カテゴリ:ま行( 11 )   

Mr.シークレットフロア~小説家の戯れな響き~   

a0106747_14554683.jpgcv:子安武人×下野 紘

超高級ラグジュアリーホテル『グランドオーシャンシップ東京』には、世界のセレブだけが宿泊できる秘密のフロアがあり、そこに滞在するゲストをホテルマン達は敬意を込めて、ミスターシークレットフロアと呼んでいる。入社1カ月の新人編集員:相葉卓斗@下野クンは、急病で倒れた先輩の代わりに売れっ子ミステリー作家:八神響:コヤPの担当になった。シークレットフロアに住む八神は、気難しく絶対音感を持ち、しかも音を色で感じることができる「色聴」を持っていた・・・。

2か月続いてコヤPの新譜♪と、個人的に5月6月とウキウキしながら聴いた。ストーリー的には、奥深さもミステリアスな感じも、今ひとつ足りない気がするが、久しぶりにコヤPが男前な声を出しているので満足。お相手の下野クンは私的に喘ぐと苦手な声優さんではありますが、こう言うクセ者で孤独な攻めをゆったりと受け止める、不思議な懐の深さを持っていて魅力的なんだよねー。「是」の真鉄もそう思ったし、メインじゃなかったけど「微熱の果実」の勇気の”おかん”っぷりも。
あと、私的にとても満足度が高かったBGM、セリフの合間に当てられた音のバランスがすっごく好み~とうっとりして聴いてたら、音響監督さんが「ロッセリーニ家の息子 略奪者守護者捕獲者」と同じ方でした。納得!ロマンティックで切ない感じがいいんだよね~^^。
コッチ方面お久しぶりの安元さん(響の兄役)ですが、お兄ちゃんメインのスピンオフはないのかな?折角ホテルオーナーなんて、如何にもってセレブな役柄なので続きがあったら是非、糖度高めの攻めっぷりをお願いします☆
[PR]

by lovelove-voice | 2013-07-05 15:32 | ま行

マッチ売り   

a0106747_1523889.jpgcv:小野友樹×野島裕史               安元洋貴×鈴木達央

友人に借りた本に挟まれていた恋文。それは渡せなかったものなのか、宛名不明の恋文の半分。本を返そうと友人を待っていた廣瀬@おのゆの前に、マッチ売りと言ういかがわしい花城@野島兄が現れて・・・

あぁーもったいないなぁ・・・。せっかく面白そうな話なのに昭和のかほりがしなかった、ってのが正直な感想。こう何て言ったらいいのかな?暴力の中の正義とか、うらぶれた底辺の世界にある誠とか、清濁併せ持った昭和の薄汚れた空気感・饐えたにおい・湿り気などがもっと色濃く出ると、マッチ売りと言う婀娜な花やロシア文学なんかのアイテムが生かされた気がするのだけど。キャストのみなさん芝居巧者なので、大きく外れたりはしてないあたりが、また残念なところであるわけで。場末の汚れた華と毒、そんな俗っぽさを醸し出すにはみんな身ぎれいな声でアクがなさすぎました。話的にも中途半端な感じがするので、続きが聴きたいし次作があるなら、もうちょっとウエット感があるCDにして欲しいと思う1枚。

でもって、ひとりごと
[PR]

by lovelove-voice | 2013-04-02 02:38 | ま行

もふもふっ!(非BL)   

a0106747_2339374.jpg小西克幸×井口祐一(×は願望)

ちょうちょを追いかけて道に迷った仔兎のクラウド@井口クンは、森で湖に落ちて溺れかけてしまう。そんなクラウドを助けたのは、なんと狼のラシエル@コニだった。狼だけれど心優しいラシエルは、迷子のクラウドのために親捜しを始めたが…。

かっかわいい・・可愛いよ~~井口クン♪最初か細く消え入りそうな声は、てっきり女性声優さんだと聴き間違えたほど。幼くまだ口も良くまめらないクラウドが「ラシエユ・・」って言うのがたまらなくって☆あれれ?おっかしいなーあたしはショタ萌えの気はないはずなんだが。とにかく井口クンがかわゆいので血迷っておこう(笑)。
お相手の狼さん、いやぁ~ひっさしぶりに聴いたなーエロくないお兄ちゃんなコニ^^。余りにも爽やか過ぎて妙にムラムラして困った。途中から可愛いクラウド君についCHU!とかしないかな?とか、大人の願望に引き摺られそうになる自分を抑えるのに必死で(大汗)。だーって、これ続きあるでしょ?大人バージョンのあるんでしょ?コニ×井口クンの嬉し恥ずかしが聴きたい!と思うのはあたしだけじゃないよね?ねっ?(誰に同意)ホワホワとした童話のような話だったのに、ずっとあらぬ方向へ頭すっとばして聴いていた大人なあたし。こんな聴き方をして本当に申し訳ない気がした、そんな1枚・・・(滅)。
[PR]

