<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

誘惑・セカンドステージ・ファイナルステージ   

a0106747_10314994.jpga0106747_1032474.jpg
a0106747_10323510.jpgcv:置鮎龍太郎×福山 潤


「ロミオとジュリエット」の成功で、一躍大学の演劇サークルの看板女優(笑)となった美祢遥@じゅんじゅんは、その演技力を評価(?)され、見事ホンモノの男を誘惑することができるかどうか
つい演劇仲間との賭けに応じるハメになり、華麗なる”都会のジュリエット”に変身。その相手とはいったい・・・

2009年の聴き初め。わぁ~久しぶりのおっきーに胸が踊る♪そう言えばしばらくおっきーの声はご無沙汰だったんだな~としみじみ思ったり。現実味が余りないストーリーながら、おっきーとじゅんじゅんに惹き付けられて3枚通しでとても面白く聴けた。台本の読み合わせシーンで、演劇上のセリフに乗せて込められる遥の本音が、とても愛おしく胸がキュンとなる。いやあ~じゅんじゅん上手い!女優役(違)なのに、受け受けしくない明るく前向きな元気なキャラで、女々しい受けちゃんじゃなかったところもポイント高い。ダサダサのおたく学生と”夜の帝王”の2つの顔を持つ季慈@おっきーがまたいい声でうっとり。余裕がない攻めの絡みなど、艶のある美声が荒い吐息と相まってかなりツボを直撃しました。事後のため息なんか、受けのじゅんじゅんより色っぽいってどうよ(笑)。BGMもさりげなくロマンティックでマル。
お互い最初から惹かれあってるくせに、意地を張り合う掛け合いのテンポの良さも聴き所。役者さんが上手いとこんなにステキな仕上がりになるんだと、幸せな気分になれるそんなオススメの作品。ハッピーエンドだしね♪
[PR]

by lovelove-voice | 2009-01-27 10:36 | や行

17歳の密やかな欲情   

a0106747_10455286.jpgcv:子安武人×水島大宙


2008年の聴き納めはやっぱりコヤPじゃなくちゃね♪と選んだ1枚。幼い頃通っていたピアノ教室で、優しく教えてくれていた先生は実は・・・

高校生の凛@水島クンと担任教師の高村@コヤPのCP、ストーリー展開が唐突過ぎて、生徒と教師の禁断の匂いもなく切なさもなかったけど、コヤPの声にだけは満足したかな?でありました。特に同僚の正岡@ゆっちーに迫られて素でいやがってる風にしか聴こえなかったコヤPに大受けし、私的には大いに満足した(笑)。凛のクラスメイトしの@成瀬クンの声が結構好きらしい自分に気が付いて、そう言えばこの人のメインって聴いた事ない気がするなぁ~と。うむ、気になるので探してみよう。2008年に聴いたコヤP的には、「是3」も「Punch↑」も「交渉人は黙らない」も「眼鏡cafe GLASS」も、とっても良かったので、最後がこれになってしまったのはちと残念だったかな?2009年は「交渉人~」の続編リリースが既に決定しているので、それを期に良作に恵まれることを願います。

それにしても、メインでも脇でも相当数こなしてるな、ゆっちーって。聴くCD必ずどっかにいる気がする今日この頃・・・。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-01-22 10:47 | さ行

俺は悪くない   

a0106747_1061126.jpgcv:松本保典×櫻井孝宏


大学の入学式に向かう電車の中で気分を悪くした中村@櫻井クンは、梶@松本さんに助けられる。気が付いた時には梶の姿はなく・・・。再び顔を合わせたのは大学の映画研究サークルだった。
基本的にネクラでメソメソな受けは好みじゃないんだけど、あまりにも純な中村のキャラに櫻井クンの掠れたモノローグが乗ると、ホントに胸がキュンとなり涙腺が緩む。松本さんってBLものでは、メインどころの数があまりないんだけど、真っ直ぐな青年声がとても心地良い。そして、今まで数こなしてきたCDの中で大好きな脇役としては、「わりとよくある~」の西条@うえだ氏・「ソリッド・ラブ」の王子沢@うえだ氏・「美しい男」のマリッツ@梁田氏・「やさ竜」のセファイド@諏訪部氏など、やりとりが軽妙でややチャラ男に心惹かれる傾向があるので、今回ツボどんぴしゃだった鯨井@ミドリンがもう!!素晴らし過ぎて喜びの舞でした。
中村と梶の想いをうすうす感じている美紀と、梶狙いでモーションかけてくる山崎の女のバトルシーンで間髪居れず「ハイッ☆」とゴングを鳴らす嬉しそうな声色なんか秀逸だし、一見チャラ男に見せかけながらまわりの人たちの機微が見える何とも魅力的な男を好演♪私的に「山田太郎ものがたり」の杉浦先輩を凌ぐミドリンの脇役ナンバーワンの座に輝いたこの鯨井クン、とっても気になるエンディングだったわけなんだけど、続編は出ないんだろうか?原作があるなら是非CD化していただきたいと切に願います。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-01-08 10:10 | あ行

愛なんて食えるかよ   

a0106747_1152738.jpgcv:前野智昭×武内 健
cv:諏訪部順一×千葉一伸


兄の元カレに恋した専門学校生:三橋重行@前野クンと偏食の化学の教師:寒川愛@武内クン、高校の相談室のカウンセラーとして赴任した元カレの兄:和成@諏訪部氏と好戦的なピアノを奏でる音楽教師:木下悠@千葉一伸氏の2話収録。
いろんな意味で初モノ満載なこのCD、BLデビュー作でがんばった前野クンと、初教師役でがんばった武内クンには本当に申し訳ないんだけど、私的にはすべて千葉一伸氏に持ってかれました。また相手の諏訪部氏がちょっと斜に構えたルシファ@三千世界のような美声で、ストラークゾーンど真ん中なもんだから、もうめちゃ萌え♪クラクラしました・・・。千葉氏の見事なまでのツンっぷりと相まっていいのなんの!初受けだった千葉氏の、殆どデレがない演技プランが、絡みシーンの壮絶な色っぽさと、本音が入り混じる淋しげなシーンをより一層引き立てていて、千葉氏にこの役を振った人サイコー☆と叫びたい気持ちになりました。常々、絡みシーンでもっとも萌えるのが、KISSした後の唇が離れる音や、鼻から抜ける吐息とかが重要なポイントな私に、これ以上ないくらいイイ感じで聴かせて下さった千葉氏に心から御礼申し上げ、これを機会にもっともっと積極的に受けて下さることを切に望んで止みません。モリモリやコヤPにも抱かれてみませんか?と、激しくオススメしたい気分です。
ご本人も相当お気に入りだった様子の決め台詞も、本当に千葉氏ならではの言い放ちっぷりが素晴らしく、これだけでも充分に聴く価値がある1枚。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-01-06 11:08 | あ行