茅島氏の優雅な生活   

cv:大川 透×野島健児

お屋敷の庭師とご主人様の恋。なんとビックリ、主役なのに大川さんには役名がありません。退廃的なお金持ちぼっちゃんの一途な想いに、庭師がほだされて・・・って一風変わったストーリーです。4話からなる組み立てですが、時間軸が行ったり来たりして、あ~この話があの頭に繋がるわけねーと、そのトラックをまた聴き直したりして。
絡みは濃いような薄いような、不思議な感じなんですが、これは大川さんの声がノーブルな紳士声だからかな?それでも想いが通じ合ったあとの絡みでは、事後の息の切れ方が想いの丈を物語るようで、お二人ともお上手です。ノジケンはずっと感情を抑えたボソボソとしたしゃべりかた、だからこそあの最後の嬉しそうなセリフが生きました。いやあ~ノジ上手いなぁ。もちろん絡みもいつものように気持ち良さそうです。いつもながら、ノジの感じる声のバリエーションには脱帽(笑)。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-08-22 16:13 | か行

<< 生徒会長に忠告 水に眠る恋 >>