カテゴリ:ら行( 11 )   

臈たし甘き蜜の形代   

a0106747_15551222.jpg谷山紀章×島崎信長

貿易商の御曹司・岩崎@紀章さんは、花降楼の禿・椛@島崎くんを、見初め足繁く通うようになった。可愛がってくれる岩崎に椛は良く懐き、次第にほのかな想いを抱くようになっていたが、岩崎はかつて花降楼の傾城だった蜻蛉に身請け寸前で振られると言う手酷い目に遭っており、その蜻蛉に良く似た椛を自分の思い通りに育てたいと目論んでいた・・・。

ご長寿シリーズの花降楼、ストーリーはいわゆる「廓もの」と言われる典型的なものだけど、毎回キャストがとても良いので楽しみに聴いていたシリーズなんだけどね。新キャストが島崎信長くんと知り、正直聴くことに激しい葛藤があった。初メインの「僕はすべてを知っている」を聴いた時に??と思い、「ハートの隠れ家」「ラブカフェモカ」と続き、これはどうしたもんかと・・・。最初は脚本や演出が悪いのか、とも思ったけど2作目3作目になっても一向に改善の兆しが見えないのはやはり本人の問題であろうと思われ、今まで楽しみに聴いてきたシリーズが聴くも悲しい事にならないかと本気で憂いて悩んでいた。
さて、聴いた結果から言えば悪くはなかった、某所で酷評されている程には。これは今までの演じ手のみなさんが、この花降楼の雰囲気をしっかりと作り上げてきたことに大きく帰依している。その空気感が聴き手の心にあるからこそ、気を損なわれることなく聴くことができた。特に今回重要な折々に登場する高村@遠近さんや、諏訪@コヤP×藤野@阿部クンのペアがとても大きな救いであり、紀章さんの大人の余裕とエロ吐息も安心の安定感が、純な禿の感じに聴かせていたのでむしろまわりの技量の高さを思い知ることにもなった。
さて、今回妖しい駆け引きをしていて、そのやりとりが非常にゾクゾクさせるものがあったので、次回CPの諏訪×藤野には目いっぱい期待して心待ちにしたいと思います。
[PR]

by lovelove-voice | 2013-11-16 16:54 | ら行

レオパード白書3~滴る牡丹の愛~   

a0106747_19364012.jpgcv:一条和矢×武内 健

「恋をしい、雛胡」・・・体液恐怖症で愛を信じないホストの雛胡@武内クンは、顧客だったヤクザから巨額の遺産の相続人にされていた。その遺産を狙って雛胡に近づいてきたインテイヤクザの鴉門@一条さんは、雛胡の潔癖症を見抜き強引にKISSを仕掛けてきた。他人を受け付けないはずの自分がKISSに感じるなんて・・・。

もう、きゃーっ!(悶絶)すみません。極個人的な叫びで申し訳ないんですが、あたし一条さんの関西弁に問答無用で倒れるんです。キャストが発表になった時から、一条×武内だったから当然濃い(いろんな意味で)モノを期待はしてたんだけど、もうそれ以前にどっぷりと濡れました(止しなさい)。このレオパードシリーズは、1作目がコヤP×近藤クンでエロかったし、2作目は達×ゆっちーでデンジャラスだったし、ストーリー的にも意外に攻めが一途で純なところが私的ツボな作品で、当然3作目もワクワクしながら聴き始めたわけ。なのに、わずかトラック1も終わらぬうちに不覚にも撃沈してしまったのですよ、えぇ一条さんの関西弁のせいで(悔し泣き)。鴉門のおかげで少しづつ解されていく雛胡を武内クンが丁寧に演じているし、脇の郡司@黒田さんもお久しぶりのイイ声だから耳に嬉しい。だけど、最初から最後まで一条さんに胸が高鳴りっぱなしで、口を半開きにしたまま聴き終わって脱力し、ドキドキが止まらない。おかげで強心剤なしでは、もう一度聴きたくても聴き返せそうにないあたしを、誰か助けて下さい(涙目)。
[PR]

by lovelove-voice | 2012-11-01 20:06 | ら行

恋愛操作4   

a0106747_14302872.jpg杉田智和×岸尾だいすけ


オーナー奥村@コニの恋人「啓さん」ことインテリアデザイナー山代@ナリケンに片想いしていたバー「JIRI」のバーテンダー笹谷@杉田クンと、そんな笹谷を好きになった一ノ瀬@ダイサクは、押しかけ恋人のような形で付き合いが始まった。自分のことを一度も「好き」と言わない笹谷に、いつしかただのお手軽な相手と思われているんじゃないかと一ノ瀬は不安になり・・・。

