<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

座布団2 初助編~花扇~   

a0106747_12245019.jpgcv:黒田崇矢×三木眞一郎


今や当代きっての人気落語家になった三九亭感謝@勝平ちゃんは、師匠の初助@ミキシンの本を書きたいと言うライターから食事に誘われる。感謝の事を影で支えるパートナーの寒也@神谷選手と共に待ち合わせた露店で、酒を飲みながら語られていく師匠の半生。生前「プロの女より男の喰い方が上手い」と言われた師匠には、意外にも一途な愛を貫いた運命の恋物語があった・・・。

前作の「座布団」に感激し、続編を心待ちにしていた。今回は初助の過去話であり、しかもお相手の寺田銀治郎が黒田さんとあって、どんだけエロ濃く滴るような物語かと思い、原作未読者としては気合を入れて聴いた(笑)。ほら普段の黒田さんってエロい・クドい・怖い(褒めてます)ってイメージ強いからさぁ。ところが物語は純愛で、予想を裏切りと言っては大変失礼だけど、エロくない黒田さんの演技がすばらしくブラボーで泣けたよ。熱っぽくならない熱演(なんかややこしいな)で、昭和のかほり漂う高倉健風味の男前具合がステキ!あと3日戦争が長引いていたら、特攻で大空に散っていたと言う伯父を持っていた世代としては、「命あることを悔いて恥じて」生きていた男が持つ影と言うか疵と言うか、言葉にできないものを背負い続けた”戦後の男”って感じが良く出ていて胸が痛んだ。同じ低音系でも大川さんや梁田さんなんかだと、優しさに流れすぎてあの背中の哀しみが出なかったような気がして、黒田さんのクセがある低音で聴かせられると、不器用な頑なさと心根の優しさのバランスが良く、すごく心に訴えかけてくる。
ミキシンの初助は、艶と婀娜とかんしゃくを持ち合わせた芸術肌の落語家のイメージに良く合っていたし、芸のためにわが身を金に換えることも厭わない、したたかな骨太さも感じさせる巧演。”泣きのミキシン”の手管にそうそう堕とされてたまるかっ!と意地を張りつつ目を潤ませて聴き進んでいたけれど、最後のモノローグで語られる”風”の話で、ついに涙腺が大決壊(号泣)。久しぶりにBL聴いて目が腫れた。修羅場の人生の中で、そっと大切に仕舞っておいた男の純情にダダ泣きした。脇の勝平ちゃんも神谷選手もいい味出してるし、下村役の緒方賢一さんも重厚かつ脂ぎった、いやらしさ全開の狸爺ぶりで(賞賛です)えげつない悪役とは、かくあるべしの声色。時間にゆとりを持ってじっくりと堪能したい、そんな1枚。

と言う事で、作品については一切不満はないけれど、前回同様BGMに対する気遣いのなさには、腹が立つを通り越して呆れる。こんな良い作品は別のメーカーに変えたほうが良くないか?(大怒)
[PR]

by lovelove-voice | 2009-11-30 12:33 | さ行

独裁者の恋   

a0106747_1881065.jpgcv:小西克幸×福山 潤


専門学校に通う水瀬祐@じゅんじゅんは、幼いころに観たモノクロームのショートフィルムが忘れられず、映画関係の仕事に就くことを夢見て、知り合いの編集プロダクションでアルバイトをしている。ある日、そのバイト先の紹介で、有名な映画監督の孫であるサイモン・ロイド@コニタンの通訳兼ガイドを引き受けることになった。サイモンは、初対面でいきなり服装にケチをつけ、傲慢な態度で偏屈な男だったが、実は・・・。

ロッセリーニシリーズのスピンオフ。「捕獲者」の時に、成宮@ノジが間違い電話をかけた相手だったサイモンの、あしながおじさん的恋のおはなし。まずキャストがコニタン×じゅんじゅんと言うことで、新鮮味はないものの、聴く前から安心してストーリーに入っていける幸せ☆目新しい組み合わせの作品も楽しみではあるけれど、過去のロッセリーニ3作品を既聴している身としては、あのうっとりとする世界観に即浸りたいわけなので、絶対間違わないカップリングと言うのはとても嬉しい。プライド高く傲慢で偏屈、第一印象がイヤンな感じのサイモンに想像したよりも低めのトーンで来たコニタンに、そうそうこれ!これ!!と大喜び。最初硬い声色が、徐々に甘く変化する時のコニタンは大好物です(笑)。惚れた弱みでだんだん糖度が増す感じがたまらなくイイのよね~。お相手の水瀬(みなせと読むのね)に一番大好きな青年トーンを当ててきたじゅんじゅんがこれまた耳のご馳走で♪これの本編「捕獲者」もそうだけど、結構シビアなビジネスの話がしっかり軸として据えられているので、そう言うところも年齢高めのリスナー(笑)としては聴き応えがあり、単なるBLCDとしてだけじゃなくドラマとしても充分に満足したし面白かった。個人的には、このロッセリーニシリーズ全作品を通じて、BGMがとても美しくロマンティックな点も気持ち良く聴ける大きなポイント。脇を固めるノジとサイモンの秘書:クリス@野島兄の兄弟共演も、声フェチにはとてもステキなお楽しみ。最後のくだりで、それまで本筋にちりばめられていた小さなエピソードがちゃんと拾われていたのも心憎い。
幼いころの出会いと再会、意地を張ったりすれ違ったり、恋愛模様の筋書きとしてはまさに王道。でも、王道を名乗るに相応しいキャストとロマンティックな音楽とともに、自分の中で朽ちかけた乙女のかけらを拾い集めて、心躍らせて聴いたそんな作品。

