<   2007年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

青桃院学園風紀録 キケンじゃないだろ!(微BL)   

a0106747_1141893.jpgcv:成田 剣×石田 彰 他 豪華キャスト


一応CP表記にはしていますが、殆どそんなシーンはありません。学園コメディ・・と言っていいんだろうか?いやカテゴリー的にはたぶんそこだと思うけど。とにかく出てくるキャラのメンツが豪華でヘン!躑躅(いやトカゲてんぱい)@オッキーが、大好きな中低音のトーンで美声♪なのに変態(笑)ホントに変態で超絶すっ飛ばしてておかし過ぎて涙が出ます。ビラビラのドレス姿で馬に跨り「ハイヤ~」とかける掛け声が妙にセクシー。妖しいヘアサロンオーナー@藤原さんの鼻歌はクセになりそうだし。躑躅に一方的に惚れられている密@コヤPもやや壊れ気味、超高音でありながら澄み切った美高音が素敵な竹千代@阪口クンと聴きどころもいっぱいです。そして、私的HITな鹿ケ谷@ミドリンのこれでもか!な恥らいっぷりにシビレます♪ミドリンのプロ意識の高さに最敬礼。
主CPの剣@石田さんはサルをイメージした(?)役づくりで元気いっぱいなのに対して、終始ローテンションの役柄だった朱雀@ナリケンさんは、やや物足りなかった模様。頭を空っぽにして楽しく聴けるCD、聴かなきゃわからないこの面白さ!オススメです。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-12-23 16:02 | さ行

やさしい竜の殺し方2(微BL)   

a0106747_1641294.jpgcv:緑川 光×千葉進歩


いきなり戦闘シーンで始まる第2巻、「ドラゴンが誓約を破ることはない」と響き渡る雷牙王アルファード@おっきーの美低音(倒)。つかみはOKどころか、すぐにこのシリーズの世界へ引き込まれる心憎い演出に惚れ惚れします。
前作から2年後と言う設定の今作品ですが、新キャラのラーサルグフル@三宅さんも登場し、いい声満載で嬉しい限り。ダンタリオン@コヤPのことを「我が君」と呼び、おイタをしてアーク@千葉ちゃんのヘヴンズジャッジメントを受けてしまいます(この呪文詠唱の時の千葉ちゃんの声が素敵)。暴走し見境なくなったアークを、身体を張って止めようとしたウル@ミドリンを助けるために出てきたダンタリオンに、諌められ「おーだーまり」と言われるアーク。その「おーだーまり」のコヤPボイスに胸が打ち震えます(病)。
アルフが「小さなカール」と呼ぶ誓約者の光王カーライル、そのカールからの伝言を預かっているノイゲバウアス(巨大亀)など、多彩なキャラクターも魅力的。カールのことを語るアルフの声が、愛おしくてたまらないと言った感じのお父さんボイス(笑)で、心がほんわかとなります。そのアルフが言った不用意な一言が許せないアーク、その屈託の理由が第3巻へと続いていき、次がとても気になる展開になっています。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-12-18 14:00 | やさ竜

三千世界の鴉を殺し5<後編> (微BL)   

a0106747_1534765.jpgcv:諏訪部順一・三木眞一郎・千葉進歩・神奈延年 他


いよいよバー・カサブランカで始まった祝勝会。ルシファ@諏訪部氏とライラ@斉賀嬢を迎えに浮遊型走行車が来たところからもうバカテンション!会場の乱痴気騒ぎやマコ@ノジケンの愛の告白、ニコル@千葉ちゃんとカジャ@神奈氏によるルーシーの膝取り合戦、いつものシリーズとは違ったハジケっぷりで笑える。その中に久しぶりに登場したワルター@関智の過去のトラウマの話など、ちょっとシリアスな部分がスパイスのように仕込まれていて、終始バカテンションでは終わらずちゃんと飽きずに聴かせる組み立てになっているところが憎い。サラ@ミキシンを送っていった時に、媚香を使われ捨て身の抗議を受けた後、うっかり目が合ってしまったルシファは、その後どうしたの?一体何があったのか?!なんでそんな終わり方になってるんだ##と気になってるのは私だけではないはず。相変わらずの男前っぷりを発揮してくれるお姉さま方、なのにラクロワ@立木さんに「おじさまぁ~☆」と群がる様子は微笑ましくも笑えます。
そんな今までになく軽くサクッと聴けるノリになっているこの後編CDだけど、随所で「可愛がってやるよ」とか「ふっ・・・今夜は寝かせないぜ」とか、この上なくセクシーな台詞を聴かせる諏訪部氏の声がヤバイくらい素敵で倒れます。(全然セクシーな場面じゃないトコで、ですが。)
[PR]