by lovelove-voice | 2011-06-27 23:57 | ま行

妄想・カタログ   

a0106747_9492279.jpgcv:鈴木達央×阿部 敦


大好きな恋人の忍@たっつんとHしたい!頭の中では超エッチな妄想をしてしまう命@阿部クンだけど、いざとなるとなかなか行動に移せない。でも、頭の中ではあんなコトやこんなコトをいろいろ妄想しちゃって大変☆それは恋人の忍も同じで、好きすぎてなかなか手が出せずに、つい妄想の扉が開いてしまい・・・電車でチカン・アラブの主従・ケモ耳にゃんこ、さあ「妄想スウィッチON!」

あははは!エロに始まりエロに終わる。それしかない、の潔さにもはや笑うしかないストーリーでありながら、阿部クンの可愛い啼き声や即物的なセリフが意外にもすんなり聴けてしまう不思議。たっつんの「妄想スウィッチ、オーーン!」の声が、何の戦隊モノかモビルスーツかってなカッコ良さで、つい惚れ惚れしたり。脇CPの先輩カップル多田@羽多野クン×笹野@武内クンの色っぽさも申し分なく満足。それにしても、フリトで武内クンが「酷い」と思わず言ってしまうほどの、そのモノずばりのセリフの数々。しかも咥えながら言わされた阿部クンお疲れ!(笑/咥えてません)
中身が非常に薄いCDながら、声フェチ的にはピンポイント萌えが多いと言う、リピートしてしまうと何かに負けたような気がするジレンマな1枚。
[PR]

by lovelove-voice | 2010-07-10 09:54 | ま行

迷える庶民に愛の手を   

a0106747_123101.jpgcv:羽多野渉×梶 裕貴


一流セレブの息子ばかりが通う超おぼっちゃま男子校に庶民枠で入学した吉良薫琉@梶クンは、入学早々”VIP生徒”と呼ばれる御園生衣邑@羽多野クンのお世話をする『リザーブ』と言う役目を命じられて・・・。

この作家さんの作品を過去に幾つか聴いていて、ためらいもなくホモ・出オチならぬ出エロ上等(笑)な作風だったので、頭カラにして気軽に聴けるぞ~と心安く聴き始める。ストーリーは王道でありがちだけれど、最初傲慢に見えた御園生が意外に純情だったり、家の借金返済に奮闘する吉良が健気だったりで、結構内容を面白く聴いてしまった。なんかちょっと負けた気分だけど(何に?<笑>)ほのぼのと良かったんですよ、これが。
リザーブと言うメイドのような奴隷のような立場の子に、どんどん絆されていく御園生に”これでもかっ!”ってほど包容力を発揮する羽多野クン、セリフは結構エロいのに優しくほんわかした声色でとってもイイやつな上に、お仕えする梶クンが健気ながんばる君が良く似合う声で可愛いこと☆最初からお触りとかは結構あるけど、なかなかホンバン(なんかやらしい表現だな)には行かないところが、この作家さん”らしくなく”もどかしくて、思わずツボにはまった。しかし、やっと迎えたあの絡みシーンのBGMはいただけんよなぁ~。ボリューム大きいし有名な曲だし、次からこの曲を耳にするたび梶クンの喘ぎがセットで空耳しそうです(笑)。
脇のあて馬で2ndVIPの近藤クン、最近目覚しい勢いでBLCD界に進出してるけど、これが出る役ごとに全然違った魅力があって、私的赤丸急上昇!!目が、いや耳が離せない気になるアイツです。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-11-12 12:09 | ま行

迷う男   

a0106747_1282430.jpgcv:羽多野渉×笹沼尭羅
(Punch↑のスピンオフ)


建築家御園生@笹沼さんと一緒に仕事をすることになったインテリアコーディネーター滝川@羽多野クン。憧れの人と仕事ができる嬉しさに胸は高鳴っていたが、実物の御園生は超がつくほど方向音痴で優柔不断、とても尊敬できるような人格じゃなくてがっかり。しかしクリスマス・イブの日に、何故だかうっかりカラダの関係を持ってしまって・・・。

