<   2007年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧   

ドアをノックするのは誰?   

a0106747_1684112.jpgcv: 成田 剣×平川大輔


派手さはないけれど、しっとりとした大人の物語。兄弟愛も絡めながらどんどん引き込まれて楽しく聴ける1枚。笑いもアリ、切なさもアリで胸がキュンとなったりじーんと来る良作だと思います。一途な中年男の甲田尚臣@ナリケンさんの純情一直線ぶりが愛しくて。アルベルトや久家@エビリティもそうだけど、本来遊び人のはずだった攻めが、もう受けにメロメロになってしまい、青臭いと思えるほどの純情を見せつけてくれると、なーんか嬉しくなってしまう。最首頼久@平りんが一見淑やかそうでいて、しっかりカカア天下なところがGOODです。

More
[PR]

by lovelove-voice | 2007-10-31 21:40 | た行

GENE~天使は裂かれる~   

a0106747_1693835.jpgcv: 田中総一郎・岡野浩介・子安武人・八戸 優・一条和矢×保志総一朗


掛け算表記でもわかるように、イリ@保志君の総受けです。いろんなシチュエーションでいろんな人にヤラれちゃう訳ですが、そんなにエロティックな感じはしません。王族の血を引く生まれでありながら、戦乱の中で故国を侵略されたあげく、両性具有と言う生まれ持った特異性で性奴隷として売られる。と、こう書いてしまうとなんだか物凄い感じだけど、淡々と運命を受け入れて生き抜いていくイリのせいか、悲惨な感じはあんまりしません。
そんなストーリーはさておき(ぇ、声フェチとしてもう、心臓が吹っ飛ぶかと思ったのが、今回お初にお耳にかかったレイダー公@田中総一郎さんのド低音!!絡みのシーンの「うーん」とか「おおぅ・・」とかが、重低音&迫力あるドエロなオヤジ声で気絶しそうです。正直なところ、保志クンの喘ぎは私的にアレなので、この掛け算表記の左サイドのメンツを見れば、もうコッチばかりの声が気になってっつーか耳福で、本当にごちそうさまです。ミハイル@コヤPとサーシャ@八戸との3Pなんか、攻め2人がサイコーにセクシーでうっとりします。
ドラマCDで、結構重要視(?)しているBGMですが、これは聴いた瞬間「やさ竜のあの人(※)に違いない!」と即座に調べました。やっぱり♪壮大でありながらファンタジックな変調が特徴的で、今回もぐっとドラマを盛り上げています。
※(音楽制作)イマジン(作曲)澤口和彦
[PR]

by lovelove-voice | 2007-10-28 23:30 | か行

嫁に来ないか   

a0106747_16101332.jpgcv: 子安武人×森川智之


どこから書こう・・・楽しすぎて悩む。ベテランが本気でコメディに取り組むと、こうも面白いCDになるものかと感心しきり。いや参りました、ごめんなさいな感じです。なんか良くわかんないけど(笑)。最初のトラックから、明らかに一般常識からハズレている池崎敬吾(夫:受け)@モリモリと小早川一美(嫁:攻め)@コヤPの会話といい、一美が家事をこなす時、まるで魔法使いがチョコマカ動き回ってるが如くのディズニー映画のような爽やかなBGMといい、ナレーション/隣人@杉田クンのつっこみといい、もう掴みはOKって言うより、いきなりグワーンと意識を持っていかれてしまって戻って来れません。思いっきり変なキャラをいったいどんな顔をして収録していたんでしょうか?このベテラン二人の妙に戸惑ってるような気恥ずかしいような会話がたまりません。BL的要素としては、萌えも胸キュンもないけど(絡みはあるけどね)サクサク聴ける愉快な1枚。ラストトラックの隣人の呟き(ぼやき?)までもがギャグ満載です。薄い壁を隔てて聞こえる、ラップ音と言うよりは餅つきにしか聴こえない合体シーンも聴きどころ?フリトでは、何だか照れくさそうでやりにくかったらしいモリモリとコヤPが可愛いです。「自分を嫌いになりそうなのを抑えて~」なコヤPの愛しかったこと(笑)。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-10-25 13:57 | や行

