<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

交渉人は疑わない(2枚組)   

a0106747_125431.jpgcv:子安武人×平川大輔


国際紛争と嫁姑問題以外はよろず揉め事引き受けます、と東京両国に『芽吹ネゴオフィス』を構えた芽吹章@平りん。しかしそこは周防組のシマで、仕切っていたのは高校時代の後輩で若頭の兵頭寿悦@コヤP。学生時代から芽吹が好きだった兵頭とは、ちょっとイイ関係になっている。ある日依頼人として現れた男は、兵頭の過去を知る溝呂木@石井真だった・・・。

前作があまりにも好きで好きで、メーカーに続編希望のメールを連打しそうになる自分の欲望を抑えつつ、指折り数えて待つこと2年。良い子にして待っていた甲斐がありました、神様ありがとう!また兵頭と芽吹に再会できた喜びをかみ締め、あっという間に一気聴きした2枚組。期待が高ければ高いほど、コケた時のショックは立ち上がれないほどなので、実は好きな作品ほど続編は気持ちを抑えて聴こうとするわけですが、まったく持って杞憂も杞憂!一瞬でも弱気になった自分を叱りたいほどの秀作に、CDが届いてから3日間と言うもの、喜びの舞が止みません。
まず、出だしのホストクラブのシーンから意表をつく展開に、つかみはOKどころか即ストーリーに惹きこまれ、潜入捜査(?)でホストになったアッキー(芽吹)を口説くコヤPの「アッキー、ほらもっとこっちに来いって」の気だるい一言で早くも昇天しました。この作家さんお得意の、会話のテンポとセンスの良さが随所にちりばめられて、笑えるわハラハラするわ泣けるわで、最後のエピソードまで本当に楽しく聴けた。前回未挿入だったこのCPも、今回はめでたく合体したわけだけど、そのシーンが若いCPなら流れでイッちまえ的な展開になりがちなところを、大人であるが故のためらいや思いやりや、過去へのこだわりが邪魔をして、なかなか一歩が踏み出せない。そんな中で見せた芽吹の超男前な潔さ良さと、照れ隠しの情緒のなさに焦れ、堪えきれずに“うっちゃり”をかます兵頭の力技に、大人の純真と本気を感じ、がっつき且つ物凄く本気で気持ち良さそうな2人に“良かったね~”と目が潤んだあたしは、すでにさゆりさんの域か?(笑)
美貌のアシスタントのキヨ@日野ちゃまも、どうやら生意気なガキ智紀@梶クンがお気に入りらしく、特典のブックレットによればこちらの展開もありらしい。本編も更に続きがあるらしいので、次回は2年越しの焦らしプレイなどせずに、スピンオフ共々さくさくと音源化されることを切に望みます。

余談ですが
[PR]

by lovelove-voice | 2009-08-29 12:12 | か行

戦国武将物語(非BL)   

a0106747_1543587.jpga0106747_1544485.jpg

a0106747_1561833.jpga0106747_1562680.jpg

内容やキャストの詳細はコチラ→戦国武将物語公式サイト

コミックマーケットへ出向く友人に無理を言って買ってもらった限定セット。
くそ暑い最中に、しかも風呂に入ってない臭い野郎どもに揉まれる大変な目に遭わせてしまって、本当に申し訳ない思いですが、買ってきてくれてありがとう~~~☆愛してるよ♪
昨今流行りの歴女でもないし、特に武将好きと言うわけでもないけれど、声フェチなら黙って見過ごすことなどできぬ相談なわけで。バラで買って1枚¥3,000円なら、おまけCDもついて7枚セットで¥10,000円なら安いじゃん!などと、まんまとメーカーに踊らされた気もするが・・・。
いいんです、お祭りなので喜んで踊っておこう(笑)。

