<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

夜ごとの花   

a0106747_134834100.jpgcv: 森久保祥太郎×岸尾大輔

成尭@森久保クンのメイン初聴き。脇では確か「青の軌跡シリーズ」のどこかでお耳にかかった気がしますが、それすら不確かなくらいお初に近い。やや自分勝手で不器用な年下攻めの雰囲気はGOOD。たぶん、前に聴いた時はショタっぽかった記憶があるので、結構男前なお声も出せるのねぇと感心したり。お相手の吹雪@岸尾クンが大人声で嬉しい♪ショタな岸尾クンも嫌いじゃないんだけど、この人の美人声はきれいなので大好き。喘ぎ声も艶っぽくて、個人的には岸尾クンこっちのほうが絶対いいって!と力説したい。少年声は若手に譲って、是非美人路線でお願いします。泣きの演技の時の声の震えかたが、また泣かせるんだよなぁ。「我らの水は~」の時にも思ったけど、芸達者なだけじゃなく、否応なくもらい泣き体制に持っていく声の質がすごいです。
初めて告って恋人になれたと思った相手を、実の弟に寝取られてしまう形になってしまった伊月@谷山さん、なんともお気の毒な役でしたねぇ。私的にHITだったのは、吹雪の同僚役前島で松本保典さんがいらっしゃって☆「略奪せよ!」のミュンツァだったり、イニDの渉さんだったり、好きなのよね~この声。
ストーリー的には、うじうじメソメソ系の受けは好みじゃないのでアレでしたが、耳には嬉しい1枚でした。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-01-31 14:00 | や行

やっぱり君を好きになる   

a0106747_92932.jpgcv:中井和哉×野島健児
cv:石川英郎×千葉進歩

美術教師と研修生・社会科教師と高校生の2組のCPで、なんだかほのぼのとしたストーリー、エロ度低めです。安易にホモってる感じはBLにありがちな展開ながら、BGMも程よく軽く爽やかに聴けるコメディタッチの1枚。特に、松川先生@千葉ちゃんの天然ボケっぷりが、普通こんなにボケてるとちょっと不自然になるんじゃないか?と思うくらいのところを、イヤミなく聴かせてくれるあたりが上手いなぁ~と。結構好きな中井攻め・石川攻めですが、ちょっとやんちゃな感じで好感度UP。ノジはツンの匂いを感じさせつつ実はスキスキで、そこいら辺の匙加減が絶妙☆チョコレートの件など、照れて耳が赤くなってるのが目に浮かぶような声でカワイ~イ。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-01-29 09:41 | や行

ちょっとびっくり・・・   

「春を抱いていた」連載10周年記念ペンダント『Sweet10』ダイヤバージョン
a0106747_1746897.jpg

ちなみに元になった絵はこちらだそうです
a0106747_1747136.jpg


この絵だと どうしてもイメージが鷹秋だったりするわたし・・・
[PR]

by lovelove-voice | 2008-01-25 17:44 | 声萌え

やさしい竜の殺し方3(微BL)   

a0106747_1735986.jpgcv:緑川 光×千葉進歩


cvの表記は変えていませんが、今回は当代幻獣王ウランボルグ@ミドリンの出番は殆どなく、歴代の竜王アルファード@おっきーとセファイド@諏訪部氏が大活躍します。シリーズの中では一番切ないシーンが多い第3巻ですが、特にアルフの誓約者光王カーライルの墓碑の前での、アーク@千葉ちゃんとアルフの会話が聴きどころ。「ただ愛しているだけなんです」「愛することを止められないのです」と心情を切々と語るアーク。そして小さなカールを残して死んでしまった自分への悔恨で、嘆き暴走するアルフの慟哭。おっきー・千葉ちゃんともに熱演♪そんな、ともすれば重く悲しい雰囲気に飲まれそうなところを、お軽い色男セファが上手い具合に引き上げてくれています。不穏な動きの魔道王ダンタリオン@コヤPやその僕(っつーかペット?M奴隷?)のラーサルグフル@三宅さんからも目が(いや耳が)離せない展開で、いよいよ大詰めの第4巻へ突入です。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-01-16 17:09 | やさ竜

