ドアをノックするのは誰?   

a0106747_1684112.jpgcv: 成田 剣×平川大輔


派手さはないけれど、しっとりとした大人の物語。兄弟愛も絡めながらどんどん引き込まれて楽しく聴ける1枚。笑いもアリ、切なさもアリで胸がキュンとなったりじーんと来る良作だと思います。一途な中年男の甲田尚臣@ナリケンさんの純情一直線ぶりが愛しくて。アルベルトや久家@エビリティもそうだけど、本来遊び人のはずだった攻めが、もう受けにメロメロになってしまい、青臭いと思えるほどの純情を見せつけてくれると、なーんか嬉しくなってしまう。最首頼久@平りんが一見淑やかそうでいて、しっかりカカア天下なところがGOODです。





<音フェチのこだわり>
全体の雰囲気も悪くなく・・・が、どうしても許せなかったのがBGMの使い回し#私のように楽しみのすべてが耳にかかってるリスナーにとっては、これは物凄く残念なとこであり、ここで一気に集中力を失くしてしまった。一部使われていた「執事の特権」のそのシーンでしゃべっていたのがノジケンであったことと、今回のシーンでしゃべってたのが野島兄だったことが、より同じ曲だったことを鮮明にさせてしまったのも一因だとは思うけど。まぁここまでBGMにこだわっている私のほうが、こだわりすぎなんだけど、やっぱ一つの作品としてトータルで楽しみにしてるリスナーもいるんだと言うことを、ちょっとは制作サイドも考えて欲しいかな?
[PR]

by lovelove-voice | 2007-10-31 21:40 | た行

<< 三千世界の鴉を殺し5<前編> ... GENE~天使は裂かれる~ >>