変態バンザイ!縛り・スパンキング・失禁・野外活動と、字面ではすごいプレイのオンパレード♪なんだけど、これが羽多野×笹沼の爽やかな声色で、とても品良く聴こえてしまう摩訶不思議。単なる方向音痴じゃなく、自分の人生から食べ物に至るまで迷いに迷う御園生に、笹沼さんのきれいな声が本当にハマっててGOOD☆本来迷いネコなどを見るとほっとけない性格の滝川、振り回されてのオロオロ加減に羽多野クンの包容力&ヘタレ具合が遺憾なく発揮されてこれまたすこぶるハマってて、これキャスティングした人、誰だろう?「Punch↑」のスピンオフなので、御園生はその時に初登場してるんだけど、このスピンオフまで見越しての笹沼さん登用だったんでしょうね~、神キャストだと思います。
変態系CD(笑)なのに明るく楽しく笑える作品は、過去にも名作(迷作?)「課長の恋」「ちんつぶ」などがあったけど、これもBLCD界に残るすばらしい出来栄えだと思います。オススメの台詞は、笹沼さんの「ベランダぁ~♪」それはそれは嬉しそうでキラキラしてて、虹色の変態ぶりが感じられる秀逸な一言、必聴です。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-10-01 12:15 | ま行

ミスター・ロマンチストの恋   

a0106747_1333693.jpgcv:羽多野渉×杉山紀彰


千野純直@杉山クンは、内気で乙女な性格の高校三年生。見た目は男らしく生徒会長も務める千野は、密かに1つ下の有坂和志@羽多野クンに恋をしている。ある雨の日、友人の藤木朋巳@寺島クンのそそのかされて相合傘を持ちかけた千野だが、その日に限って傘はなく・・・

元々”男前受け”好きを公言している自分にとっては、乙女な男子と言う設定からしてすでに、全然萌えツボから外れているはずの千野なんだけど、これがねぇ~意外にもナチュラルにすっと心に入って来たのがすごくイイ感じ。低めのトーンで女々しくなく作り込み過ぎず、自然に気の優しい乙女男子の声色だった杉山クンGJ。1つ年下の有坂に羽多野クン、これまた程よくぶっきらぼうでありながら心暖かく、何かと良く気のつく男の子で高感度UP。
ミスターロマンチストと言う題材で、ベタな甘いだけになりがちなところを、ほんわかと嫌味なく聴き易く仕上がっていたのは、何と言ってもBGMの良さが大きいところ。日参レビュアのあぱっしゅさんも書いてたけど、古きよき昭和のホームドラマのような(向田邦子スペシャルか、みたいな)ちょっとポワンと抜けたメロディで好み。あれで同じメロディでも、楽器がピアノやバイオリンだったら、また甘みが増したんだろうけど、そこに敢えてレトロチックなアコーディオン(楽器が違ってたらごめんなさい)を持ってきたところがとても良かった。見た目可愛らしい設定の幼馴染の朋巳@寺島クンがまたいいヤツでね。ブリ受けしか聴いた事なかった寺島クンだけど、いいじゃない~こんな役も♪
全体的にほんわかと穏やかに聴けちゃうヒーリング系BLと言ったところか。それでも絡みのがっつき振りは相変わらず生々しく、吐息が必要以上に(悦)エロかった羽多野クンはヤバいし(特に舐め技の湿り具合は、いったいどうやって音を出しているのかと実況検分したい)、フルフルと声が揺らいでいた杉山クンも気持ち良さそうで、爽やかな学園モノなのに、そこだけは聴いてるこっちもグッと締まる感じがしました(どこがだよ?)。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-09-17 13:36 | ま行

眼鏡cafe~GLASS~   

a0106747_10173985.jpgcv:遊佐浩二×吉野裕行
cv:大川 透×岸尾だいすけ
cv:谷山紀章×子安武人(劇中ほんのり&のちリバ)


