2007年 12月 18日 ( 1 )   

やさしい竜の殺し方2(微BL)   

a0106747_1641294.jpgcv:緑川 光×千葉進歩


いきなり戦闘シーンで始まる第2巻、「ドラゴンが誓約を破ることはない」と響き渡る雷牙王アルファード@おっきーの美低音(倒)。つかみはOKどころか、すぐにこのシリーズの世界へ引き込まれる心憎い演出に惚れ惚れします。
前作から2年後と言う設定の今作品ですが、新キャラのラーサルグフル@三宅さんも登場し、いい声満載で嬉しい限り。ダンタリオン@コヤPのことを「我が君」と呼び、おイタをしてアーク@千葉ちゃんのヘヴンズジャッジメントを受けてしまいます(この呪文詠唱の時の千葉ちゃんの声が素敵)。暴走し見境なくなったアークを、身体を張って止めようとしたウル@ミドリンを助けるために出てきたダンタリオンに、諌められ「おーだーまり」と言われるアーク。その「おーだーまり」のコヤPボイスに胸が打ち震えます(病)。
アルフが「小さなカール」と呼ぶ誓約者の光王カーライル、そのカールからの伝言を預かっているノイゲバウアス(巨大亀)など、多彩なキャラクターも魅力的。カールのことを語るアルフの声が、愛おしくてたまらないと言った感じのお父さんボイス(笑)で、心がほんわかとなります。そのアルフが言った不用意な一言が許せないアーク、その屈託の理由が第3巻へと続いていき、次がとても気になる展開になっています。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-12-18 14:00 | やさ竜