交渉人は疑わない(2枚組)   

a0106747_125431.jpgcv:子安武人×平川大輔


国際紛争と嫁姑問題以外はよろず揉め事引き受けます、と東京両国に『芽吹ネゴオフィス』を構えた芽吹章@平りん。しかしそこは周防組のシマで、仕切っていたのは高校時代の後輩で若頭の兵頭寿悦@コヤP。学生時代から芽吹が好きだった兵頭とは、ちょっとイイ関係になっている。ある日依頼人として現れた男は、兵頭の過去を知る溝呂木@石井真だった・・・。

前作があまりにも好きで好きで、メーカーに続編希望のメールを連打しそうになる自分の欲望を抑えつつ、指折り数えて待つこと2年。良い子にして待っていた甲斐がありました、神様ありがとう!また兵頭と芽吹に再会できた喜びをかみ締め、あっという間に一気聴きした2枚組。期待が高ければ高いほど、コケた時のショックは立ち上がれないほどなので、実は好きな作品ほど続編は気持ちを抑えて聴こうとするわけですが、まったく持って杞憂も杞憂!一瞬でも弱気になった自分を叱りたいほどの秀作に、CDが届いてから3日間と言うもの、喜びの舞が止みません。
まず、出だしのホストクラブのシーンから意表をつく展開に、つかみはOKどころか即ストーリーに惹きこまれ、潜入捜査(?)でホストになったアッキー(芽吹)を口説くコヤPの「アッキー、ほらもっとこっちに来いって」の気だるい一言で早くも昇天しました。この作家さんお得意の、会話のテンポとセンスの良さが随所にちりばめられて、笑えるわハラハラするわ泣けるわで、最後のエピソードまで本当に楽しく聴けた。前回未挿入だったこのCPも、今回はめでたく合体したわけだけど、そのシーンが若いCPなら流れでイッちまえ的な展開になりがちなところを、大人であるが故のためらいや思いやりや、過去へのこだわりが邪魔をして、なかなか一歩が踏み出せない。そんな中で見せた芽吹の超男前な潔さ良さと、照れ隠しの情緒のなさに焦れ、堪えきれずに“うっちゃり”をかます兵頭の力技に、大人の純真と本気を感じ、がっつき且つ物凄く本気で気持ち良さそうな2人に“良かったね~”と目が潤んだあたしは、すでにさゆりさんの域か?(笑)
美貌のアシスタントのキヨ@日野ちゃまも、どうやら生意気なガキ智紀@梶クンがお気に入りらしく、特典のブックレットによればこちらの展開もありらしい。本編も更に続きがあるらしいので、次回は2年越しの焦らしプレイなどせずに、スピンオフ共々さくさくと音源化されることを切に望みます。




作中のホストクラブで兵頭が注文していた「リシャール」
創業者リチャード・ヘネシーの名前をフランス読みして『リシャール』と冠した、バカラ社製クリスタル・デキャンタ入りのヘネシーです。
希少な原酒100種類以上をブレンドした深い味わいは、まさにコニャックの最高傑作と呼ぶに相応。
a0106747_1630845.jpg
ヘネシーの最高級ブランデーで免税価格でも約30万円するシロモノ
実際にホストクラブ等で注文すると1本80万円~120万円くらいになるらしい 
ヘネシーブランドサイト

ちなみにその後言っていたゴールドとは たぶんこれのことです
a0106747_16305816.jpg

[PR]

by lovelove-voice | 2009-08-29 12:12 | か行

<< 月刊男前図鑑~従者編~<黒盤> 戦国武将物語(非BL) >>