Hybrid Child(微BL)   

a0106747_10245338.jpgcv:鳥海浩輔、福山 潤、諏訪部順一、宮田幸季、井上和彦、緑川 光


3話からなるオムニバス形式。時間軸が1話から順に過去に遡っていく形になっていて、BL色は殆どありません。個人的に、例えばTVドラマシリーズ「スター・トレック」に登場するアンドロイド・データ少佐のように、限りなく人間に近い存在でありながら、人間とは明らかに違うものである故の行き違いや温度差、分かり合いたいのにわからない切なさに心惹かれる傾向があるので、私的にはツボど真ん中のHIT作でありました。第1話の何となくほのぼのとした雰囲気が心地よかった葉月@鳥海クンと小太郎@じゅんじゅんのペア、幼児期・少年期・青年期と3段階の成長の過程を声色だけで演じ分けている素晴らしいゆず@ヘリちゃんを堪能して欲しい第2話、そして時代に翻弄され、運命とは言え理不尽な生き方を余儀なくされる黒田@和彦さんが月島@ミドリンを失ったことで、Hybrid Childを手がけることになった過程でのモノローグに涙腺が緩みます。曖昧なストーリー展開ながら、上手い声優さん達に引っ張られてしんみりと泣ける良作だと思います。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-01-15 10:25 | は行

DEADLOCK(2枚組)   

a0106747_1073192.jpgcv:安元洋貴×中村悠一


まるで洋画のようなストーリー&BGMで2枚組ながら一気に聴けるほど面白い。刑務所と言う特殊なシチュエーションがとてもリアルに取り込まれている上に、登場人物も魅力的。BL要素がなくても充分に楽しめる1枚です。って言うかBL的絡みがどうにも恥ずかしくて聴けないと言うドラマCDファンもいるので、むしろ絡みシーンがあるがためにオススメできないのが残念なくらい。既に続編のリリースが決定しているように、人気があるのがうなずける出来栄えです。お初にお耳にかかるカップリングでしたが、受けが女々しくなくGOOD。好みの声質ではないもののユウト@ゆうきゃんがんばってましたね、時々櫻井クン風味にも聴こえたりしましたが。お相手のディック@安元さんは、以前「恋の花」の時にちょっとだけ弁護士役でお出になっていた時から、好みの声だわ~と気になっていた人で、やっぱりいいお声でした♪
脇役も豪華なメンツ!どんな時でもこの声聴くとホッとするミッキー@イトケンに、腹に一物ある役をさせると本当に怖いネイサン@ミキシン、それにトーニャ@ちーちゃんが気品があって可憐で儚げなニューハーフを好演☆「ANSWER」や「セクピス」など、ちーちゃん出演の作品はいつも全然違った雰囲気を出していて、芸達者ぶりに感心させられます。器用な方ですね~。ネト@三宅氏はワイルドで男気溢れるいいヤツでした、やっぱし若くなった梁田さんみたいな声(笑)、好きです結構。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-01-11 10:07 | た行

YEBISUセレブリティーズ5   

a0106747_121614.jpgcv:土田 大×遊佐浩二


エビリティシリーズもCD5枚目になりました。こうもまぁ関係者各位が総ホモだってことはまず現実ではありえないだろうが。今回はエビリティ3の主役だったLABO日本支社長アルベルト@一条さんの優秀な秘書純也@ゆっちーが、己の性癖を確認するべく、大胆にもクリスマス・イヴの日に新宿2丁目デビューをするところから始まるストーリー。全体的にはラブラブに行き着くまでのプロセスを、もうちょっと丁寧に作りこんであったらもっと感動したのになぁ~的な残念感はあるものの、BGMもロマンティックだし大人だからこその不器用さなんかも良く出ててチャーミングな出来栄えです。ゆっちーはメインもサブも結構な枚数聴いているつもりなんだけど、何故だかお初に耳にした”受け”ですが、これがまた!硬質で堅物の秘書が絆されて、気持ち良くなっちゃった時の色っぽいこと♪お相手のタケル@土田さんはBL作品に初出演だそうでしたが、とってもステキなお声です。ちょっと野性味を含んだ甘い低音、うーん三宅さんと大川さんを足して薄味にした感じでしょうか?(笑)攻め息もセクシーで、とてもお初とは思えないほど堂々とした攻めっぷりでした。是非、こちらの世界へいらして下さい。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-01-04 11:55 | エビリティ