっしりと重いテーマのCDや、ぐっと胸をつかまれるような切ないCDを聴いた後にはうってつけ。結構リピ率が高い楽しく聴けるいいCDだと思います。(フォローになってないか?)
[PR]

by lovelove-voice | 2009-05-16 13:35 | さ行

月刊男前図鑑~ワルい男編~<黒盤>   

a0106747_112131.jpg盗賊:中井和哉
ギャンブラー:浜田賢二


常々、お薬モノ とか 羊シリーズ などの商魂逞しいものには絶対踊らされたりしないぞ!と、心に堅く誓っていたんですが・・ですが・・・。
あぁぁぁーーーくっそー#ついに己の禁を破り、手にしてしまった「月刊男前図鑑」(滅)。いや発売前からすでに、メーカーの手に堕ちずにはいられなかったこの役柄にしてこのメンツ。もはや抗う術は持ち合わせておりませんでした。さらに、来月は羊シリーズに千葉ちゃんが参戦決定で、しかもペアの相手が浜田さんって。こうしてメーカーに踊らされていくんだな、ふっ・・・。

◇盗賊:中井和哉
実のところ、「赤おに」を聴いたすぐにこれを聴いたので、時代物にしてはBGMがとんちんかんだったことに激しく違和感を感じたのが非常に残念。しかしワイルドな男くさい盗賊にぴったりな中井さんの声!やっぱ赤おにもいいけど、♂の匂いプンプンの中井さんっていいなぁ~。でも、<黒盤>ワルい男編の割にはいい人に聴こえてしまうのは、中井さんのお人柄でしょうか?

◇ギャンブラー:浜田賢二
もうめろめろめろめろめろめろめ・・・・・(溶解)
洋画ボイスの浜田さん素敵すぎ!!こっちは心底ワルい男です。もう本当に「こんな男に惚れたらヤバいって!」って感じのタラシなギャンブラー。甘い囁きと硬質な駆け引きを、巧みに使い分け自分の人生そのものが賭けな男を演じる浜田さん・・・。フリトでは難しかったとおっしゃっていましたが、なんの!「おまえ賭場ごとにそんな女を据えてるんだろー」的なヤバい男っぷりがたまりません。ディーラーを務めたバニー嬢も、立会人の2人もグルだろ?とそう思わせてしまう演技プランが素晴らしいです。ありきたりだけど面白いストーリーだから、欲を言えば一人芝居でなく相手の女役に小林優子さんでも配して、きっちりドラマCDとしても聴いて見たいかも~。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-10-28 11:17 | 声萌え

朗読 浜田広介名作選集(非BL)   

a0106747_10111329.jpg「泣いた赤おに」中井和哉
「むく鳥のゆめ」保志総一朗
「りゅうの目のなみだ」中村悠一


”日本のアンデルセン”と呼ばれる浜田広介の名作を声優が朗読したCD。お話自体は有名なものなので、誰もが一度や二度くらいは目にするものですが、これがプロの朗読となると、こんなにも話に厚みが増すものなのかと本当にびっくり。張り切って甥や姪にも聴かせたい、そんな1枚。

◇「泣いた赤おに」中井和哉
BLでお耳にかかる中井さんは、チャラ男だったり王だったりと結構男くさいイメージの声と言う印象が強かったんですが、なんてあったか~い声が出るんでしょう☆赤おにの誠実な想いや村人の動揺、青おにの友情と切ない気持ちがダイレクトに胸に響いてきて、いい年の大人のクセに目を潤ませて聴き入りました。

◇「むく鳥のゆめ」保志総一朗
保志クンの声って優しいよなぁ~と常々思ってはいたんですが、こんな童話の世界には本当にピッタリで嬉しい。正直お話自体はやや難解で、自分の理解力の不足のためか、良くわからなかった・・・と言うのがちょっと残念であり、これを機会に原作をちゃんと読んでみようと思った次第^^;。