エゴイスト・プリンス   

a0106747_16104562.jpgcv:杉田智和×千葉進歩


「初めまして、私のプリンス」そんな優しいお兄ちゃんボイスで始まるロルフ@杉田クン、ホクホクのおいもさんみたいなような声が、結構好き(笑)なわけですが。硬質なツンデレ王子のリヒト@千葉ちゃん、ずっとロルフが好きなのに態度はツンツン、でも内心は乙女ちゃん。ストーリーはアレレ~な部分も多いんだけど、ナンだか切ないような気分になってくるのは二人の声による気のせいか?絡みだって、最初はロルフに無理やりやられてるくせに、なんか嬉しそうな感じだし、次からはなんのかんの言いながら誘ってるし。んで、杉田クンと言えば自前SEがやたらとチューチュー言ってるイメージがあるんだけど(笑)、これもKISSが長い長い!でも、KISSの受け方がいつも上手な千葉ちゃんなので、とっても気持ち良さそうなのでした。
完全当て馬キャラで登場のハインツ@コヤP、隣国の王子で男前な声なのに出番が少な過ぎです(涙)。次回作があるなら、是非名無しの少年@下野クンとよろしくやっちゃってください。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-10-22 23:24 | あ行

あなたと恋におちたい   

a0106747_1622653.jpgcv:三木眞一郎×千葉進歩


ノンケの小児科医北野@ミキシンに恋しちゃった製薬メーカーのMR(メディカル・リプレゼンタティプ)の外村@千葉ちゃん。好きで好きで大好きで、「裸エプロンで三つ指ついてもいい」とか、「ごはんにする?お風呂がいい?それともオ・レ・に・す・る?」なんて脳内妄想全開な乙女っぷりがたまらない(爆)。こんな天然系イカレた役をさせると、俄然光り輝く千葉ちゃんが可愛い過ぎます。好き過ぎて一人グルグルする外村を、脇でいい感じに抑える元:セフレで同僚の佐竹@平川クンがいい味出してます。ストーリー的にはほのぼのコメディータッチで、ゲイの枕営業なんてアリなのか?な疑問はさておいて、サクサク気軽に聴ける1枚。丁寧語のミキシンはやっぱいいです。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-10-20 21:05 | あ行

さよならを言う気はない   

a0106747_1642383.jpgcv:森川智之×小野大輔


巷の噂で「高音が千葉ちゃんに似てる」と評判の小野クンの初聴き。確かに似てるっぽい感じもありますが、千葉ちゃんスキーとしてはやっぱ違うかな?それよりこの小野クンの声はとても不思議で低音部はミドリンにも聴こえ、ちょっとスカした感じの時は櫻井クン風味でもあり、声フェチとしてはそっちのほうに気が行ってしまって、イマイチのめり込めなかったのが残念。特に、喘ぎの引きつり具合が中原茂や坪井智浩っぽくて、聴いているこっちが呼吸困難になるかと思った。(そう言えば野島兄もやや引きつり系か?)この系列の声は喘ぎ声よりも、だんぜん最中のセリフや事後のピロートークの方が色っぽく好みなので、できればイタシてる間中しゃべっていてもらっても良いくらいだ(笑)。全体としては話も面白く、BGMもお洒落な感じだし、聴き応えがあると言うよりはスタイリッシュな大人のドラマ。タイトルを絡めたモリモリのセリフと、「8年経ったらまた抱いてくれよ・・・」と言う小野クンのセリフには胸がキュンとなりました。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-10-19 16:18 | さ行

極・艶   

a0106747_1614277.jpgcv:森川智之×千葉進歩


「オレの龍がよぉ」モリモリの超男前声でそんなことを・・・(照)と言うのも、設定が出所直後のヤクザ龍ヶ崎義純@モリモリの局部に昇り龍が刺青されていて、それがグイッと頭を持ち上げて真木洋平@千葉ちゃんを睨みつける、なんてことになってるもんだからさ。失恋の痛手を癒すため、奥州の山深い温泉を訪れていた真木、ヤクザなのに乙女ちゃん(笑)。そんな乙女な若頭を出会いがしらに露天風呂で、冬眠し損ねた熊のかわり(?)に美味しくいただいちゃった義純。千葉ちゃんってば、相変わらず初めてなのに爆裂の喘ぎっぷりのしゃぶりっぷり。いいんです、貴方の魅力はそこですから♪変人でも変態でもない男前声のナリケンさん、いい声ですねぇ~☆フリートークではやっぱりヤラかしてましたけど。ガヤがんばり過ぎて喉が潰れてしまったイトケンさん、お疲れ様でした。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-10-18 14:33 | か行