シリーズ4枚目、スピンオフを入れると5枚目になるこのシリーズ。一方的に惚れちゃったと思いこんでる(ちゃんと両想いなのにね)一ノ瀬のダイサクが、うじうじと可愛い(笑)。杉田クンは、ベタ惚れのくせにそっけなく、天の邪鬼で子供っぽい年下の男を好演。いつもながらの杉田マジックで、役を自分に引き寄せてくるあたりはさすが・・ではあるが、どうして杉田クンの絡みって格闘技みたいに息遣いが激しいんだろ(笑)。
今回脇CPとしていい味出してくれているコニ×ナリケンチームは、堂々のアダルト感を醸し出していて、何気ない会話の中にムラムラと漂うエロい空気が堪りません。男前で従者のナリケンさんも好きなんだけど、こんな綺麗な男って感じのナリケンさんも大好物~。もっとこんな系統の役が増えるといいなーと思いつつ、相手役は大変だろうなとふと思ったり。
このシリーズで最も好きなキャラ、と言うより個人的にベスト・オブ・神谷選手と思っているくらい好きなのが、美人秘書の式浩介!もうなんだろねー、柔らかい口調・愛溢れるシニカルな感じが神谷選手の声色と良く合っていて大好きなんですよ。原作知らないんだけど、式メインのストーリーってないのかな?絡みなくてもいいから、大人っぽい会話劇が聴きたいぞ。相手は一条さんやゆっちーで腹の探り合いとか、やり込められる大川さんとかべ様とかで♪
[PR]

by lovelove-voice | 2012-02-25 14:33 | ら行

レオパード白書   

a0106747_16351478.jpgcv:子安武人×近藤 隆


「躾の悪い山猫だ」金こそ命のホスト絢@近藤クンに、おまえの24時間を買おうと近づいてきた男:真行寺@コヤP。24時間で1千万と言う絢に「SALE中か?」と言い放つ謎の男は、やがてじわじわと絢を追い詰めていく・・・。

このコヤP×近藤クンの組み合わせは、かなり声的に好み♪「デコイ」がすっごく良かったので、取り敢えずキャストだけで満足はするだろうなーと思ってたけど、思った以上にHIT!じっくり攻め堕とされていくホストの絢を近藤クンが、揺れ動く心情を細やかに好演し、久々聴いた支配者攻めのコヤPが、男前でカッコよくって嬉しさのあまり鼻血出た(笑)。最初はクールで鬼畜なんかな?と思ってた真行寺なんだけど、実は純愛だったってのが徐々に感じられる、その甘みの含ませ方が上手いんだよなーコヤPって。KISSを欲しがるくだりも、やや使い古された感がありながら、初めて口づけされた時のときめき具合が凄く上手くて、うっかり胸がキュンとしたぞ。近藤クンって作品によっていろんな色を出して来るので、ますます耳が離せません。
絡みは濃厚かつ官能的で、コヤPの「あや・・」には、思わず腰が砕けて倒れること数度。真行寺の秘書:幸路@一伸さんも、冷静沈着で堅いイメージでお得意のクールボイスだし、同僚ホストの燐花@たっつんも、ちょっと気だるげなキャラでいい感じ。原作の続きはないのかな?もしラブラブHな絡みがあるなら、是非濃密な感じでCD化希望☆な作品です。
[PR]

by lovelove-voice | 2010-09-11 16:40 | ら行

Rush!   

a0106747_23541672.jpgcv:羽多野 渉×鈴木達央


うん、フリトの三宅氏の弁じゃないけど「若いね~」な感じの学園ラブコメ。それはそれで可愛らしく面白かった。おっとこ前なたっつんの純情襲い受けも、受けよりも喘ぎが色っぽい羽多野クン(事後の吐息がものすごく受けくさくて、しかもリアル)とか、いろいろ聴き所は満載のような気はするが・・・。兄役の三宅氏は、受けちゃんにセクハラする声がとってもいやらしく、オヤジ臭かったのが良かった(笑)。ファンなら楽しめる1枚でしょうか?

