迷える庶民に愛の手を   

a0106747_123101.jpgcv:羽多野渉×梶 裕貴


一流セレブの息子ばかりが通う超おぼっちゃま男子校に庶民枠で入学した吉良薫琉@梶クンは、入学早々”VIP生徒”と呼ばれる御園生衣邑@羽多野クンのお世話をする『リザーブ』と言う役目を命じられて・・・。

この作家さんの作品を過去に幾つか聴いていて、ためらいもなくホモ・出オチならぬ出エロ上等(笑)な作風だったので、頭カラにして気軽に聴けるぞ~と心安く聴き始める。ストーリーは王道でありがちだけれど、最初傲慢に見えた御園生が意外に純情だったり、家の借金返済に奮闘する吉良が健気だったりで、結構内容を面白く聴いてしまった。なんかちょっと負けた気分だけど(何に?<笑>)ほのぼのと良かったんですよ、これが。
リザーブと言うメイドのような奴隷のような立場の子に、どんどん絆されていく御園生に”これでもかっ!”ってほど包容力を発揮する羽多野クン、セリフは結構エロいのに優しくほんわかした声色でとってもイイやつな上に、お仕えする梶クンが健気ながんばる君が良く似合う声で可愛いこと☆最初からお触りとかは結構あるけど、なかなかホンバン(なんかやらしい表現だな)には行かないところが、この作家さん”らしくなく”もどかしくて、思わずツボにはまった。しかし、やっと迎えたあの絡みシーンのBGMはいただけんよなぁ~。ボリューム大きいし有名な曲だし、次からこの曲を耳にするたび梶クンの喘ぎがセットで空耳しそうです(笑)。
脇のあて馬で2ndVIPの近藤クン、最近目覚しい勢いでBLCD界に進出してるけど、これが出る役ごとに全然違った魅力があって、私的赤丸急上昇!!目が、いや耳が離せない気になるアイツです。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-11-12 12:09 | ま行

<< 2乗な恋の駆け引き セブンデイズ FRIDAY→S... >>