正式な発売開始は9月に入ってからのようなので、内容のレビューは書かずに置きますが、日頃お耳にかかる声優さんが、ほぼBL系CDにご出演の方に偏っているので、こっち方面にお出にならない(もしくは以前はお出になってた方や復帰された方)のお声が聴けるのも朗読CDならでは。しかも題材が武将なもんで男前声のオンパレード♪コヤPや力也さんは言うに及ばず、保志クンやよっちんも凛々しい声を出していて嬉しい限り。そんな中でもキュートな語りだったヘリちゃんらぶりー☆そして私的メガHITだったのが、気だるく妖し気な雰囲気で朗読する宮野真守クン!!「官能昔話3~怪談~」の時にも思ったけど、マモ絶対こっちに来た方がいいって!絶対上手いって!と激しくスカウトしたい衝動に駆られました。アダルトな誘い受けで是非お願いします。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-08-21 15:22 | 声萌え

「是-ZE-」ディアプラス〜双子と台本読み♥篇〜   

a0106747_16292064.jpgcv:鈴木達央・中村悠一×梶 裕貴


い・・いやん・・・(動揺)。雑誌の付録CDだって言うのに、あたしのストライクど真ん中なキャスティングに聴く前から身悶えました。そして聴いた後には妊娠しました(ぇ。
それはさて置き、旬まっさかりの若手3人♪しかも(たっつん×梶)(ゆうきゃん×梶)の2話に咥えて、いや加えて(たつ&ゆう×梶)の3Pプレイと短いながらも3度美味しい組み合わせが嬉しすぎ☆最近めきめきと腕を上げているたっつんとゆうきゃんですが、どうやら2人とも自分の”瞬殺声”を手に入れつつあるようですね(嬉)。たっつんの「初陽のスケベぇ~」の語尾のエロ甘さ、ゆうきゃんの「脱ぎなさい」のS風味、付録にしておくにはもったいないほどのステキな台詞が満載☆ものすごくお得感を感じてしまいました。「是」本編では脇役だそうだけど、ここ3PもメインでCD化されませんかね?
[PR]

by lovelove-voice | 2009-08-19 16:31 | 是シリーズ

ハピネス(2枚組)   

a0106747_153184.jpgcv:羽多野渉×平川大輔


残して逝った友人の一人息子・日置裕太@羽多野クンを引き取り、保護者として大切に育ててきた流水純司@平りん。時は流れて10歳だった裕太も17歳に成長し、やがて育ての親として以上の感情を流水を抱くようになり、次第に距離を置こうとして・・・。

受けがメソメソ・うじうじ&絡みだけ淫乱ってのが苦手で、なかなかすぐに飛びついて聴かないこの作家さんの作品ですが、これはとても良かった!育ての親と友人の忘れ形見と言う複雑な人間関係の中で、互いに惹かれていながらどうしても近づけない想いが、切なく愛しく暖かく伝わってくる。慈しみ大切に育ててきた保護者としての愛情が、言葉の端々に滲む平りんの優しくきれいな声がステキ。いつしかそれ以上の感情に戸惑い、自分の気持ちを持て余しながらも気丈にふるまううちに、健気さと危うさに心の揺れ幅が大きくなっていく様がじわりと心に染み渡る。そして想いが通じた後の、安心感で緩んだ感じの声が気だるく色っぽく、ちょっと年下男に甘える感じに変わっていて、こう言うトコ本当に上手いな~平りんって、と改めて思う。
本来は素直で元気な裕太も、一緒に暮らすことへの息苦しさに耐え切れずプチ家出までして距離を置き、女に逃げようとする青臭さを羽多野クンが好演。その避難所に使われる朱美@幸田夏穂がすこぶる男前でかっこいいこと☆BLに出てくる女性キャラって結構むずかしいものがあるだろうに、とてもサバサバして割り切りの良いこんなキャラだと、ぐっと作品に魅力が増してGOOD。
個人的にブラボーだったのは原野@坪井さん。メインCPを脇で支える、朗らかでちょっとチャラ男で面倒見の良さそうなこんなキャラは、保典さんや大典さんの独壇場かと思っていたけれど、坪井さんのこんな一面を見せていただけるなんて嬉しい誤算♪クールな役や妖しい役ばかりじゃなく、とても器用な方なんですね~。
2枚組でとっても丁寧に心情が綴られ、表題通り幸せな気分になれるそんな1枚。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-08-18 15:07 | は行

