カテゴリ:エビリティ( 4 )   

YEBISUセレブリティーズ7   

a0106747_15414460.jpgcv:山崎たくみ×鈴木千尋


フランスの三ツ星レストランで素晴らしいコースに出会ったフランソワ@ちーちゃんは、その味にひと目惚れならぬ一味惚れ(?)をした後、さらにその料理を担当したシェフが日本人の最上@山崎氏であることに驚き、ひとかたならぬ興味を抱く。

出会いから6年越しの純愛物語である、総ホモシリーズ第7弾(この表現やめい)は、天使の美貌を持つ貴族のおぼっちゃまと日本人シェフのCP。正直なところ貴族のちーちゃんと言うと、どうしても「ロッセリーニの息子~守護者~」とダブるよなーと思って聴いていたら作者同じ人?
お相手の山崎たくみ氏、ひ・・ひょっとしてイニDの御木先輩の?記念すべきBLCD初体験の「危ない修学旅行」のボケボケしい泉のパパ役の?!と、別の意味でびっくりした。それはさておき、正直可もなく不可もなく、な印象のCDであったわけで。最近2枚組でがっつり聴き応えがあるものに耳慣れているせいか、何となく物足りなさがあって、折角のちーちゃん受けなのに絡みは短いし、山崎氏も、もうちょっと優しく攻めてあげたらいいのに、などと思うくらいいきなり挿れてる感じだしー。まぁ、フランスでのバイクのシーンなんかは、映画「ローマの休日」を思わせるような爽やかさがあったり、マルシェでチンピラに絡まれるお約束のシーンでの「non!」は可愛かったけど。
次回はいよいよファイナルらしいけど、ここに来てLOTUSのスタッフがやたらと豪華(安元・太田・鳥海・羽多野)で、ここはCPにならないまま終わっちゃうわけ??ともったいないオバケが出そうなキャスティング。しかもフリトでの太田さんの発言に、マジでムキになってる安元氏に大笑いしました。やっぱ何かと大好きです、太田さん(笑)。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-07-23 16:10 | エビリティ

YEBISUセレブリティーズ6   

a0106747_1653226.jpgcv:乃村健次×伊藤健太郎
cv:神奈延年×千葉進歩


YEBISUグラフィックスの中でも、一番クールで私生活が謎に包まれているコピーライターの高館要@イトケンだが、実は6年越しで付き合っている恋人未満のアーキテクトレオン@乃村さんがいる。総ホモシリーズ(違)6カップル目は、律儀で辛抱強いヘタレ熊と本当はデレなくせにやたらとプライド高い美人受けのCP。イトケンさんは「純情エゴイスト」のヒロさんのような雰囲気で、結構攻めにメロってるくせに素直になれない受けを好演。お相手の乃村さんは「トラブルメイカー」でワイルドなカメラマンを演じ、高校生役のじゅんじゅんを美味しくいただいちゃってた方ですが、これがもう堂々たるヘタレっぷり(笑)。洋画の吹き替えのような声色で、ちゃんと外人に聴こえてなかなかにGOOD。エビリティのシリーズの中でも、ちょっとコメディタッチでほのぼのしたお話です。
二話目の久家@神奈さん×益永@千葉ちゃんは、まぁありがちなネタではありますが、何かと一生懸命な益永の千葉ちゃんが可愛い。その乙女っぷりは普通の社会人としてどーよ?!と思わないでもないけれど、何となくその健気さが微笑ましく許せます。あの恥ずかしがりの益永が必死でご奉仕してましたし、病院でコトに及んでしまい看護師さんに見つかりそうになるあたりは思わずドキドキしてしまったし。そう言えば千葉ちゃん「殴る白衣の天使」でも、病院内エッチをしていて警備員に見つかりそうになり、声を殺してイク演技が妙に上手かったっけ。千葉ちゃんってばそう言うシチュエーションとか3Pとかになると、やたらと感度が上がる気がするのは気のせいでしょうか(笑)。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-05-26 16:03 | エビリティ

YEBISUセレブリティーズ5   

a0106747_121614.jpgcv:土田 大×遊佐浩二


エビリティシリーズもCD5枚目になりました。こうもまぁ関係者各位が総ホモだってことはまず現実ではありえないだろうが。今回はエビリティ3の主役だったLABO日本支社長アルベルト@一条さんの優秀な秘書純也@ゆっちーが、己の性癖を確認するべく、大胆にもクリスマス・イヴの日に新宿2丁目デビューをするところから始まるストーリー。全体的にはラブラブに行き着くまでのプロセスを、もうちょっと丁寧に作りこんであったらもっと感動したのになぁ~的な残念感はあるものの、BGMもロマンティックだし大人だからこその不器用さなんかも良く出ててチャーミングな出来栄えです。ゆっちーはメインもサブも結構な枚数聴いているつもりなんだけど、何故だかお初に耳にした”受け”ですが、これがまた!硬質で堅物の秘書が絆されて、気持ち良くなっちゃった時の色っぽいこと♪お相手のタケル@土田さんはBL作品に初出演だそうでしたが、とってもステキなお声です。ちょっと野性味を含んだ甘い低音、うーん三宅さんと大川さんを足して薄味にした感じでしょうか?(笑)攻め息もセクシーで、とてもお初とは思えないほど堂々とした攻めっぷりでした。是非、こちらの世界へいらして下さい。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-01-04 11:55 | エビリティ

YEBISUセレブリティーズ3(2枚組)   

a0106747_11514135.jpgcv:一条和矢×平川大輔


イタリア伊達男なアルベルト@一条さん、しゃべってる言葉は日本語なのに、しっかりとラテン系熱い男な感じが出てるところがすばらしい。えぇそのくらい声そのものがフェロモン垂れ流し状態で(笑)。大好きです、一条さん♪そんなイタリア男が惚れて惚れて一途に口説き落とす相手がユキ@平川さん、アイスドールの異名を持つクールビューティ。ストイックが服着て歩いているみたいな美人声です。ストーリーも2転3転の仕掛けがあり聴き応えも充分。大人の恋の駆け引きもあり、アクションシーンもあります。本当は最初からアルベルトに惹かれていたくせに、いろんな事情で素直になれなかったユキが、初めて自分の気持ちを打ち明ける湖でのシーン「諦め・・ようと・・・したのに・・・・」平川さんの情感込めたセリフに泣けました。

<余談>
初めての夜を過ごした後、冷たい仕打ちを受けたアルベルトがユキの部屋を訪ねるシーン。ドアチャイムの音が「ビッグガン~」の時のものと同じ(たぶん)だったので、思わずロバート@平川さんが妙な日本語で出てくるんではないかと錯覚しそうになりました。効果音なんであまり気を使わずに使い回しをされるんだろうけどね。BGMの使いまわしに至っては論外!どのCDだったか忘れたけどほんのちょっとだけどっかで聴いた曲が入っていてがっかりしたことがあったっけ。クラシック曲なんかはある程度仕方ないにしても・・・

おまけ「聖エビリティ女学園」
エビのメンバーが女子高生だったら?なんて小杉さんやら一条さんに、そりゃないだろう的チャレンジ企画(違うから)。書き下ろしパロディだそうです。いやあ~みんな楽しそう☆何と言っても女学生(ぷっ)な紅薔薇の君@小杉さんと理事長@一条さんの弾けっぷりがすばらしく笑えます。ベテランの声優さんって壊れ方もハンパじゃないのね(褒めてます)。時々、ボソッと突っ込むカトレアの君@大川さんとあやめの君@ナリケンさんがいい仕事してます。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-09-04 22:41 | エビリティ