タグ:三宅健太 ( 9 ) タグの人気記事   

兎オトコ虎オトコ   

a0106747_1546292.jpgcv:三宅健太×宮田幸季


ある満月の夜、大学病院の外科医:卯月@ヘリちゃんは帰宅途中、拳銃で撃たれ道端に倒れているワケありな男(ヤクザの野浪@健太)を助けるハメに。問われて思わず名前と勤務先を答えてしまった卯月が何故か気に入り、後日病院へ押しかけた野浪の”愛しのナイチンゲール「すずきさん♀」”捜しが始まった・・・。

強面なのに動物にはめっぽう弱い虎オトコ=健太・外科医の割りに気が弱く小動物系兎オトコ=ヘリちゃんだなんて、キャスティングだけで”勝ったも同然”なハマりっぷりではあると思うがな(笑)。それに加えて、結構な無理難題に振り回されながらも飄々としている野浪の舎弟:タカ@羽多野クンの、ヘタれでも犬でもない普通の感じがさりげなくてマル。「すずきさん♀」を捜すあいだに、頻繁に聴ける”ナイチンゲー”発言も、下品に聞こえないあたりは羽多野クンの人柄の成せる技か?
絡みは未遂ながら、健太とヘリちゃんの声のバランスは良く、次回はがっつりと聴けるのか??と期待に胸ふくらんだ音色♪しかし、「クララじゃなくて俺のナニが・・・」発言がリフレインの間中、流れるBGMがヨーデルってどうなのよ(笑)思わずMAXになったところでヨ~レイヒ~♪と掛け声かけたくなったじゃないか(やめなさい)。コメディタッチで楽しく聴ける、気軽な1枚。
[PR]

by lovelove-voice | 2010-04-13 16:00 | あ行

ただ一人の男   

a0106747_15205420.jpgcv:森川智之×石川英郎


幼い頃に体験した陰惨な事件から、人間をモノとしてしか見ることができないバーテンダーの如月巳波@石川さんは、時折そのトラウマで悪夢を見る。全身が冷え切って目覚めた朝には、同居人である元ヤクザ尾崎一雅@もりもりの熱で暖めてもらわなくては生きていけない。成熟した雄の魅力を持つ尾崎だが、如月に対してセックスを求めることはない。そして如月も尾崎には性的ニュアンスの想いは持っていないはずだった・・・。

久しぶりに♂のフェロモンがダダ漏れてるもりもりを堪能♪いやあ~イイもん聴かせていただいてご馳走様です^^。設定が特殊な上、やや突飛な感じがするのでちょっとストーリー的には馴染めないものの、それをさておいても、久々に聴く男臭くも色気全開のもりもりが良すぎて倒れます。互いの気持ちを隠し、尾崎に気がある客をけしかける如月と、それを腹いせ半分遊び半分で口説く尾崎、この時のもりもりがもうたまりません(悦)。最近サイドチェンジなもりもりの作品が多かったせいか、低音攻めに飢えてたらしく、尾骶骨直撃な攻めボイスが非常に心地良くて、大変美味しくいただきました☆もっと攻めようよーもりもり!受けの石川さんはフリトでも「受けが難しい年に・・・」とおっしゃってましたが、会話は色っぽく絡みはちと辛そうで(笑)お疲れ様でした。個人的には石川さん攻め推奨派なので、次回はかっこいい攻めでお願いします。脇を固める元舎弟の篠塚@健太、最近脇でいい仕事するねぇ~☆面倒見が良さそうなラーメン屋の店主が、全体に重くなりがちなストーリーにメリハリをつけてくれていてGJです。
と、声的には結構満足したこのCDなんだけど、BGMがねぇ(苦笑)。このレーベルさんって、元々音源が乏し過ぎるのか、制作費が非常に厳しい状態にあるのか、BGMには無頓着なのか、そこら辺の事情はわからないけど、なんだかとっても酷いです。あのメロディが流れてくると、一条さん・平りん・羽多野クン等々いろんな人の声が脳内を交錯して、一瞬ストーリーを見失ってしまう。半ば諦め加減で聴く最近だけど、もうちょっとBGMに気持ちと金をかけてくれませんか?
[PR]

by lovelove-voice | 2009-10-21 15:23 | た行

闇に契りし者、汝の血を   

a0106747_11562577.jpgcv:三宅健太×日野 聡


人に言えない出生の秘密を抱え、ロンドンの下町で身を隠すように薬局を営む月笙@日野ちゃま。そんな月笙のところへある夜、司祭アレクシス・ダウディング@健太が現れる。彼の正体がわからないままアレクシスの匂いに酔い、躯の疼きと痺れが襲ってくる・・・。