by lovelove-voice | 2007-12-16 15:18 | 三千世界シリーズ

恋愛至難!   

a0106747_15205286.jpgcv:花田 光×千葉進歩


いやあ~満足、満腹♪久しぶりに千葉ちゃんの喘ぎ炸裂を堪能しました。襲い受けだし色っぽいわ可愛いわで、本城@花田氏じゃなくても好きになりますってば。ここんトコ、いろんな意味でちょっと不完全燃焼気味だったので、見事にイキ切ってくれた(しかも何度も)秦野@千葉ちゃんはプロですね、受けの(笑)。ありがとう~これからもよろしく(謎)。ミニドラマCDでは、「念願の千葉ちゃんと契る事が出来て」と花田さんに熱烈ラブコールまで贈られるほど愛されている千葉ちゃん、これからもいっぱいイッてくださいね。
さて、ここでも脇役で登場している旬の羽多野クンですが、受け役の名前が”ハタノ”だったために、非常にムズムズした模様(笑)千葉ちゃんが「これで目覚めてしまうかも?」みたいな挑発をしてましたが、本体もヘタレで可愛いお人のようですね。個人的には「アクアマリン~」の時の受け吐息が色っぽかったため、受け推奨で進んでみたいと思います。
と、ストーリーもコメディタッチでさくさく聴ける楽しいCDです。余り重いものを聴きたくない時には打ってつけ☆
[PR]

by lovelove-voice | 2007-12-14 23:51 | ら行

ショコラティエの恋愛条件   

a0106747_21581918.jpgcv:森川智之×杉山紀彰


く・・悔しい、物凄く悔しい。途中で幾度となくCDを踏みつけてやろうかと思うくらいに内容がアレなのに、モリモリがこの上なく甘い美声でセリフを言うもんだから、結局最後まで聴いてしまったじゃないか(滅)。超絶美形で天才ショコラティエと元気な可愛い大学生のCP、「豪華客船~」と同じ作者の作品とすぐわかるストーリー&設定。二人のやりとりなんか、まんまエンツォと湊にすり替わっても何の違和感もない。あぁそれなのに、モリモリの美声にまんまと引き摺られた敗北感に打ちひしがれる。たとえストーリーがアレであっても、声優の力量でここまで作品が引き上げられるかと言う見本のようなCD(言い過ぎです)。改めて敬意を表しますよ、ほんとにもう。
最近、旬な羽多野クンが脇役ながらイイ感じの声を出していて、モリモリの二役とCPなわけだけど、この組み合わせでアダルトなストーリーに出てくれないかしら?(出来れば違う作者のもので)
[PR]

by lovelove-voice | 2007-12-14 10:01 | さ行

愛人☆淫魔   

a0106747_9465818.jpgcv:緑川 光×岸尾だいすけ


特に祭りと言うわけではないけれど、何故だか続いたエロいミドリン(笑)。もう、最初から最後まで漏れなくエロボイス満載です。淫魔ってインキュバスって読むんですねぇ(違います)、とにかく低音系のミドリンのフェロモンだだ漏れを堪能できます。お相手の岸尾クンは美人で気品ある声推奨なんですが、とにかく芸達者~なところが凄いです。ギャグから色っぽい声まで、岸尾クンの魅力を余すとこなく詰め込みました的CD。きっちりとした絡みは一度もないのに、妙に満足感たっぷりのこの作品、何も考えずただエロだけに浸りたい時には是非どうぞ。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-12-13 12:10 | あ行

