DEADHEAT(2枚組)DEADLOCK2   

a0106747_9124493.jpgcv:安元洋貴×中村悠一


前作は刑務所の中と言う限られた空間で繰り広げられるストーリーだったが、今回は主要なキャラが出所・脱獄をしたことでぐっと世界が広がった第2弾。もう文句なしに面白かったし、なんと言っても新キャラのロブ@ゆっちーがなんとも魅力的で堪らない。陽気で前向き、時にシニカルな面も見せつつ厚かましいくらい人懐っこいのに、どことなく淋しがりなプロフェソルにゆっちーの声がぴったりと嵌る。メインのお二人も良いのだけれど、私的には全部ロブに持ってかれた感すらあり。この何かとユウト@ゆうきゃんにちょっかいをかける人恋しがりな雰囲気といい、どっちにも転びそうな声色(笑)と言い、これは「テ・キエロ・ムーチョ」までCD化に持っていくぞと言うゆっちーの意気込みと思ってもいいんですね?ネト@三宅さんとのサイドストーリーを音声で聞かせてくれるという、明確な意図を持った演技プランと思ってもいいんですね?心から期待してお待ち申し上げます。
そして出番は少なく、しかもすべて電話越しだったにもかかわらず、背筋が凍るような怖さをかもし出していたコルブス(ネイサン)@ミキシンが薄気味悪すぎて(褒めてます)ゾクゾクします。やっぱこんな腹の底が読めない役のミキシンの凄みは他の追随を許しませんね、しかも妙に色気のある声なのが気味の悪さに拍車をかけてます。
BGMの当て方も文句なく、SEも迫力満点!特にカーチェイスのシーンなどは脳裏に映像が浮かぶほど臨場感に溢れていて、制作サイドの入れ込みようが伺えて嬉しい限り。8/25日には第3弾がすでに発売予定とのこと、いよいよ巨大な組織を敵に回すことになるらしい展開に、ワクワクすると同時に、政治がらみの壮大なストーリーにしてしまって上滑りしたりはしないだろうかとの危惧もちょっぴり抱きつつ、楽しみに次回作を待ってみたいと思います。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-05-31 09:13 | た行

<< ジャングル・キング サウダージ 前後編 >>