ラ・ヴィアン・ローズ   

a0106747_10314042.jpgcv:森川智之・飛田展男・堀内賢雄・塩沢兼人×三木眞一郎



うーん、うーん・・・。ありえないほどすばらしい豪華キャスト、しかもこのステキな攻め4人(浩一@モリモリ・真澄@飛田さん・右月@賢雄さん・大鳥@塩沢さん)に対して一眞@ミキシンの総受け!耳の正月かと思うほど声フェチとしては嬉しかったのに。兄弟(種違い)と、それぞれの種元に母親そっくりだと言う事で相手をさせられる後ろ向きの受け、元々近親モノが苦手だからか、これだけのメンツでありながら萌え要素がひとつも見当たらなかったのが、なんだか悔しい気がする1枚。これが、ずっといやいやながら相手をしていた主人公が運命を受け入れ、それを逆手にとって攻めを追い落とすくらいの腹黒キャラに化けたりしたら、俄然萌えたような予感はするだけに惜しい。特にミキシンだっただけに残念さひとしお。
それでも二重の禁忌やドロドロな人間関係を際立たせる(?)BGMのおどろおどろ加減も、ラストにタンゴを持ってくるあたりのいやらしさ(褒めてます)も、センスは悪くないので、この手の人間ドラマがお好きな方にはハマるかもしれません。
[PR]

by lovelove-voice | 2008-02-25 10:59 | ら行

<< 三千世界の鴉を殺し 小説WIN... 美しい男 >>