お義兄様が世界で一番っ(ハート)   

a0106747_1652515.jpgcv:緑川 光・野島健児×羽多野渉


佐藤利津@羽多野クンは、ファミレスの店長として忙しい日々を送っていたがある日、突然エリアマネージャーに転勤を命じられた上に、なぜか黒服の男たちによって拉致されてしまった。連れ去られた場所は、昔の母親の再婚先だった波瀬崎邸。そこで彼を待っていたのは、双子の義弟:宏武@ミドリンと允武@ノジで・・・。

うわぁ~こんな可愛い攻め様は久しぶりに聴いたぞ(笑)。義兄が好きで好きでしょうがない双子にミドリンとノジってどう?羽多野クンの生っぽい吐息はいつもながら気持ちよさ気でいいんだけど、それを上回るミドリンの「あぁ・ん・・」ってイキ声はっ!!微笑ましいやらこっ恥ずかしいやら、聴いてるこっちのほうが妙にムズムズしてしまう破壊力。うーん恐るべし息多めのミドリン・・・(悦)。ノジも攻めと言うよりは甘えっ子なトーンで、マコ・ミツガシラ@三千世界~みたいな感じかな?お義兄さまの初KISS権・初挿入権を巡って、しごく真面目に真剣なやり取りをするミドリンとノジがかなり笑えます。特に初フェラ権に至っては澄ました声で「するほうとされるほう、どっち?」と聞き返すノジには思わず吹き出し、爽やかに「もちろんするほう♪」とキラキラボイスで返したミドリンの可愛さに倒れました。絡みシーンですら、まるでじゃれあってるかのように聴こえる中で、3人の吐息だけはマジで色っぽいと言うアンバランスさがめずらしい感じ。
声フェチ的には執事のリチャード@糸博に大喜び。声聴いた瞬間”わっ☆香西の親分さん@情熱シリーズ”と喜びの舞。同じトーンのお声ながら、別作品ではちゃんと筋もんの組長に聴こえ、今回はちゃんと執事に聴こえてさすがはプロ☆と嬉しくなりました。利津の教育係:悠斗先生@進歩が男前で妖しげな声~♪森の中でのシーンでは、思わず「そのまま押し倒せ!ヤッちまえ!!」と心の叫びをガマンできませんでした(笑)あーもったいないったらありゃしない。
BGMもラブコメらしく明るめで軽い曲調、気軽に聴けるせいかリピ率は高いです。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-08-06 17:39 | あ行

あかないとびら   

a0106747_162981.jpgcv:羽多野渉×柿原徹也
cv:平川大輔×私市 淳


<あかないとびら>会社勤めを辞め独立開業した薄井@羽多野クンは、人手を補うため同郷の友人に相談する。使える後輩がいると紹介されて待ち合わせたのは、大学時代、ゲイだと噂があった升岡@かっきーで・・・。
<みにくいアヒルと王子様>高校時代の同級生立花@平りんを好きな女の子が好きだった田山@私市クンは、その女の子から立花の話を聞かされているうちに無意識のうちに立花に詳しくなって、やがて・・・。

2話編成のオムニバス形式。まずは、かっきーがやりました(笑)!!一見大人しそうで気弱な語り口からは想像できないほど、妄想全開の心の声がもうメガHIT(笑)。大暴走まっしぐらで、嬉しくて物欲しげでたまらない様子が微笑ましいやら可愛いやら。咥えたまま喋る声もエロいんだけど、こんなに美味しそうに頬ばれるようになるなんて(悦)。かっきーってそんなに受けの本数こなしてたっけ?それとも天賦の才能だったんだろうか。ぶっきらぼうながら、何だか気持ちよく感じているらしい羽多野クンの息遣いも、いつもながら生々しくGOOD。居候の自称パチプロ森先輩@イトケンさんは、賑やかしの役どころ。やっぱりいつ聴いてもホッとするイトケンボイスは、主でも脇でも大好きです。