3枚組・・・長かったなぁ~と言うのが正直な感想。もうちょっとうまくまとめたら、2枚組くらいで聴き易くなったかな?それでも健太×日野ちゃまは、確かお初の組み合わせのはずなので、そこはとっても期待して聴いた。ちょっと心に闇と謎を忍ばせて月笙に近づいていくアレクシスに、健太の低め&やや甘味の声が耳に心地いい♪そして、身を隠すために薬局の老人になってる日野ちゃまのおじいちゃん声が凄い!本当に老人みたいな声が出てます。「交渉人~」のキヨ、「コルセーア」のオルセン大公、「SASRA」の一と、出演作ごとに新しい声を聴かせてくれる楽しみな声優さんなんだけど、今回はこの老人声もさることながら、喘ぎ声のスキルが物凄く好みに仕上がっていて非常にシアワセ☆なんだかとっても気持ち良さ気です(笑)。
ストーリー的には、なんとなく先が読めちゃう感じだし、もっとおどろおどろしい役なのかなぁ~と期待したユベール@ミキシンもそれほどでもなく残念。(だってやっぱ期待するでしょ?ミキシンだから)声を楽しむならスポット聴きで萌えは充分あります。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-10-20 11:58 | や行

男性声優メドレー10   

いやあ~いろいろと声優さんって凄いなぁと感心させられます
それにしても3曲目くらいの健太・・・壊れすぎです 笑いすぎて腹いてー(爆)


[PR]

by lovelove-voice | 2009-10-13 19:23 | 声萌え

NOW HERE   

a0106747_1572971.jpgcv:鳥海浩輔×飛田展男


とある会社の営業担当:福山@鳥海クンが、酒に酔った勢いでお持ち帰りしたらしい男は、同じ会社の経理部長:仁賀奈@飛田さんだった。50歳まで童貞で今まで誰とも付き合ったことのない仁賀奈の初心さに、からかい半分で”年下の恋人”を演じ、付き合い始めた福山だったが、やがて・・・。

うーん・・・、私的にいろんな意味で難しかったなぁ~。飛田さんが芝居巧者なのは言うまでもなく、古くは富士見シリーズのマリア(※)、「梨園の貴公子」の紫川など、本当に多才な声を繰り出され、その度に驚かされる大好きな声優さんなので、どんな演技プランで望まれるのかをとっても楽しみにしていた部分もあった。そう言う意味では満足もしたし、やっぱり飛田さんって上手いな~と感心&感激した。ストーリー的には年の差オフィスラブなので、特にドラマティックな展開もなく、ゆったりと落ち着いて聴ける流れ。しかし50代の男にしては余りにも枯れ切った声過ぎて、”飛田さんの美声はどこ?”とちょっと悲しくなったりしながら聴いていた。でも巻末フリトで作家さんの希望により、そういう声設定になったんだとの話があり、一応気持ち的には納得した。残念感は拭い去れないが・・・。鳥さんは得意(?)のオレ様攻め系、やや鼻持ちならない出だしから惚れた弱みでだんだん柔らかくなっていく細やかな表現は、いつもながらとてもGOOD。特筆すべきは行きつけのバーのレヴィ@健太!!逞しく可愛らしく、お茶目で人情に厚い素敵なオカマを好演♪「かわいい悪魔」の時の強面なのに乙女ちゃんだった時と同様、素に近い健太声のなんとチャーミングなこと☆もはや笑いを通り越した愛しさを覚えます。
好き嫌いは大きく分かれそうな作品だけど、声優さん達の熱演とBLCDリスナーとして、食わず嫌いせず一応聴いて見る価値はあるオリンピックCDだと思います。

※ 富士見シリーズのフリト盤で、増谷さんと台本ナシで掛け合った「宇宙戦艦ヤマト」は、鳥肌モノに凄かった。機会があれば是非聴かれることをオススメします。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-10-05 15:13 | な行

神官は王を恋い慕う   

a0106747_13331636.jpgcv:中井和哉×千葉進歩


虹の御子冴紗@進歩クンと羅剛王@中井さんのステキなステキな恋物語。御伽噺ちっくで、美しいBGMと進歩のナレーションで滑らかに心地よく紡がれるストーリーにうっとりと・・うっとり・・・と。

ぶわぁははは---!!ごめんなさい、本当にごめんなさい。近来まれに見る”笑いの神”が降臨してしまったこの3作目。もう、どこから突っ込んで良いものやら、心底腹の皮が捩れるかと思いました。最近、切ない恋の物語に涙するCDが多かった中で、笑いすぎて涙が零れた。いやストーリー的には決してお笑いじゃないんですよ、むしろいい話であるしハッピーエンドだし、どこにもコメディの要素なんて微塵も見当たらないんだけど。美しいピアノの旋律に乗って、しっとりとした声色で語られる冴紗様のド天然なボケっぷりがあまりにもツボであっただけで(笑泣)。そのすべてのアンバランスさ加減が絶妙で、真面目に語れば語るほど笑いを誘う進歩が愛しすぎて腹が痛い。目をキラッキラに輝かせながら娼婦たちの指南に聞き入る様子が目に浮かぶ、ウブ過ぎる言い回しがもうたまりません。こう言う一歩間違えば”わざとらしく”なる部分で、ギリギリに押さえて笑いを取る(いやそんなつもりはないんだろうけど)進歩の匙加減ってなんだろねー。可愛らしすぎて聴いてるこっちが羞恥に身悶えます。はっ・・・これは進歩にプレイを仕掛けられているのか?←そんなことはない
その後、そのスペシャリストに指南してもらった「跨ぎの儀式(笑)」も、「見せびらかしプレイ」も、さすがはイケナイシチュエーションでの演技が秀逸な進歩ならではの喘ぎを、もちろん充分堪能させていただきましたので、そっち方面も満足度高し♪願わくばしっかりとイキ切って欲しかった気もするが。
すごくおっとこまえな中井ボイスもうっとりだし、今回初登場の萋葩王@健太もお得意の悪者声でいい感じ。ずっしりと重いテーマのCDや、ぐっと胸をつかまれるような切ないCDを聴いた後にはうってつけ。結構リピ率が高い楽しく聴けるいいCDだと思います。(フォローになってないか?)
[PR]

