ロッセリーニ家の息子 略奪者   

a0106747_10232843.jpgcv:森川智之×小野大輔


なんだろう・・。最初、何故だか妙に聴きづらい感じがする。筋もしっかりとしているし、雰囲気も悪くないんだが気持ちが乗ってこない。瑛@おのでぃのモノローグから始まる出だし、ひょっとしたらおのでぃってモノローグ苦手?
【モノローグ】:劇や小説で、登場人物が心の中に思っていることを相手なしにひとりで言うこと。また、そのせりふや文体。独白に同じ。
ヤクザの息子(自分は堅気だけど)と言う設定だからか、無理して声を作ってる感が拭えず、モノローグが状況説明になってしまってるのが残念。2枚組なので、後半モノローグが無くなってからは、ぐっと聴きやすくなった気もするが。声のトーンとしては「さよならを~」くらいでも良かったんじゃないかなぁ(あれもちょっと作り声っぽかったけどね)。フリトでも本人が「がんばりました」と言っていたのでがんばったんでしょう(笑)。絡みのシーンは、レオナルド@モリモリが切なげに「あきら・・あきらっ・・・」と呼ぶ声がセクシーで、ちょっと甘さを含んだ「添い寝するだけだ」にクラクラしました。最後のほうで自分の気持ちを告白するシーン、ロマンティックなBGMに乗せて切々と語る語る美声。さすがは帝王、いいモン聴かせてもらいました(合掌)。
気になったのはKISSのタイミング、SEと息が微妙にズレていて唇はついたり離れたりしてる風なのに、鼻から漏れる息がずっと続いていたり。絡みのイキ方も何となくひとりヨガりっぽく聴こえた気がするし、場数をこなせば上手くなるかなぁ~おのでぃ。



<ひとりごと>
「さよならを~」の時も思ったけど、おのでぃの声はミドリンに聞こえたり櫻井クンに聞こえたりと、勝手に脳内が右往左往してしまうのでなかなかに大変です、自分的に。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-03-07 11:14 | ロッセリーニ家シリーズ

<< ロッセリーニ家の息子 守護者 王朝春宵ロマンセ >>