香港恋愛夜曲   

a0106747_10255722.jpgcv:森川智之×羽多野渉



攻めが超セレブで受けが一般人、王道だし「僕の恋人はハンサムでいじわるで・・・」も聞き飽きた感もあるし、と思うわけだけど・・だけど・・・。
あーもう(悶)どうしてこんな美声を放つかな!な香港マフィアの次期首領ブライアン・リー@モリモリと、掠れた喘ぎ声が更にパワーアップと言うか、磨きがかかってきた感があるICPOの捜査官相馬真吾@羽多野クンの絶妙な声のコラボにすべてを持っていかれた気がして、もはやストーリーなんてどうでも良くなってしまってる自分がいました。攻めセリフもクサいし、BGMもベタベタ、それを差し引いても余りある絡みシーンの声の良さだけに屈服させられたようで、本当に悔しい(涙)でも良かった(滅)。脇には何とも食えないキャラのホァン@一条さん(百戦錬磨のゲイ!らしい)とか無駄に豪華で、しかもいい声で。
常々良質で大人のドラマCDがもっと増えるといいな~と思ってるので、キャスト”だけ”に萌えるのは止めよう、止めよう、と念じてはいるのだけれど、声フェチの悲しい性なのか、もはやこの作家さんとN女史の作品に対しては、自分で自分を試しているような自虐的行為に思えてきたこの頃・・・。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-09-04 10:28 | は行

<< あしたのきみはここにいない 恋愛のスキル >>