ドクターは犬を飼う   

a0106747_15212757.jpgcv:堀内賢雄×伊藤健太郎


私がドラマCDの中でも、好んでBLCDを聴くのはひとえに女性声優の甲高い声が苦手だ、と言うことに尽きる。特に、俗に言われるアニメ声と言うロリ風味のトーンには、耳の方がもう耐えられない状態で涙目になりそう。ドクター×ボクサーシリーズは前作がとても好きだったので、期待して聴いた2作目なんだけど、何度聴くのを止めようかと思ったほど、今回の憎まれ役で出ていた女性の声が辛い。だけど、ストーリーは前作同様非常に面白く、サスペンスな感じも絡めつつ、とても聴き応えがあるものでマル。大人のクセに、まるで子供のようなやきもちを焼いたりするドクターを優しく宥めるイトケンの声が、またたまらなくセクシーだったりするわけで、耳に付く女性声を我慢しつつも聴いてよかった。やっぱり好きです、イトケンの声♪いい話なのに、もう一度リピートするには少し厳しい気がするのが残念でならないんだけど。
犬兄弟のカイン&アベルが、またまたラストトラックで楽しませてくれるんですが、とても男の色気がある塩沢氏の声が、もう聴けないんだなぁ~と思うとしみじみ感慨な感じです。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-10-17 14:17 | DOCTER×BOXER

ボクサーは犬になる   

a0106747_15263852.jpgcv:堀内賢雄×伊藤健太郎


真性ゲイの美しい変態外科医加藤@賢雄さんが、未成年のボクサー@イトケンに一目惚れし、1年余りのあいだ一方的に片思いをした挙句に、犬に襲わせ監禁し調教してしまう。と、端的に文字にしてしまうと「人間としてどーなのよ、それ!」な話ではあるのだけれど。確かに歪んでいるし、間違っているとは思うけれど、心の底にある想いは紛れもなく純愛。そして理不尽な愛情を押し付けられているはずなのに、どこか淋しく人恋しいような、その歪みに惹かれて行くボクサー。素晴らしいBGMと相まって、聴き進んで行くほどに切なく泣ける物語。賢雄さんもイトケンも細かい心理描写がたまらなく上手いなぁ、とつくづく思う。
個人的に、やっぱり狂ったように愛を乞う人物にはとことん弱いらしいことを、再確認させられたようなドラマだった(苦笑)。
ラストトラックのカイン@塩沢兼人とアベル@石川英郎の会話が非常に愉快極まりなく、本編でぐっと切なく苦しくなっていた胸を、どーんと開放してくれました。面白すぎです、犬のくせに(笑)。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-10-17 12:17 | DOCTER×BOXER

桔梗庵の花盗人と貴族   

a0106747_15302341.jpgcv:小西克幸×福山 潤


究極のドS攻めとドM受けの純愛物語。(やや違う気もするが)浮世離れした社交界のお付き合いの中には、こんなきっかけで始まる愛もあるかもーとも思えるし←そうなのか?。途中までは成り行きをドキドキしながら聴いてたんだけど、だんだん「な~んだ、ラブラブじゃん♪」と。私的攻めキングのコニタンが、今回もその雄フェロモンを遺憾なく発揮して、文句なしの攻め息を披露してくれたので、それだけで充分です。あちこちのレビュアーさんのところでは、ストーリーがイマイチなので、と評価が芳しくない作品ではありますが、個人的にはこんな関係も結構アリかなと思うので、悪くはない作品だと思います。ジュンジュンも気持ち良さそうですし(笑)。
キャストでびっくりなのは、平川クンがジュンジュンの弟役だったってこと!どう聴いても何回聴いても弟な感じはしなかったですよぉ(苦笑)声は低めのアダルト平りんでOKなんですけどね。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-10-16 14:07 | か行