<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

罪作りな君   

a0106747_134336.jpgcv:杉田智和×櫻井孝宏


逢うたびに「俺のモノになれよ」と言う傲慢なショーモデルRYU@杉田クンと口説かれるたびに怒ってるスチール専門モデルSIN@櫻井クン。わかりやすい当て馬の外人女優や腹黒そうな事務所社長@賢雄さんや、SINの悩みを聞いてくれる優しい同級生柘植@ひーちゃんとその恋人の樹@ジュンジュンと、何気にメンツはゴージャスです。ストーリーはまぁこんなもんかな?な感じだし、普通にさらっと聴けるCDですが、声的には賢雄さんのスマートで腹黒い社長声がステキ☆それと久しぶりに聴いた感がある櫻井クンの掠れた喘ぎ声に満足^^。思わず「豪華客船~」を聴き返したくなったりして。杉田クンの行き過ぎた(笑)チューチューSEが今回も濃いです。

個人的に「俺のモノになれ」とか「俺の女になれ」とか所有物扱いをするセリフには、萌えどころか腹が立つほうなので、ガキのくせに生意気な口きくんじゃねぇ#と心の中では毒づいていましたが(大人気ない)。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-07-25 13:59 | た行

YEBISUセレブリティーズ7   

a0106747_15414460.jpgcv:山崎たくみ×鈴木千尋


フランスの三ツ星レストランで素晴らしいコースに出会ったフランソワ@ちーちゃんは、その味にひと目惚れならぬ一味惚れ(?)をした後、さらにその料理を担当したシェフが日本人の最上@山崎氏であることに驚き、ひとかたならぬ興味を抱く。

出会いから6年越しの純愛物語である、総ホモシリーズ第7弾(この表現やめい)は、天使の美貌を持つ貴族のおぼっちゃまと日本人シェフのCP。正直なところ貴族のちーちゃんと言うと、どうしても「ロッセリーニの息子~守護者~」とダブるよなーと思って聴いていたら作者同じ人?
お相手の山崎たくみ氏、ひ・・ひょっとしてイニDの御木先輩の?記念すべきBLCD初体験の「危ない修学旅行」のボケボケしい泉のパパ役の?!と、別の意味でびっくりした。それはさておき、正直可もなく不可もなく、な印象のCDであったわけで。最近2枚組でがっつり聴き応えがあるものに耳慣れているせいか、何となく物足りなさがあって、折角のちーちゃん受けなのに絡みは短いし、山崎氏も、もうちょっと優しく攻めてあげたらいいのに、などと思うくらいいきなり挿れてる感じだしー。まぁ、フランスでのバイクのシーンなんかは、映画「ローマの休日」を思わせるような爽やかさがあったり、マルシェでチンピラに絡まれるお約束のシーンでの「non!」は可愛かったけど。
次回はいよいよファイナルらしいけど、ここに来てLOTUSのスタッフがやたらと豪華(安元・太田・鳥海・羽多野)で、ここはCPにならないまま終わっちゃうわけ??ともったいないオバケが出そうなキャスティング。しかもフリトでの太田さんの発言に、マジでムキになってる安元氏に大笑いしました。やっぱ何かと大好きです、太田さん(笑)。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-07-23 16:10 | エビリティ

背徳のラブシック   

a0106747_933710.jpgcv:子安武人×福山 潤

石川英郎×福山 潤(味見)
小西克幸×福山 潤
鳥海浩輔×杉田智和


いやぁ~もう清々しいな(爽)、ここまで潔くやってるだけだと文句ナシ(ぉ。一応社長@コヤP×秘書@ジュンジュンとか同僚@石川とかバイト学生@コニタンとかって設定はあるものの、”でもそんなの関係ねぇ”とばかりに、ところかまわずな臆面のなさがGOOD←いいのか?
もう何が良かったってジュンジュンの誘いっぷりが(嬉)。ちーちゃんの誘い受けも大好物だけど、ジュンジュンの大人声での誘い受けが色っぽくてたまりません。この声のトーン大好き♪コヤPは普通に社長声だし、コニタンの19歳は作りすぎだし(爆)社長の弟@鳥海クンもナチュラル、拾いネコ?@杉田クンは相変わらず(ぁ。ストーリーはないに等しいしヤッてばっかりのCDながら、声の満足度が高くBGMが思わず好みだったりで、リピート率が何となく高い気がするのが不思議な作品。
特筆すべきはフリートーク(笑)。ジュンジュンのガバガバ発言や杉田クンのショートコント(?)などの聴き所が満載、爆笑間違いナシです。鳥海クンなんか「初めて杉田を抱きました」とか言ってるしー。これだけでも聴いて良かったと思えるはず←ホントか?
[PR]