マニアックな萌えツボ♪
[PR]

by lovelove-voice | 2009-11-29 18:06 | ロッセリーニ家シリーズ

SIMPLEX (DEADLOCK外伝)   

a0106747_16191189.jpgcv:遊佐浩二×遠近孝一


犯罪心理の教授ロブ・コナーズ@ゆっちーのバースディパーティに、お馴染みのメンバーのネト@健太・トーニャ@ちーちゃんの兄弟や、ユウト@ゆうきゃん・パコ@俊彦さんらが集っていた。ちょっと遅れてユウトのパートナーのディック@安元氏は同僚のヨシュア@遠近さんを伴って到着。和やかにパーティーが進む中、そこへドアチャイムが鳴り、届いた謎の贈り物。中身はなんと切り落とされた片耳だった・・・。

DEAD LOCKシリーズ外伝。本編ではディック×ユウトの良き理解者で、当て馬的ポジションだったプロフェソルのロブ。ユウトに心惹かれながらも袖にされていたロブにもちゃんと春がやってきましたよ♪インテリでシニカルな役をさせると本当に光り輝くゆっちーがステキ過ぎて、大好きなキャラだったロブなんだけど、今回は、結構ええかっこしいで、ヨシュアの前では大人ぶって余裕かましてる風を装いつつ、周りには丸分かりなんて言う、そんな恋する男の可愛さとかっこ悪さを魅せてくれる。そこら辺の絶妙なチャーミングぶりがホントに上手いな~ゆっちーは。お相手の遠近さんはメイン初聴きなので、すごく楽しみにしていたんですが、これが想像以上に私的ツボど真ん中で超絶好み!ちょっとくぐもった笹沼さんみたいな感じで、息多目のセリフ回しがたまりません。過去の生活環境や、犯罪に巻き込まれて命を落とした姉への想いから、頑なに他人との距離を取ろうとするそっけなさの中に、本来は人恋しがりなんじゃないかと思わせる、ふわりと寄りかかるような柔らかい音色のバランスが絶妙♪今まで脇ではいくつかの作品でお耳にかかっていた遠近さんが、こんなにもBL受け向き(笑)だったなんて喜びの舞。絡みシーンでの吐息やちょっと上ずる喘ぎが、実に上品かつリアルでゆっちーの低音攻めにとても相性良く聴き易い。そうそう、そのベッド上でヨシュアがロブのを”今、握った!”とわかる瞬間があって、ロブの熱を感じたヨシュアの、悦びの色が混じった「あぁ・・」と、感じ入ったロブの「はぁっ・・」のハーモニーが、臨場感と言うか本当に気持ち良さ気で萌えに萌えました^^。一部BGMが大げさかなぁ?と思うところもあったけど、アメリカのTVドラマ好きとしては、むしろそれっぽい感じでいっかぁ~な感じ。
エンディングのちょっとしたエピソードも微笑ましく、これの続きがあるなら是非続編もCD化希望☆相変わらず、いや一層麗しいレディーボーイ声のちーちゃんやネトのほうにも、今後話が拡がっていかないかなぁ~なんて、つい期待が膨らむDEADシリーズです。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-11-27 16:23 | さ行

2乗な恋の駆け引き   

a0106747_16243332.jpgcv:平川大輔×水島大宙


フードコーディネーターの一乃瀬瑞紀@水島クンは、斉園寺グループの御曹司:優人@平りんと恋に堕ち、ラブラブな同棲生活を始める。しかしある夜、街中で見かけた優人は冷たい眼をしたまるで別人みたいで・・・。

