「おいで」属性(その2)   

気が乗れば・・と書いておきながら、昼食を済ませエネルギーの充填が終わると、書き落としてる人の声が次々と脳内で鳴り響く(笑)。と言う事で早々に第二弾を妄想してみます。だんだん誘い文句と言うよりはシチュエーション萌えなようになってきた感が無きにしも非ず、ですが。(敬称略)

<攻めサイド>
成田 剣 : 「えっ・・来るんですか?」
明らかに誘っておきながら、イザとなると動揺と期待を隠し切れない慌てぶりは絶対にチャーミングなはず。その後、本人は至極真面目に且つ嬉々として変態行為に勤しみ、事後「えっ・・変ですか?そうですか・・・」とシュンとして貰いたい(笑)。
小杉十郎太 : 「来て欲しいんだろう」
誘い言葉でも相手が来るのではなく、あくまでも自分が行くスタイルを貫く格上な攻め。相手のタイプを読み違えると、拗ねて出て行かれてしまいホテルのラウンジで一人酒をあおる羽目に陥る。が、すぐに新しい相手が見つかり結果オーライの不自由はしないタイプ。
伊藤健太郎 : 「行ってもいいかな?」
同じく能動型ではあるが、極めて爽やかであり、ヘタすれば”添い寝”だけで終わってしまうとってもいいヤツな声で。でも、誠実さが実を結び幸せになれる癒し系。
神奈延年 : 「来て欲しいんです」
つれない年上を懸命に口説き落とす年下。俺様でワガママな年下攻めも神奈さんの真骨頂だとは思うけど、敢えて真摯な態度で向かって行って欲しい。誘いと言うよりは説得攻め?
杉田智和 : 「あっ来るんだ」
本人には誘ったつもりはさらさらなく、つれないと言うよりは無自覚なニブチン。それから”どうしよう、来るんだ・・来るんだ・・・”と一人グルグルと自分の世界に入ってしまい、相手を途方にくれさせてしまう問題児系。

<受けサイド>
緑川 光 : 「来ちゃった♪」
これはもう、鉄板と言われようがなんと言われようが王道のブリ受け。攻めに誘われるまでもなく、即座に来てしまいました(笑)。ラブリーでピンクのハートを煌かせながら、飛びっきりの甘えた声で聴きたい一言。
野島健児 : 「ダメ・・・」
全然嫌がってません(笑)。むしろダメ・・・の後に「もっと」が来ることがお約束のおねだりがデフォです。ノジもちーちゃん同様に、否定形であればあるほど誘うタイプ。攻めのS心を刺激する天性のM型弄られ受け。
平川大輔 : 「いらして下さい」
慎み深くどこまでも感度良好。昼は淑女、夜は娼婦を地で行ける、気品ある淫ら受け。昼はあくまでも自分を律し、夜の豹変振りに溺れさせ、知らず知らず相手を食い尽くしてしまう貴婦人タイプで是非。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-09-28 13:33 | 声萌え

<< DEADSHOT(2枚組) 「おいで」属性 >>