by lovelove-voice | 2008-07-23 09:46 | は行

秘めた恋情を貴方に   

a0106747_9114677.jpgcv:子安武人×武内 健


幼馴染同士がずっと抱き続けてきた想いを、当て馬の存在で気づかされてハッピーエンド。
能楽師と外交官のCP、当て馬が王子様・・・設定的にはもっと大人っぽいやりとりがあっても良かったんじゃないかなぁと思うんだけど、冒頭の一文で説明が終わってしまう。何とも話が薄いって言うか、うむ・・・。声的には好みのキャスティングなわけだし、外人と言えば諏訪部氏だし(笑)、って言うかキャストを確認せずに聴き始めたので、皇太子の話が出た時すぐ”皇太子って諏訪部?”と思ったとたん、あの声が聴こえてきて思わず笑った。
個人的に諏訪部氏の声はBL的絡みのシーンより、粉かけてる時やふざけ風味で口説いてる時なんかのほうが断然萌え♪なので至極満足はしたんだけど。コヤPは何だか純情な人で終わってしまったのが胡散臭くて物足りない(ぇ。武内クンの声ってどうしても神谷クンとかぶるので(神谷クンよりソフトだけどね)今ひとつ聴き分け難しいながらも、KISSの後に唇が離れた時のふっと抜ける吐息は好みです(細かい)。野島兄もイイ声の人、で終わってしまってもったいないな。折角なら皇太子にお持ち帰りされてしまったら良かったのに(笑)。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-07-23 09:27 | は行

愛玩少年   

a0106747_22171141.jpgcv:子安武人×立花慎之介


由緒正しい男爵家、謎めいた一族の面々、近親交配による変異。まるで江戸川乱歩か横溝正史のシリーズのような設定で、かなりワクワクして聴き始めたんだけど、うーん・・・切なさも執着もラブもエロも寂寥感もみんなちょっと足りない気がして惜しい。黒羽男爵@コヤPの、愛したいのに憎むことしかできない焦れた思い、狂おしいほどに愛を乞うコヤPって身震いするほど好きなのに、狂おしさが物足りなくて。清次@立花クンは元々初恋だから、ずっと好きでいいわけだけど、余りにも調教を素直に悦びすぎ(笑)、義父に虐待され続けた日々がドM体質にしてしまったんだろうか。軍人上がりの執事(?)後藤@ナリケンさんにも、過去の過酷な出来事から死姦の嗜好があるような描写が匂わされていたものの、匂いだけで終わってしまった(個人的に、変態行為に恍惚とするナリケンさんが聴きたかっただけか?)。日向@梶クンと香月@武内クンの双子(?)も、妖しく愛らしい感じは伝わるものの、もっと愛を渇望しても得られず、愛に絶望したエピソードでもあったなら、あの「愛してるっていったのに!」の悲痛な叫びが胸を打つものになっただろうに・・・。
声的には、男爵様のコヤPは安心して聴ける美声だし、なんと言っても第一声が”大人声のヘリちゃん?”なトーンで来た梶クンが大いに好み♪このままツンONLYのサド女王様路線に育ってもらえないかなぁ~(願望)。BGMもそこそこ悪くないんだけど、時折ブツ切れのようにフェイドアウトしてしまって余韻が残らない。すべてにあと少しづつ練れてれば、物凄く化けた気がするだけに悔しい1枚。

a0106747_2349468.jpg今回びっくりだったのは、普段ジャケ絵とか特に重視してないんだけど、この裏ジャケ私的一番の萌えポイントだったこと。この白髪・紅眼の絵のイメージにコヤPの声がぴったりと嵌る~~~(うっとり)。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-07-07 22:35 | あ行