カテゴリ:か行( 25 )   

GENE~天使は裂かれる~   

a0106747_1693835.jpgcv: 田中総一郎・岡野浩介・子安武人・八戸 優・一条和矢×保志総一朗


掛け算表記でもわかるように、イリ@保志君の総受けです。いろんなシチュエーションでいろんな人にヤラれちゃう訳ですが、そんなにエロティックな感じはしません。王族の血を引く生まれでありながら、戦乱の中で故国を侵略されたあげく、両性具有と言う生まれ持った特異性で性奴隷として売られる。と、こう書いてしまうとなんだか物凄い感じだけど、淡々と運命を受け入れて生き抜いていくイリのせいか、悲惨な感じはあんまりしません。
そんなストーリーはさておき(ぇ、声フェチとしてもう、心臓が吹っ飛ぶかと思ったのが、今回お初にお耳にかかったレイダー公@田中総一郎さんのド低音!!絡みのシーンの「うーん」とか「おおぅ・・」とかが、重低音&迫力あるドエロなオヤジ声で気絶しそうです。正直なところ、保志クンの喘ぎは私的にアレなので、この掛け算表記の左サイドのメンツを見れば、もうコッチばかりの声が気になってっつーか耳福で、本当にごちそうさまです。ミハイル@コヤPとサーシャ@八戸との3Pなんか、攻め2人がサイコーにセクシーでうっとりします。
ドラマCDで、結構重要視(?)しているBGMですが、これは聴いた瞬間「やさ竜のあの人(※)に違いない!」と即座に調べました。やっぱり♪壮大でありながらファンタジックな変調が特徴的で、今回もぐっとドラマを盛り上げています。
※(音楽制作)イマジン(作曲)澤口和彦
[PR]

by lovelove-voice | 2007-10-28 23:30 | か行

極・艶   

a0106747_1614277.jpgcv:森川智之×千葉進歩


「オレの龍がよぉ」モリモリの超男前声でそんなことを・・・(照)と言うのも、設定が出所直後のヤクザ龍ヶ崎義純@モリモリの局部に昇り龍が刺青されていて、それがグイッと頭を持ち上げて真木洋平@千葉ちゃんを睨みつける、なんてことになってるもんだからさ。失恋の痛手を癒すため、奥州の山深い温泉を訪れていた真木、ヤクザなのに乙女ちゃん(笑)。そんな乙女な若頭を出会いがしらに露天風呂で、冬眠し損ねた熊のかわり(?)に美味しくいただいちゃった義純。千葉ちゃんってば、相変わらず初めてなのに爆裂の喘ぎっぷりのしゃぶりっぷり。いいんです、貴方の魅力はそこですから♪変人でも変態でもない男前声のナリケンさん、いい声ですねぇ~☆フリートークではやっぱりヤラかしてましたけど。ガヤがんばり過ぎて喉が潰れてしまったイトケンさん、お疲れ様でした。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-10-18 14:33 | か行

桔梗庵の花盗人と貴族   

a0106747_15302341.jpgcv:小西克幸×福山 潤


究極のドS攻めとドM受けの純愛物語。(やや違う気もするが)浮世離れした社交界のお付き合いの中には、こんなきっかけで始まる愛もあるかもーとも思えるし←そうなのか?。途中までは成り行きをドキドキしながら聴いてたんだけど、だんだん「な~んだ、ラブラブじゃん♪」と。私的攻めキングのコニタンが、今回もその雄フェロモンを遺憾なく発揮して、文句なしの攻め息を披露してくれたので、それだけで充分です。あちこちのレビュアーさんのところでは、ストーリーがイマイチなので、と評価が芳しくない作品ではありますが、個人的にはこんな関係も結構アリかなと思うので、悪くはない作品だと思います。ジュンジュンも気持ち良さそうですし(笑)。
キャストでびっくりなのは、平川クンがジュンジュンの弟役だったってこと!どう聴いても何回聴いても弟な感じはしなかったですよぉ(苦笑)声は低めのアダルト平りんでOKなんですけどね。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-10-16 14:07 | か行

恋の花   

cv:森川智之×平川大輔

「愛してるぜ」「今夜は眠れると思うなよ」もーモリモリの美声に身体がシビれます。愛人契約なんてBLにありがちな展開から始まるストーリーなので、お話自体はまぁ~こんなもんかな?な感じではありますが、モリモリと平川さんの声のバランスがとてもGOOD。絡みは最初やや無理やり、でも本当は密かに両想いっぽいので、結構感じてます(笑)。お互いの気持ちが通じてからのエッチで出てくるのが冒頭に書いたモリモリの萌えセリフ♪朝比奈@平川さんじゃなくても堕ちますわ。
秘書宗方役の麦人さんって確か「スタートレック」のピカード艦長の声を当てていらした方だと思いますが、別人のようなおじいちゃん声でびっくり(笑)。幅広い音域をお持ちなんですねぇ~芸達者な方で、いい味出しておられました。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-09-04 22:31 | か行

茅島氏の優雅な生活   

cv:大川 透×野島健児

お屋敷の庭師とご主人様の恋。なんとビックリ、主役なのに大川さんには役名がありません。退廃的なお金持ちぼっちゃんの一途な想いに、庭師がほだされて・・・って一風変わったストーリーです。4話からなる組み立てですが、時間軸が行ったり来たりして、あ~この話があの頭に繋がるわけねーと、そのトラックをまた聴き直したりして。
絡みは濃いような薄いような、不思議な感じなんですが、これは大川さんの声がノーブルな紳士声だからかな?それでも想いが通じ合ったあとの絡みでは、事後の息の切れ方が想いの丈を物語るようで、お二人ともお上手です。ノジケンはずっと感情を抑えたボソボソとしたしゃべりかた、だからこそあの最後の嬉しそうなセリフが生きました。いやあ~ノジ上手いなぁ。もちろん絡みもいつものように気持ち良さそうです。いつもながら、ノジの感じる声のバリエーションには脱帽(笑)。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-08-22 16:13 | か行