いやいや微BL風味でありながら、私的には萌えツボ満載のびっくりCD。とにかく全編を通してナチュラルにしかも自由度高く、伸び伸びと楽しそうに演じている眼鏡cafeオーナー砂地@コヤPが愛しすぎまして(笑)。守銭奴でありながらややオカマちっくな声も出しつつ、とびっきりのイイ声で”無銭飲食”だなんて・・・反則です(倒)。「是3」の時の”粘膜接触”にも倒れましたが、どうしてコヤPってばこんな「四字熟語」(違います)が似合うんだろう!!あの瞬殺声ならば”日替定食”ですら萌えられそうな自分が怖い(笑)。そんな自分は置いといて^^;。
とにかく登場人物がそれぞれに魅力的でたまりません。残念眼鏡のシロ@よっちんが終始ブツブツ自虐的に呟く様がもう可愛らしくて可笑しいし、本当はシロの双子の弟夕弥@よっちん二役が好きだったはずの月島@ゆっちーが、何だか訳わかんないうちにシロが好きになっていてグルグルしてるのが青臭くおバカで微笑ましい。そして、気だるげな美人声でちょっと黒い恩田@岸尾クンの声がっ!!大好きなトーンでたまらないところに、お相手が冬野@大川さんなわけですよ(倒*2回目)。無粋な男でともすればイヤミなヤリ○ン野郎になりがちなところを、大川さんの上品な甘さで、押しが弱いけど妙に優しく魅力的な男に仕上げられているのが凄くイイ☆絡みシーンなんてBGMもロマンティックだし、大川さんが余裕の言葉攻めなんかするもんだから・・・。しかもね、美人声の岸尾クンの最後の独り言が泣けること(うるうる)。
とにかく、登場するたびに何故だか笑えて仕方がないコヤPと、そんな濃いメンツの中で終始普通の元気キャラだった虎太郎@きーやんが、余りにもノーマルで笑えるし、ホモ寸劇の中できーやん×コヤP(受け)になりかかったりするもんだから、思わず3回目の昏倒。しかもフリトで眼鏡が似合う職業は?のお題に対してコヤPが「眼鏡の職業と言えば、医者ですね」などとおっしゃるもんだから、某アニメの高橋Dr.を想像し別方面でも倒れる始末(ダメ)。
全体的にテンポ良く、笑いの中にちょっぴり胸キュンもありで、エロだけCDやがっつりシリアスに耳が疲れた時に、楽しく聴けるオススメCDです。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-11-27 10:22 | ま行

真昼の月   

a0106747_1081723.jpgcv:大川 透×浜田賢二


祖父の遺産でビルを引き継いだ元:刑事の秀一@浜田氏は、そのビルの店子がらみでヤクザの辰巳@大川氏に見初められる。
とにかく!とにかくこの超おっとこまえな受けが凄くツボ☆媚びない甘えない、好きだの愛してるだの一切言わないし、最初は半ば強引な形で始まる関係なのに、それを飄々と受けて立つその潔さが気持ちいい。その男らしい受けに浜田氏の声がしっくりと馴染んでいてGOOD。そしてそんな秀一が面白くて愛しくてしょうがない辰巳@大川氏の声がまたいいんだよね~。大らかで懐深く、どっしりと包み込んでくれる情が豊かな若頭。設定では秀一の3歳年下ってことになってるけど、とてもそうは思えない(笑)包容力で秀一を惚れさせて行く。甘さはないし絡みの色っぽさもないけれど、芯に見え隠れするお互いを想う絶対の信頼感がしっかりと描かれていて。
辰巳の補佐役の平@ナリケンさん、変態なナリケンさんも好きだけど硬派なナリケンさんってかっこいい(うっとり)。常に控えめでありながら、がっちり頼りになる漢らしい平なナリケンさんに聴き惚れる。普通にいいお声なんですねぇ(何気に失礼か?)。ビルの店子ゲイバーのママ@花輪さんもいい味出していて魅力的なキャラだし、BGMもスタイリッシュ、オススメの1枚です。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-08-20 10:10 | ま行

みんなやっぱり恋の奴隷   

a0106747_1224932.jpgcv:子安武人×寺島拓篤
cv:森川智之×緑川 光
cv:浜田賢二×小野大輔


「奴隷シリーズ」と呼ばれているものの番外編?と言うか特別書き下ろしと言うものらしい。シリーズ本編は聴いた事がないのでストーリーはわからないけど、そんなことモウマンタイでこれだけ聴いてもOK。この作者はどの作品でも、どこから聴いてもモウマンタイな気もするが。3カプが温泉旅行に行ってイチャコラするだけなんだけど、途中夕月@ミドリン×竜二@おのでぃとか鈴音@モリモリ×疾風@拓篤とかシャッフルありだったのがお得な感じ?
内容は腹が立つほど何もないのに、モリモリの声が悔しいほどにエロかったり、ミドリンのしゃぶりっぷりがやたらと上手かったり、結局最後まで聴いてしまった自分に鬱ったり。なにせタイトルコールから、みんな・やっぱり(寺島)・恋の(おのでぃ/推測)・奴隷(ミドリン)と一言づつ言うんだけど、この”奴隷”の時のミドリンの声がもうヤバいったら!色っぽいわ可愛いわ妖しいわで、これがメガヒット過ぎて(涙)あとがアレでもどうでもよいです、ごちそうさま。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-12-10 21:36 | ま行