<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

最近気になる歌声   


[PR]

by lovelove-voice | 2008-12-21 10:14 | 声萌え

こどもの瞳   

a0106747_1710697.jpgcv:成田 剣×神谷浩史


うーん、うーん・・・。個人的に記憶喪失・幼児退行・近親相姦とまるで苦手なキーワードが腕組んで襲ってきたような内容のCD。ですが、キャストの皆様は本当に良い仕事をされており、萌えはなかったけれど熱演には感動しました。
役作りがとてもむずかしかっただろうことは、設定上想像に難くないところであり、6歳児にまで退行した役を演じきったナリケンさんの頭をよしよししたい気分です。弟であり、ある意味父親役のようなニュアンスもあり、そして恋人のようにときめいた気持ちも出さなきゃならなかった神谷選手も本当に苦労なさったことでしょう。なんだか聴いてはイケナイものを聴いてしまったような妙な気分が残るこのCD、近親モノにこそ萌え♪と言う方には最後の絡みシーンでの「おにいちゃん」は垂涎かもしれません。が、あまりにも禁断の領域って言うかBLCD界もちょっと煮詰まってきたのかな?と思ったりもした微妙な1枚。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-12-18 17:12 | か行

影の館 光の書・影の書・暗闇の封印Ⅰ・Ⅱ   

a0106747_10183586.gifa0106747_10184792.gif

a0106747_10191917.gifa0106747_10192720.gif

cv:三木眞一郎×緑川 光
cv:遊佐浩二×山口勝平
cv:大川 透×千葉進歩(絡みなし)

「愛に勝る狂気などあるまい」 この一言に集約される、愛憎と妄執の物語。
まず、天使モノなので信徒でない私にとっては、登場人物の名前・力関係等を覚えるのに必死な1枚目から始まり、2日がかりでシリーズ全編突破。久々にのめり込んで聴いたので、聴き終えた後しばらくは抜け殻のようになりました。天上人たちの物語でありながら、物凄く人間くさい愛憎と妄執が織りなすドロドロドラマですが、登場人物の誰に感情移入するかによって大きく印象が変わるCDかもしれない。キャストはそれぞれに申し分なく本当に素晴らしかったし、BGMも大河ドラマ風(メインテーマ曲だけはやや時代劇チックでミスマッチな気がしたけれど)、全編通して聴き応えたっぷりのシリーズです。がっつりと愛憎劇を楽しみたい時にはオススメですが、かなりの疲労感を伴いますのでどっぷりと浸るなら、聴くのは休日前が良いかもしれません。

More
[PR]

by lovelove-voice | 2008-12-05 10:20 | さ行