カテゴリ:コルセーア( 2 )   

コルセーアⅡ   

a0106747_103911.jpgcv:森川智之×鈴木千尋


前作がとっても気になる終わり方になっていたので、ワクワクしながら聴いたコルセーアⅡ。いやあ~思った以上の波乱のストーリーに胸が躍りました。
カナーレ@ちーちゃんの出生にまつわるエピソード、実の兄ユーグ@鳥海クンの肉親を超えた確執と歪んだ愛情、本来カナーレを繋ぎとめて置く目的で抱いたはずのアヤース@もりもりの心の揺れなどが、ぐぐっと心に迫ってきて聴きながら息が止まりそうなくらい入れ込んでしまいました。囚われの姫君となってしまったアウラ@堀江さんがまた、何ともチャーミングでGOOD。個人的には女性声優さんの高めの声と言うのはやや苦手な傾向なんだけど、男臭い海賊の物語の中で、色を添えるいいキャラでした。兄と対峙する勇気を下さいとアヤースに強請るカナーレのなんと色っぽく切ないことか!絡みシーンでありながら思わず目が潤みましたよ。BGMの当て方のタイミングも絶妙だし、BL要素を抜きにしてもドラマCDとしての完成度も高く、ますます次回作を聴くのが楽しみなシリーズです。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-11-11 10:04 | コルセーア

コルセーアⅠ   

a0106747_17452056.jpgcv:森川智之×鈴木千尋


前から気になってはいたものの、何故だかチャンスに恵まれず聴き逃していた大作。発売メーカーさんで大々的に「コルセーア祭」に突入したこともあって、よし!Ⅰから気合入れて行くぞ~と思っていたところに、偶然Ⅰから耳にするチャンスがやってきました。あぁ~こんなステキでタイムリーな巡り会わせってあるのね、ととっても幸せな気持ちで聴きました。
さて、これから始まる壮大な物語の序章も序章、と言うよりこれからこんなことが起こるんですよ~と伏線のメニューみたいな感じのコルセーアⅠ。まず碧い瞳を持つ盲目のカナーレ@ちーちゃんが、大好きな低めのトーンで喜びの舞♪海賊の仲間でありながら、謎も多く皆に溶け込んでいるとは言えないそんなカナーレと、ふとしたきっかけで身体を繋げてしまったアヤース@モリモリ、ちょっと無愛想な感じのワイルド系のお声です。この二人を取り巻く個性豊かな脇キャラやエピソード、映画のようなBGMやSEが、この先の展開に向かってワクワク感を盛り上げてくれます。私みたいに原作を知らないリスナーにとっては、まず登場人物・舟・国などの名前を覚え、更に人物の相関図も理解しなければならないために、1回聴いたくらいでは細かいところまで覚えきれないけれど、全体のバランスが良く、且つ上手い役者さん揃いなので何度聴いても飽きません。しかも、最後こんな終わり方するんだぁぁぁ~と、もう次が聴きたくて聴きたくてうずうずするような演出が心憎い。導入部としては本当にうまく仕上げてあるなぁと唸らずにはいられない。今から次回作を聴くのが楽しみで仕方ありません。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-10-03 17:49 | コルセーア