More
[PR]

by lovelove-voice | 2009-03-01 00:06 | ら行

朗読 浜田広介名作選集(非BL)   

a0106747_10111329.jpg「泣いた赤おに」中井和哉
「むく鳥のゆめ」保志総一朗
「りゅうの目のなみだ」中村悠一


”日本のアンデルセン”と呼ばれる浜田広介の名作を声優が朗読したCD。お話自体は有名なものなので、誰もが一度や二度くらいは目にするものですが、これがプロの朗読となると、こんなにも話に厚みが増すものなのかと本当にびっくり。張り切って甥や姪にも聴かせたい、そんな1枚。

◇「泣いた赤おに」中井和哉
BLでお耳にかかる中井さんは、チャラ男だったり王だったりと結構男くさいイメージの声と言う印象が強かったんですが、なんてあったか~い声が出るんでしょう☆赤おにの誠実な想いや村人の動揺、青おにの友情と切ない気持ちがダイレクトに胸に響いてきて、いい年の大人のクセに目を潤ませて聴き入りました。

◇「むく鳥のゆめ」保志総一朗
保志クンの声って優しいよなぁ~と常々思ってはいたんですが、こんな童話の世界には本当にピッタリで嬉しい。正直お話自体はやや難解で、自分の理解力の不足のためか、良くわからなかった・・・と言うのがちょっと残念であり、これを機会に原作をちゃんと読んでみようと思った次第^^;。

◇「りゅうの目のなみだ」中村悠一
ゆうきゃん!ゆうきゃん!!あなたは何者ですかっ?!と、個人的に大興奮してしまったゆうきゃんの一人芝居。ここまで彼の主役・脇役の作品をいくつか聴いてきて、「力むと言い回しが神谷選手っぽいな」とか「微妙に櫻井クン風味かな?」とか、自分の中でイマイチ定まらない声だったわけですが、これがもうびっくり!!こんな多彩な声が繰り出せるなんて凄い。ってか、この人自分の声をまだ自在に使いこなせてないのか?とふと思ったりして・・・。演技力と言うより声色のすばらしさが尋常じゃありません。BLモノだと相手に合わせすぎって言うか、相手にちょっと引っ張られる感があるんだよね。モリモリとかミキシンとかコヤPみたいに、有無を言わせない「瞬殺声」を使いこなせる(ってか早く自分の中から見つけなさいって感じ)ようになると、5年後くらいには次期帝王の座にもっとも近い男になっているかも。そんな予感がしました。(龍の時の声なんか鳥肌モノってかゾクゾクしましたよ。)
[PR]

by lovelove-voice | 2008-10-28 10:10 | ら行

ラ・ヴィアン・ローズ   

a0106747_10314042.jpgcv:森川智之・飛田展男・堀内賢雄・塩沢兼人×三木眞一郎



うーん、うーん・・・。ありえないほどすばらしい豪華キャスト、しかもこのステキな攻め4人(浩一@モリモリ・真澄@飛田さん・右月@賢雄さん・大鳥@塩沢さん)に対して一眞@ミキシンの総受け!耳の正月かと思うほど声フェチとしては嬉しかったのに。兄弟(種違い)と、それぞれの種元に母親そっくりだと言う事で相手をさせられる後ろ向きの受け、元々近親モノが苦手だからか、これだけのメンツでありながら萌え要素がひとつも見当たらなかったのが、なんだか悔しい気がする1枚。これが、ずっといやいやながら相手をしていた主人公が運命を受け入れ、それを逆手にとって攻めを追い落とすくらいの腹黒キャラに化けたりしたら、俄然萌えたような予感はするだけに惜しい。特にミキシンだっただけに残念さひとしお。
それでも二重の禁忌やドロドロな人間関係を際立たせる(?)BGMのおどろおどろ加減も、ラストにタンゴを持ってくるあたりのいやらしさ(褒めてます)も、センスは悪くないので、この手の人間ドラマがお好きな方にはハマるかもしれません。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-02-25 10:59 | ら行

