交渉人は黙らない   

a0106747_11222723.jpgcv:子安武人×平川大輔


美貌のネゴシエーター芽吹@平りんとインテリで美形ヤクザの兵頭@コヤP、キャスティングだけでもすでに倒れそうなほど嬉しいカップリング(「セクピス2」のゴールデンコンビ(死語)です)な上に、過去に聴いたこの作家さんのCD「Love&Trust」「SOLID LOVE」「執事の特権」のどれもが好みだったとくれば、聴く前から否応ナシに高まる期待。それを裏切らないどころか、これ以上ない!と思える聴き応えたっぷりの2枚組。もうどこから感想を書いていいもんやら悩みます、マジで(嬉泣)。
冒頭の交渉シーンからラストに至るまで、喋りに喋った平りんのバイタリティーにまず敬意を表し、尚且つ普段はクールでタフ、なのに兵頭がらみの時にだけ見せる妙に子供っぽい部分や、キャバ嬢(?)に対するやけに嬉しそうな男の部分を、巧みに演じ分けた力量には本当に脱帽しました。対する高校の後輩で年下、終始敬語で「せんぱい」と言う呼び名を変えないコヤPに、心拍数が尋常ではありません。良く倒れずに最後まで聴けたもんだと自分を褒めたい気分です(笑)。超俺様のガチホモでカムアウト済み、問答無用のヤクザオーラを背負い、上等なスーツを身に纏いつつ微妙に天然であり、そして受けにベタ惚れな余りのヘタレ風味(さらにメガネキャラ♪)。フーゾクのお嬢さんがたにも慕われ、「いっそ清々しいほどにホモ」と言い切りながら心底傾倒して止まない手下どもに愛される兵頭。あぁこんなにもコヤPの魅力を余すところなく発揮できるキャラにキャステイングして下さった方に心からの感謝を捧げたい。
がっつり甘くない大人の不器用なラブストーリーで、しかもどの絡みも未遂であるもどかしさ、これで続編のCD化を望むなと言うほうが無理!絶対に無理!!とにかく平りんファン・コヤPファンはもちろんのこと、ドラマCDファン(BL好きじゃなくても)なら、漏れなく満足できると思う、超オススメのCDです。

<私的に気になるポイント>
芽吹ネゴオフィスのアルバイトで、本職は掃除屋のキヨ@日野クン。このお初にお耳にかかった声ですが、なんとも魅力的☆アクが抜けた杉田智和クン(笑)みたい。現時点では謎多き登場人物で、この人のエピソードもとても気になります。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-03-24 12:21 | か行

<< 脳内が妖しい感じになってます ボーダー・ラインⅠ~Ⅲ >>