<   2007年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧   

夜ごと蜜は滴りて(2枚組)   

a0106747_1428331.jpgcv:小西克幸×野島健児


長男編で国貴が遼一郎と上海へ出奔した後、清澗寺家にとり残され、意に反して家を継ぐはめになった次男の和貴@ノジケンと議員秘書時代の同僚深沢@コニタン。題名からもう判るように、エロ度高め、ヘッドフォン必携かなり滴ります(何が?)。いわゆるお家騒動なので、世界は狭く登場人物も数少ないながら、内容はかなり濃く。ドロドロドラマ系(笑)、しかも調教ものなので、陵辱シーンがけっこう多いです。コニタンはかなり低めの鬼畜ボイスで敬語攻め、私的萌えポイントからはちょっとはずれてはいるものの熱演に拍手です。ノジは相変わらずバリエーション豊かに喘いでくれちゃって(笑)。姿見の前でのシーンはいろんな意味で圧巻です。
「ぼくと深沢の境目すらなくなる・・・」陵辱の果て絶望的な愛に目覚め、進み行く己の未来を悟ったノジのモノローグは、物悲しいBGMと相まって静かに降り積もるように聴こえてきます。傍から見るのとは違い、愛のかたちは人それぞれで、この狭い世界の中で生きている当人同志には、こんなかたちの絆でも幸せなのか、と思わせる退廃的なエンディングに、寂寥感が胸に残る1枚。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-08-23 14:47 | 清澗寺シリーズ

駆け引きの行方(秋のリンクスロマンスフェア2006)   

cv:遊佐浩二×野島健児

伏見のおじさま×和貴の浮気(?)編。チェスをしているだけですが、途中ちょっとチューしたりしてます。もう会話のやりとりがエロい!!和貴@ノジの「おじさま・・・」で、あたしの中の何かが立ち上がりました(笑)。ゆっちーってこの役ハマリ過ぎ~、早く冬貴@神谷とのCD出ないかな?その前に三男編が出るんだっけー、相手役決まったのかしらん。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-08-23 14:46 | 清澗寺シリーズ

愛だけ☆足りない(パパ☆ミラ番外編)   

cv:子安武人×千葉進歩

本編では脇キャラに位置していながらも、実はメインCPより行く末が気になって仕方なかった貴之@コヤPと一樹@千葉ちゃん。とことんいじっぱりなゆえにお互い好きだと認め合えない、なんとももどかしい、友達以上でも恋人未満な物語。ええ表題どおりまだ愛が足りないんです。全編の殆どがベッドの中でのセリフと行為、それに回想・モノローグと言う特殊なシチュエーションながら、貶しながら交わす言葉に見え隠れする相手への想いや、ねじれた愛情表現しかできない自分になってしまった過去の回想などが、延々と綴られていくコヤPの声に心揺さぶられ、猛然と感情移入しながら聴き、しまいには目が腫れ上がるほどに号泣してしまった・・・エロなのに。やっぱり、こんな痛々しいほどに愛を乞う人物に あたしは弱いらしい。
このCDの中でコヤPは、純真だった少年の声から揺れ動く切ない心の響き、好きだからこそいじわるしてしまう悪魔の囁き ひねくれた自分を自嘲する冷たい言葉、思わずこぼれ出る甘く優しい本音、と切なく甘いセクシーさとどこまでも悪魔で鬼畜なボイスマジック炸裂の内容で、1枚のCDなのに子宮直撃から尾骶骨粉砕(謎)するまで、彼の魅力を心から堪能させていただきました。そうそう、千葉ちゃんの受けを初めて聴いたのもこの作品だったけど、実際にも千葉ちゃんお初の受け作品だそうです。初めてなのに気持ち良さげー(笑)。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-08-22 23:32 | パパ☆ミラシリーズ

FLESH&BLOOD1~3 非BL?   

元々、映画なんかもそうだけど、海賊モノみたいなアドベンチャーものは大好きなジャンル。
三千世界~もそうだけど、殆どBL色がないCDの諏訪部さんってなんであんなにイイ声&チャーミングなんだろ?個人的にはBLじゃない諏訪部さん大好き!と言うよりも、BLじゃない時ほど色っぽく感じる役者さんってめずらしいかも(笑)。福山君もBLじゃないほうが好きな役者さんだから余計にそう思うのかもだけどね。ナイジェル役のコニタン!!もう惚れ惚れする美声♪こんなちょっと不器用だけど、本当は優しくて男らしい役にぴったりはまるよね~この人。ドレイクの賢雄さんや、フェリペⅡ世の中田さんなんかも好きな声のオンパレードで、すっごく耳福♪続編は出ないのかな?楽しみに待ちたいと思います。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-08-22 16:24 | は行

三千世界の鴉を殺し4 (微BL)   

cv: 諏訪部順一・三木眞一郎・神奈延年・野島健児 他

す・わ・べ!す・わ・べ!!ルシファの時の諏訪部はたまりません。もうチャーミングで色っぽくて大好き☆初登場ながら妖しいニコラルーン@千葉ちゃん、こんな中性的なトーンの千葉ちゃんって、なんであんなに色っぽいんだろ?いきなりルーシーとKISSなんかしちゃって・・・。ちょっと妬きモードなサラディン@三木眞が、また悩ましいこと!一人称が“わたし”のミキシンは本当にツボなんですわ。ノジケンの犬っぷりもたまりませんでした。今後もっとマコ・ミツガシラの出番が増える事を期待したいです。相変わらず男前なお姉さま方も超かっこいい。今回、千葉ちゃんがナレーションしてて、それはそれで良かったんだけど、これはやっぱりO2@中田さんのほうが好きかな。重低音尾骶骨直下型美声が好きなあたしとしては、あのやや芝居がかった中田さんのナレーションで次回は聴きたいかも。第5弾が楽しみです。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-08-22 16:21 | 三千世界シリーズ

