アーサーズ・ガーディアン黒版   

a0106747_17202113.jpgcv:高橋広樹×森川智之
cv:子安武人×緑川 光


大富豪・故アーサー卿の遺志によって結成された、世界を愛と平和で満たすため、ボランティアで活動するプロフェッショナル集団「アーサーの守護天使(アーサーズ・ガーディアン)」
舞台を日本とイギリスに移しての新しいミッションが、今、遂行される・・・。

<胡蝶の誘惑(エロス)>
最初にキャストについて、もりもり×高橋だと大きな勘違いをしていたら逆だったわ!とちょっと悔しい思いを(だーってそのCPで聴きたかったんだもん)しつつも、お初の組み合わせにワクワク。ゲイで妄想癖のある製薬メーカーの研究者・叶野@もりもりは、(4話目で出てくる)チャーリーを助けたお礼に、持病の”痔”を治すため、派遣されてきたガーディアンの医師・グレッグ@高橋氏の突然の訪問を受け・・・。
ってーことで、更に設定に現実味もなくミッションもアレな感じではあるんですが(笑)、全4話の中では一番コメディ色が強く楽しく聴けた。どこまでも真面目に、任務を遂行しようとするグレック(名前だけは1話から登場)に高橋氏の声はバッチリだったし、カタブツの研究者だけどちょっとズレてる叶野に、やや高めのトーンできたもりもりがいい具合に笑える。登場初っ端から”黒オーラ”ダダ漏れな瀬川@一伸さんが、これまたズル賢い小物振りを遺憾なく発揮(笑)。舟から逃げ出す小船の中での、叶野の妄想炸裂には心底笑いました。こんなに笑えるもりもりって「ジャングル・キング」以来かも?最後のオチにも使われていた、ゲイDVDのタイトルがありえなさ過ぎて、でもちょっとありえそうで実際どうなんだろう?と検索してみそうな自分は終わってる気がします(笑)。

<追憶の獅子(キング)>
某N女史のシリーズものでは飽きるほど耳にすることが出来る、このコヤP×ミドリンの王道CPですが、実は他の作品ではなかなかないんですよねぇ~。あるwebラジオでミドリンが「この世で一番子安さんを堪能してる男」と自慢げに話していたほど、確かに本数的には多いけど著しく偏っていた組み合わせだけに、キャストが発表された時点で、もう抑えきれないほど膨らんでました(何?)。
ってーことで、設定がこれまでの3話を繋ぐガーディアン創設当初からのエピソードが盛り込まれていたり、表ミッションの裏に隠されたアーサー自らのミッションの真相があったりと、私的にはキャストだけで勝ったも同然な作品でもあったわけだけど、それ以上に面白く聴けた。イギリスのパブに勤めるガーディアンの創設メンバー・諒一@ミドリンの「乗るのは地下鉄と男の上だけ」なんてセリフも喜びの舞だったし、冷徹非情なウォール街のキングと呼ばれたほどの男・ダグラス@コヤPが、草木を愛する心優しいヘタレであったこともポイント高い。超美形声のコヤPもいいけど、最近いい感じで年を取ってイヤミなく、自然にヘタレてきた(笑)コヤPも素敵。しかも襲い受けのミドリンに乗っかられてる時の声がっ!!逆ポジもイケるぞコヤP!!!と、一瞬血迷いそうになった自分がいました。本当にコヤPが受ける日が来たら絶対泣くくせに(笑)。
このUnit Vanillaさんの作品では、何故だか爺役にしか振られないらしいアーサー卿@増谷さん。あぁ~もったいない(泣)、まだまだメインでイケると思うので、どこかの作品でオファーがある事を祈ります。「フジミ」の続きはもう出ないんだろうから。
[PR]

by lovelove-voice | 2009-06-23 17:22 | あ行

<< 受け攻めバトン アーサーズ・ガーディアン赤版 >>