みんなやっぱり恋の奴隷   

a0106747_1224932.jpgcv:子安武人×寺島拓篤
cv:森川智之×緑川 光
cv:浜田賢二×小野大輔


「奴隷シリーズ」と呼ばれているものの番外編?と言うか特別書き下ろしと言うものらしい。シリーズ本編は聴いた事がないのでストーリーはわからないけど、そんなことモウマンタイでこれだけ聴いてもOK。この作者はどの作品でも、どこから聴いてもモウマンタイな気もするが。3カプが温泉旅行に行ってイチャコラするだけなんだけど、途中夕月@ミドリン×竜二@おのでぃとか鈴音@モリモリ×疾風@拓篤とかシャッフルありだったのがお得な感じ?
内容は腹が立つほど何もないのに、モリモリの声が悔しいほどにエロかったり、ミドリンのしゃぶりっぷりがやたらと上手かったり、結局最後まで聴いてしまった自分に鬱ったり。なにせタイトルコールから、みんな・やっぱり(寺島)・恋の(おのでぃ/推測)・奴隷(ミドリン)と一言づつ言うんだけど、この”奴隷”の時のミドリンの声がもうヤバいったら!色っぽいわ可愛いわ妖しいわで、これがメガヒット過ぎて(涙)あとがアレでもどうでもよいです、ごちそうさま。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-12-10 21:36 | ま行

豪華客船で恋は始まる4   

a0106747_20593347.jpgcv:子安武人×櫻井孝宏


確かシリーズ2作目のフリートークで「この声のトーンを保つのは、自分的に結構キツイ」発言をしていたコヤP。3作目ではタイトルコールから萌え発動だったのに・・・コヤPってばラクしようと思ってませんか?なエンツォじゃない声にちょっとがっかり。(巻末のフリートークでわかったんですが、体調不良だったのね。でも「終わったら元気ぃ~~~☆」ってアンタ・・・)このシリーズはベタでゲロ甘なストーリーでも、エンツォの声がものすごーく好きだから気に入ってたんだけどな。最初になんか違和感を感じてしまうと、BGMのタイミングや全体のテンポもイマイチに聴こえて、最後まで盛り上がれませんでした。ええ、フリートークを聴くまでは!
このCDの聴きどころはフリトだったのか?!と思えるほどに楽しいフリト♪愉快なフリト♪いや作品じゃないところで喜んでる場合ではないんだが、とにかくメンツだけは無駄に豪華、しかも好き声優さんが勢ぞろいなので、とりあえず楽しかったから許します(ぉ。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-12-07 11:33 | 豪華客船シリーズ

やさしい竜の殺し方1(微BL)2枚組   

a0106747_11222339.jpgcv:緑川 光×千葉進歩


「愛している」は最強の呪文・・・。幻獣王ウランボルグ@ミドリン×聖騎士アーカンジェル@千葉ちゃんのカップリング、ファンタジーです。ずっと「パパ☆ミラ」の美良クンや「キケンじゃ~」の鹿ヶ谷クンのイメージが強すぎてかわい子ちゃんな声しか知らなかったミドリンの初低音系。いや~結構好きかも♪最初はユリ×ユリな声だったらどうしようかとちょっと悩んだりしたんですけどね(笑)。千葉ちゃんは聖騎士らしい清々しい美形声。最初は、悲惨な幼少の記憶を引きずっているために、氷の聖騎士と呼ばれる頑なな感じが良く出ていますが、ウルの愛情で少しづつ優しく丸い声色になっていきます。
これはブックレットすら確認しなかったので、アークの祖父に当たる魔道王ダンタリオンが登場するシーンでいきなりコヤPの声が聴こえてきて心臓が!いやいやびっくりしましたよ。それにしてもドウマ@梁田さん、セファイド&ナレーション@諏訪部氏、傭兵(しかもちょっとだけ)@平川クンと、豪華な声優陣で声フェチにはとても耳福なシリーズですね。BGMもファンタジックで壮大な音が当ててありこの点も大いに満足、BL色は殆どないので普通のドラマCDとしても楽しめます。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-12-05 10:49 | やさ竜