by lovelove-voice | 2009-05-16 13:35 | さ行

Rush!   

a0106747_23541672.jpgcv:羽多野 渉×鈴木達央


うん、フリトの三宅氏の弁じゃないけど「若いね~」な感じの学園ラブコメ。それはそれで可愛らしく面白かった。おっとこ前なたっつんの純情襲い受けも、受けよりも喘ぎが色っぽい羽多野クン(事後の吐息がものすごく受けくさくて、しかもリアル)とか、いろいろ聴き所は満載のような気はするが・・・。兄役の三宅氏は、受けちゃんにセクハラする声がとってもいやらしく、オヤジ臭かったのが良かった(笑)。ファンなら楽しめる1枚でしょうか?

More
[PR]

by lovelove-voice | 2009-03-01 00:06 | ら行

欲望の犬   

a0106747_915951.jpgcv:三宅健太×坪井智浩


「レシピ」の時に、優しい爽やかなボイスで変態カイヤを演じてくれた坪井さん。ちょっとクセになりそうな攻め声だったんですが、今回は受け!です。お相手は三宅さん、ミドリンに吸い尽くされていた大学生役が妙に私的ツボに嵌ってて、強引なワイルド系の低音が好みな声質、梁田さんを粗野にした感じ?かな。
検事とモデル、しかも好物の年下攻め♪で期待度高かったんですが、これがまた別な意味でいい裏切られ方をしたんです。自由度高く、奔放で本能のまま欲しがる大型ワンコの大貫@三宅さんが、なんともチャーミングで!水上@坪井さんはお堅い職業でストイックさを醸し出しながらの誘い受け(笑)。っつーか、最初の晩にワンコを拾った時からやりたい気持ちが全面に出てますってば。ラブシーンは濃厚・・・こってりと楽しませてくれます(BGMないし)。最後のトラックで水上が大貫にぶら下げるニンジン、妖しく囁く「知りたくない?」に、坪井さんの次回作に大きく胸が膨らみました。
元カレ役で出ていたコヤPですが、これがまた好みのトーン(うっとり)。が!なんでこんないい人で終わっちゃうかな##。ホテルにまで連れ込んでおいて、手を出さないなんてコヤPらしくもない(違)。いや折角なのでヤッてもらいたかったと小一時間・・・いい人役のコヤPもいいんですけどね。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-09-05 15:15 | や行

レシピ   

<レシピ>
cv:坪井智浩×岸尾だいすけ
坪井さんってCDではお初にお耳にかかるお声ですが、優しいトーンでクセがなくなった藤原啓治さんみたいな感じのお兄ちゃんボイス。なんですがっ!こんな優しい爽やかなボイスで変態(笑)、いやあもう本当に変態なんですよ。お相手の岸尾クンが弄ばれて、堕とされていく様がもうかわいそうやらもっとやれーやら(ぉ)。個人的には、この声の質嫌いじゃないので、他の作品も物色してみようかな?って気になってます。

<死んでもいい>
cv:三宅健太×緑川 光
わはは!わははは!ミドリンがやってくれました。今までなかった“絶倫受け”もう最高です。この役にミドリンを持ってきた人ナイス。三宅さん、心底吸い尽くされてます、お気の毒(爆)。ちょっと前に聴いた「是-ze-2」では、粗暴な感じがちょっと・・・だった三宅さんですが、こんな絶倫受けにヤラれる役柄にはピッタリでした、本当にお疲れ様でした(笑)。

<ぼくのすきなおじさん>
cv:一条和矢×福山 潤
犯罪!犯罪です!レッドカードびしばし。一条さんヤバ過ぎ・・・(倒)。なんでこの人こんなにエロいかなぁ。もう50音すべて、口から出る音が滴るほどエロい(笑)。「エビリティ3」のアルベルトは爽やかさとラテン系の明るさがあったのでちょいエロな感じで済んだけど、今回はちょっとクセのある生粋のゲイ医者、しかもお相手の福山クンは中学生ですよ。もう犯罪、どんだけエロいんだおまいらはー。と、結構書いてはいますが、年の差(援交ばりに)CPって好きだったりします(ぇ)。福山クンの受けは正直ちょっと微妙にツボから外れてはいるんですが、これはまだOKでした。ショタ苦手ってわけでもないけど、何故だろう福山クン・・・。同じショタ系でも宮田クンや岸尾クンはバッチこい!なんだけどな。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-09-04 16:16 | ら行