恋愛至難!   

a0106747_15205286.jpgcv:花田 光×千葉進歩


いやあ~満足、満腹♪久しぶりに千葉ちゃんの喘ぎ炸裂を堪能しました。襲い受けだし色っぽいわ可愛いわで、本城@花田氏じゃなくても好きになりますってば。ここんトコ、いろんな意味でちょっと不完全燃焼気味だったので、見事にイキ切ってくれた(しかも何度も)秦野@千葉ちゃんはプロですね、受けの(笑)。ありがとう~これからもよろしく(謎)。ミニドラマCDでは、「念願の千葉ちゃんと契る事が出来て」と花田さんに熱烈ラブコールまで贈られるほど愛されている千葉ちゃん、これからもいっぱいイッてくださいね。
さて、ここでも脇役で登場している旬の羽多野クンですが、受け役の名前が”ハタノ”だったために、非常にムズムズした模様(笑)千葉ちゃんが「これで目覚めてしまうかも?」みたいな挑発をしてましたが、本体もヘタレで可愛いお人のようですね。個人的には「アクアマリン~」の時の受け吐息が色っぽかったため、受け推奨で進んでみたいと思います。
と、ストーリーもコメディタッチでさくさく聴ける楽しいCDです。余り重いものを聴きたくない時には打ってつけ☆
[PR]

by lovelove-voice | 2007-12-14 23:51 | ら行

LOVE MODE1   

a0106747_14181755.jpgcv:藤原啓治×真殿光昭


ちょっとした偶然と勘違いから始まった真性ゲイの翻訳家とホモ嫌いの高校生の爽やかなラブコメ。ロマンティックで胸キュンなBGMもとても良く、聴き終わったあとになんだかほのぼのとした気分になれる1枚です。和泉@真殿さんの喘ぎは、ちょっと痛々しくてアレではありましたが^^;、桂@藤原さんの「幸せすぎて、幸せすぎて、眩暈がするよ」に、涙が出そうにうっとりとしたので良しにします。
実は、私の中の藤原啓治氏と言うのは、頭文字Dの庄司慎吾・「キケンじゃ~」の妖しいヘアサロンオーナー・「我らの水~」のインチキ探偵・「富士見シリーズ」の陰険な芳野と、ひと癖もふた癖もなん癖もありそうなキャラしか思い浮かばない人であったのだけど。もう~この優しいお兄ちゃんボイスが素敵で素敵で(嬉泣)。こんな声が出せる人だとは思いませんでした←失礼ですが。改めて声優さんの凄さを感じさせていただきました。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-11-16 19:31 | ら行

LUNATIX(微BL)   

a0106747_1892538.jpgcv:関智一・子安武人・森川智之・石田彰・千葉進歩・
上田祐司・高田真吾・伊藤健太郎・小杉十郎太・
飛田展男・松本保典


豪華サンプルボイスCD(大違)。このメンツどーよ?!なわけですよ~もう耳福極まれり。キャラが出てくるたびに、もうニマニマ嬉しくて顔がほころんでしまいます。ストーリーはわけわかんなくって、”そして誰も居なくなった”みたいなエンディングなので、謎だらけのままですが。とにかく純粋に声を楽しめるなら、聴いてて嬉しくなる1枚です。
そんな中で私的萌え№1だったのが、狂喜を孕んだうえだゆうじのセクシーなこと!!全然Loveな要素もなく、鬼畜と言うより殺人鬼なわけですが、もう物凄く良すぎて倒れるかと思いました。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-10-11 20:30 | ら行