アヒルと王子様CPは、とっても優しげで爽やかな平りんの声に癒されるぅ~♪でも微S風味(笑)。ド鬼畜だった某ゲーム派生のメガネ役もいいけど、穏やかなSってのも平りんならではの持ち味かもね~なんて思わせるいじめっこ王子声。私市クンは最初にキャストを確認しなかったので”最近どっかで聴いたぞ・・”と思いながら聴く事数分、エビリティのアキラでしたね。無愛想な振りしつつ妙に意識してドキドキしてる様が、目に浮かぶような声でなかなかに好み。好きって言われてないとか、もっとこっち向いてとか、ともすれば女々しくなりがちなセリフなども、嫌味なく聴けてしまったのは私市クンの声質のせいだろうか?ちょっと鼻にかかったようなナ行が可愛らしいです。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-08-05 16:37 | あ行

手を伸ばして目を閉じないで   

a0106747_11224867.jpgcv:前野智昭×鈴木達央


チームのエースピッチャーとして何の疑問もなく過ごしていた樋崎@たっつんは、不運な事故に遭い野球ができない身体になってしまう。将来に絶望し無気力な日々を過ごしていたある日、バイト先のコンビニに、樋崎に憧れていたという高校時代の後輩明石@前野クンが偶然訪れて・・・。

いいなぁ~こんな友情の延長上にある愛情ものは大好物。そして体育会系育ちとしては、こんな挫折感や喪失感を自分自身や周りでも、結構実体験として過ごした学生時代だったので、心からシンクロして聴けた。そしてここでも気になるたっつん(笑)。将来に絶望し投げやりな日々を送るときの無気力な声、年下の後輩に少しづつ惹かれ穏やかさを含ませる声、そして試合に負け落ち込んでいる後輩チームに飛ばす檄。どれもがグッと迫ってくるものがあり、特に泣きながら檄を飛ばす心の内が、青春の痛くも熱い青臭さを思い出させてくれて思わずもらい泣きしてしまった。
そんな先輩を一途に見守り立ち直らせていく真っ直ぐな後輩に前野クン。やっぱこんな素直で純な役柄に良く合う声だわ♪このまま大らかで毒がなく、石川氏や大典さんみたいなタイプに育ってくれると嬉しい。
ありきたりなストーリーながら、聴いた後が気持ち良く爽やかになるそんな1枚。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-08-04 11:24 | た行

勘弁してくれ(2枚組)   

a0106747_16173680.jpgcv:鈴木達央×近藤 隆


ブランドショップ店員の高橋慎一@近藤クンは、しつこく迫る勘違い男の羽賀@ナリケンさんの誘いを断るために、偶然その場に居合わせた高橋義崇@たっつんを彼氏に見立ててその場を凌ぐ。勢いで誘ったその男が、なんと・・・。

毎度この作家さんの作品は、受けキャラの性格がいつも萌えツボから外れているせいか、個人的には微妙に聴き辛かったりするわけですが。まずは、最近何だか気になって気になってしょうがないたっつん・・・。ちょっと自分的にいい意味でヤバい(汗)。やんちゃキャラなイメージでしかなかったたっつんですが、この人きっと研究熱心なのかのめり込むタチなのか、物凄い成長ぶりでドキドキします。攻めの時の強引な中で魅せる甘さの加減とか、若さの中に滲ませるしたたかさとか、うっかり年下に惚れてしまう受けの気分が、妙にリアルに感じられて本当に自分がヤバいです。特に強請るように、また焦れるようにむずがるKISSの時の鼻に抜ける「ん・・」が私的ツボ直撃で、CD聴きながら自分の口が半開きになりそうなほど。うかつに人前でなんて聴けません(笑)。この胸のときめきはどうしたらいいんでしょうか?
さて、受けの近藤クンですが、正直絡みのシーンでびっくり!!こんな”ちょっと足りない子”みたいな喘ぎ方する子だったっけ???と思わず幾つか受け作品を探して、聴き直したくらい喘ぎが・・・。作品に合わせた役作りだったと言う事で、今回は特別ってことだよね?他の作品では普通だったので取り合えず安心したけど、妙なクセが付かないことを祈るばかりです。
勘違い男のナリケンさん、もう♪もう♪こんなズレ切ったキャラが本当に上手い。上手すぎて心の底からキモいです(笑)。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-08-03 16:28 | か行