ロッセリーニ家の息子 捕獲者   

a0106747_10495269.jpgcv:中村悠一×野島健児


ロッセリーニ家シリーズ第3弾。グループ企業の中で、唯一まっとうな道を歩もうとするアパレル・ホテル部門のCOOエドゥアール@ゆうきゃんが、日本進出の足がかりとして目をつけたカーサホテル東京。そこに勤めていた若く優秀なホテリエ成宮@ノジは、10年前NYで一夜を過ごした相手だった・・・。

まずタイトルコールの時点からゆうきゃんが美声過ぎてびっくりです。ゆったりと力まずに繰り出すこの美声、あぁ~この人いい声だわぁ、と思わずうっとり。力が入ってしまうと語尾が神谷選手っぽくなるから、ゆうきゃんは落ち着いて少し抜いた感じの喋り方の方がダンゼン好み。「もう、暗闇は怖くないのか?」と優しく問いかける時なんて、ちょっと甘みを含ませた声がセクシーでたまりません。ドラマが佳境に入ってくると、やや余裕がなくなってタメがなくなる気がするので、もっとミキシンなんかと共演の機会が多くなって、間の取り方を工夫すると次に繰り出されるセリフがもっと効いて来る気がします。(ミキシンの間は絶品だと思うので)
ノジの受けはもう言うことはありません。ホテリエとしての誇りを持って働く凛としたビジネス声と、絡みの時のグズグズ感じてる声のギャップがすばらしい。「ダメ・・・」にも更に磨きがかかっているし、わけわかんないうちに流されて、もう気持ち良すぎてろれつが廻らなくなってるトコや、ちょっとトーンを落としての「あ・あぁ・・」なんか脳が反転する(ぇ)勢いで萌えました。
このシリーズはなんと言ってもBGMが好みで、サントラ盤で発売してもらいたいくらい素敵にロマンティック。何度聴いても飽きないし、すべてが2枚組であるにもかかわらず、ずっと通しで聴けてしまう、オススメのシリーズ3作品です。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-10-30 10:54 | ロッセリーニ家シリーズ

<< 男性声優連想バトン 月刊男前図鑑~ワルい男編~<黒盤> >>