夜ごと蜜は滴りて(2枚組)   

a0106747_1428331.jpgcv:小西克幸×野島健児


長男編で国貴が遼一郎と上海へ出奔した後、清澗寺家にとり残され、意に反して家を継ぐはめになった次男の和貴@ノジケンと議員秘書時代の同僚深沢@コニタン。題名からもう判るように、エロ度高め、ヘッドフォン必携かなり滴ります(何が?)。いわゆるお家騒動なので、世界は狭く登場人物も数少ないながら、内容はかなり濃く。ドロドロドラマ系(笑)、しかも調教ものなので、陵辱シーンがけっこう多いです。コニタンはかなり低めの鬼畜ボイスで敬語攻め、私的萌えポイントからはちょっとはずれてはいるものの熱演に拍手です。ノジは相変わらずバリエーション豊かに喘いでくれちゃって(笑)。姿見の前でのシーンはいろんな意味で圧巻です。
「ぼくと深沢の境目すらなくなる・・・」陵辱の果て絶望的な愛に目覚め、進み行く己の未来を悟ったノジのモノローグは、物悲しいBGMと相まって静かに降り積もるように聴こえてきます。傍から見るのとは違い、愛のかたちは人それぞれで、この狭い世界の中で生きている当人同志には、こんなかたちの絆でも幸せなのか、と思わせる退廃的なエンディングに、寂寥感が胸に残る1枚。
[PR]

by lovelove-voice | 2007-08-23 14:47 | 清澗寺シリーズ

<< レシピ 駆け引きの行方(秋のリンクスロ... >>