◇「りゅうの目のなみだ」中村悠一
ゆうきゃん!ゆうきゃん!!あなたは何者ですかっ?!と、個人的に大興奮してしまったゆうきゃんの一人芝居。ここまで彼の主役・脇役の作品をいくつか聴いてきて、「力むと言い回しが神谷選手っぽいな」とか「微妙に櫻井クン風味かな?」とか、自分の中でイマイチ定まらない声だったわけですが、これがもうびっくり!!こんな多彩な声が繰り出せるなんて凄い。ってか、この人自分の声をまだ自在に使いこなせてないのか?とふと思ったりして・・・。演技力と言うより声色のすばらしさが尋常じゃありません。BLモノだと相手に合わせすぎって言うか、相手にちょっと引っ張られる感があるんだよね。モリモリとかミキシンとかコヤPみたいに、有無を言わせない「瞬殺声」を使いこなせる(ってか早く自分の中から見つけなさいって感じ)ようになると、5年後くらいには次期帝王の座にもっとも近い男になっているかも。そんな予感がしました。(龍の時の声なんか鳥肌モノってかゾクゾクしましたよ。)
[PR]

by lovelove-voice | 2008-10-28 10:10 | ら行

神官は王を狂わせる   

a0106747_1135834.jpgcv:中井和哉×千葉進歩


前作で、どうにも違和感アリアリだった女性のナレーションがなくなった事で、個人的には随分と聴き易くなっていた。今回は羅剛王@中井さんの視点で物語が進むので、中井さんファンはナレ・モノローグ・セリフと存分に声が堪能できます。虹の御子・冴紗@千葉ちゃんがまた愛らしい声を出していて・・・無垢の割には無自覚に欲しがっていて、なかなか千葉ちゃんGJです(笑)。フリトでおのでぃにも「千葉兄ぃやんの声が色っぽくて~」と言われてましたが、いつも思うけど挿○の進行具合までわかりそうな(ぇ、息遣いがヤバいくらい上手すぎです。永均@梁田さんの声もステキで、キャスティングも満足。ややBGMがしつこい感じはしたけれど、それは良しとしましょうか。
それにしても、前作の”尊い御腰の剣”にも笑いましたが、今回の”果実”には吹き出しました。いくらやんごとなき方の発言とは言え・・・(苦笑)。「王朝夏曙ロマンセ」の”なすび”発言も笑激でしたが、もうちょっと何とかならないもんでしょうか?笑えて困ります。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-05-07 11:16 | さ行

やっぱり君を好きになる   

a0106747_92932.jpgcv:中井和哉×野島健児
cv:石川英郎×千葉進歩

美術教師と研修生・社会科教師と高校生の2組のCPで、なんだかほのぼのとしたストーリー、エロ度低めです。安易にホモってる感じはBLにありがちな展開ながら、BGMも程よく軽く爽やかに聴けるコメディタッチの1枚。特に、松川先生@千葉ちゃんの天然ボケっぷりが、普通こんなにボケてるとちょっと不自然になるんじゃないか?と思うくらいのところを、イヤミなく聴かせてくれるあたりが上手いなぁ~と。結構好きな中井攻め・石川攻めですが、ちょっとやんちゃな感じで好感度UP。ノジはツンの匂いを感じさせつつ実はスキスキで、そこいら辺の匙加減が絶妙☆チョコレートの件など、照れて耳が赤くなってるのが目に浮かぶような声でカワイ~イ。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-01-29 09:41 | や行

神官は王に愛される   

cv:中井和哉×千葉進歩

なんかもうイヤ~ン(笑)。中性的なトーンの冴紗@千葉ちゃんの声は大好きなんだけど・・・けど・・・あの声で「お許し下さい」だの「お止しになって・・・」だのと言われると、自分が悪代官にでもなった気分になり、妙にムズムズしてしまう。お伽噺チックなストーリーで、神とか王が題材だから本来高貴な話のはずなのに、手篭めにされる町娘みたいな千葉ちゃんがこっぱずかしくてたまりません(大照)。羅剛王@中井さんも好きな声なんですよー。でも中井vs千葉ちゃんだったら、是-ze-の近衛と阿沙利に会話の方がだんぜん好みです(BLカプじゃないけどね)。
BLCDにはめずらしい女性のナレーションですが、これがまた「なんと言うことでしょう」なんて語り口に、思わず某TVのリフォーム番組を思い出して吹き出すことしばし・・・。何とも微妙で不思議なCDでした。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-09-05 00:04 | さ行