Varnish~キレイのサプリ~Vol.1 非BL   

cv:櫻井孝宏・遊佐浩二・宮田幸季・浪川大輔 他

BLじゃないんだけど面白いCD。メンズエステのエステシャンとお客がもうおっかしくって(爆)。まんまるおデブのミドリンや乾燥肌で悩む千葉ちゃん、その他店長の東地宏樹さんなど脇も豪華。それに!それにですよ!こんなドラマCDのジャンルでは、なかなかお耳にかからない小山力也氏が♪♪(愛しのジョージ・クルーニー氏の声を当ててる方です)。実に楽しそうにご出演、この人めっちゃ2枚目な洋画系素敵ボイスのくせに、「パタリロ西遊記」の沙悟浄だったり、良くわからん人でもあります。店長役の東地さんはお初の声でしたが、なかなかにGOOD。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-08-22 16:19 | は行

ちんつぶ   

cv:置鮎龍太郎×宮田幸季  遊佐浩二×櫻井孝宏

修学旅行でのバス事故で、とんでもない事態に巻き込まれた高校生たちのはちゃめちゃコメディ。前代未聞のシチュエーションです。これはもう、先入観なしに聴いて下さい。お腹の皮が捩れました(涙)。「課長の恋」の時も思ったけど、「キケンじゃないだろ!」の時も思ったけど、やっぱり変な役のオッキー最高!(褒めてます)。愛してるぅ!その他、沈着冷静でありながら、微妙にヘンタイな岩淵@遊佐氏(この人の硬質でネバッこい声好きなの☆)、本体と分身の演じ分けが絶妙の神谷@櫻井氏、ショタ系カワイ子ちゃん(しかも無自覚天然ちゃん)をやらせたらバツグンの綾瀬@宮田クンの豪華キャスト。とにかく面白いの一言でした。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-08-22 16:18 | た行

生徒会長に忠告   

cv:杉田智和×鳥海浩輔

なんだかんだ言いながら結構好きらしい杉田攻め(笑)。微笑ましい高校生CPです。国斉@鳥海クンの間延びした”いもチャーム”なしゃべりかた可愛い♪でも一人エッチシーンなんか、めちゃ色っぽいです。そんな国斉に惚れてしまって、振り回される知賀@杉田クンが妙に真面目で笑えます。エコーかかったお互いの心の声がもうおっかしくって(笑)。脇キャラのコヤPと岸尾クンは、実に楽しそうに演じてます。コヤPの棒読みサイコー(笑)。気のない「よいしょっ」なんか秀逸です。全体的にコメディタッチで気軽に聴ける1枚。ラブシーンは最後までイッたようなイカないような・・・?なんだか微妙な終わり方。国斉クン腰が攣ってるしー。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-08-22 16:14 | さ行

茅島氏の優雅な生活   

cv:大川 透×野島健児

お屋敷の庭師とご主人様の恋。なんとビックリ、主役なのに大川さんには役名がありません。退廃的なお金持ちぼっちゃんの一途な想いに、庭師がほだされて・・・って一風変わったストーリーです。4話からなる組み立てですが、時間軸が行ったり来たりして、あ~この話があの頭に繋がるわけねーと、そのトラックをまた聴き直したりして。
絡みは濃いような薄いような、不思議な感じなんですが、これは大川さんの声がノーブルな紳士声だからかな?それでも想いが通じ合ったあとの絡みでは、事後の息の切れ方が想いの丈を物語るようで、お二人ともお上手です。ノジケンはずっと感情を抑えたボソボソとしたしゃべりかた、だからこそあの最後の嬉しそうなセリフが生きました。いやあ~ノジ上手いなぁ。もちろん絡みもいつものように気持ち良さそうです。いつもながら、ノジの感じる声のバリエーションには脱帽(笑)。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-08-22 16:13 | か行

水に眠る恋   

cv:小西克幸×檜山修之

高校の同級生CPの再会モノ。アダルトでしっとりとしたいい作品です。ひーちゃんの受けってどうよ?!と聴く前は一瞬不安がよぎったりしたんですが、これが予想以上に良かったんです!!(力こぶ)。元々“熱血ヒーロー系”と言われているひーちゃんですが、個人的には中里以外には、結構ソフトな攻めボイスを好んで聴いていたせいか、そこまで熱血系のイメージはなかったひーちゃん、思った以上に大人の切なさが出ていて素敵でした。お相手のコニタンはもう言う事なしの攻めボイス、帝王がモリモリならばコニタンは“攻めキング”と称したいくらいです。この人の攻め息遣いはヤバい!本当にヤバいくらい素敵。
物語のキーになってる切符、話の中にもうまく組み込まれていて、そして最後にお互いの気持ちを伝える大切なアイテムになっていました。こう言う小道具の使い方はとてもロマンティックだし泣けますね。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-08-22 16:12 | ま行