はいっ、と言う事でいつものように、ためらいもなくホモ・出オチならぬ出エロ上等・・・と思いきや、意外にもこれがシリアス路線。いや、普通にホモだしトラック1からお約束のHではあるんだけどね。幼い頃のトラウマで二重人格になってしまった優人(裏の顔は壊人)の、殆どトーンを変えずに口調と響きで演じ分けてしまう平りんがとても上手い。某ゲーム派生の眼鏡キャラみたいに別人仕様じゃないので、本人もフリトでむずかしかったと言っていたけど、いやぁ~お見事な二面性でした。特に、裏の壊人が最初のクールな感じから、徐々に瑞紀に惹かれて柔らかい声色になって行く所が、なんともステキ。お相手の水島クンが、最初可愛いアホっ子受けちゃんか?と思わせる始まりで萎えかけたけど、これが母性っぽい包容力を持っていて、なかなかにしっかりした魅力的な仕上がりになっていてGOOD。壊人とのお家デートのシーンでは、切な甘くてちょっと胸がきゅんとしたぞ!表の優人との絡みよりこっちの壊人との絡みの方が、気持ちがこもってて萌えたな~。エンディングのエピソードもちょっと泣かせるいい話になっていて、さりげないBGMとともに聴き終わりがとても気持ち良い、サクッと聴き易い作品です。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-11-16 16:29 | な行

迷える庶民に愛の手を   

a0106747_123101.jpgcv:羽多野渉×梶 裕貴


一流セレブの息子ばかりが通う超おぼっちゃま男子校に庶民枠で入学した吉良薫琉@梶クンは、入学早々”VIP生徒”と呼ばれる御園生衣邑@羽多野クンのお世話をする『リザーブ』と言う役目を命じられて・・・。

この作家さんの作品を過去に幾つか聴いていて、ためらいもなくホモ・出オチならぬ出エロ上等(笑)な作風だったので、頭カラにして気軽に聴けるぞ~と心安く聴き始める。ストーリーは王道でありがちだけれど、最初傲慢に見えた御園生が意外に純情だったり、家の借金返済に奮闘する吉良が健気だったりで、結構内容を面白く聴いてしまった。なんかちょっと負けた気分だけど(何に?<笑>)ほのぼのと良かったんですよ、これが。
リザーブと言うメイドのような奴隷のような立場の子に、どんどん絆されていく御園生に”これでもかっ!”ってほど包容力を発揮する羽多野クン、セリフは結構エロいのに優しくほんわかした声色でとってもイイやつな上に、お仕えする梶クンが健気ながんばる君が良く似合う声で可愛いこと☆最初からお触りとかは結構あるけど、なかなかホンバン(なんかやらしい表現だな)には行かないところが、この作家さん”らしくなく”もどかしくて、思わずツボにはまった。しかし、やっと迎えたあの絡みシーンのBGMはいただけんよなぁ~。ボリューム大きいし有名な曲だし、次からこの曲を耳にするたび梶クンの喘ぎがセットで空耳しそうです(笑)。
脇のあて馬で2ndVIPの近藤クン、最近目覚しい勢いでBLCD界に進出してるけど、これが出る役ごとに全然違った魅力があって、私的赤丸急上昇!!目が、いや耳が離せない気になるアイツです。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-11-12 12:09 | ま行

セブンデイズ FRIDAY→SUNDAY   

a0106747_11262358.jpgcv:中村悠一×福山 潤


人を好きになるって、本当に辛い・・。「夢を見るには充分な一週間」だと女友達は言った、でも僕にとっての一週間は・・・。

弓弦@じゅんじゅんより一足先に、自分の想いに気付いた冬至@ゆうきゃんは、弓弦の中にも自分と同じ気持ちを感じ、些細な会話や仕草の一つひとつに、期待と不安で胸が苦しくて仕方なくなる。一方の弓弦は、自分の気持ち”だけ”を自覚していて、内なる葛藤に悶々とする日々。弓弦にとって居心地良く優しい冬至、でもこれって相手を思いやっているようでいて、自分が傷つくのが怖いことの裏返しでもあったりして。このイマイチ煮え切らない感じがすごく上手になったなぁ~ゆうきゃん。前作から2年の時を経て、さまざまな役柄を演じてきた積み重ねが、このいい感じにずるい声色になっている。このニュアンスって無自覚で出してるのかなぁ~?もし自覚して出してるとしたら、これはちょっと末恐ろしいニオイがします。一見、自分勝手に見える弓弦の行動(単にてんぱっちゃってるだけ)だけど、むしろその内なる思いに対して真っ直ぐ正直に、きちんと向き合う様が潔い。それが弓弦と冬至の弓を射る姿に対比されていて、こう言う手法も好みでGOOD。余談だが、弓道の知識が殆ど皆無だったもので、用語がわからず劇中に出てきた早気、もたれ、皆中、などについてもちょっと調べてみて、冬至の気持ちの揺れがすごく良くわかり、切ない気持ちが倍増した。
「恋をするのに充分な一週間」そんな最後の日曜日に互いの想いが通じ合い、思わず腰が抜け涙ぐむ2人の情景が目に浮かぶ。じゅんじゅんとゆうきゃんの嬉しさと安堵に溢れたセリフの一つひとつに、そして心地良い余韻が残るBGMとその使い方に目が潤む。青春の甘酸っぱさと爽やかなドキドキ感を思い出させてくれ、聴き終えた後に、暖かい気持ちがじんわりと広がるオススメの秀作。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-11-09 11:35 | さ行