臈たし甘き蜜の形代   

a0106747_15551222.jpg谷山紀章×島崎信長

貿易商の御曹司・岩崎@紀章さんは、花降楼の禿・椛@島崎くんを、見初め足繁く通うようになった。可愛がってくれる岩崎に椛は良く懐き、次第にほのかな想いを抱くようになっていたが、岩崎はかつて花降楼の傾城だった蜻蛉に身請け寸前で振られると言う手酷い目に遭っており、その蜻蛉に良く似た椛を自分の思い通りに育てたいと目論んでいた・・・。

ご長寿シリーズの花降楼、ストーリーはいわゆる「廓もの」と言われる典型的なものだけど、毎回キャストがとても良いので楽しみに聴いていたシリーズなんだけどね。新キャストが島崎信長くんと知り、正直聴くことに激しい葛藤があった。初メインの「僕はすべてを知っている」を聴いた時に??と思い、「ハートの隠れ家」「ラブカフェモカ」と続き、これはどうしたもんかと・・・。最初は脚本や演出が悪いのか、とも思ったけど2作目3作目になっても一向に改善の兆しが見えないのはやはり本人の問題であろうと思われ、今まで楽しみに聴いてきたシリーズが聴くも悲しい事にならないかと本気で憂いて悩んでいた。
さて、聴いた結果から言えば悪くはなかった、某所で酷評されている程には。これは今までの演じ手のみなさんが、この花降楼の雰囲気をしっかりと作り上げてきたことに大きく帰依している。その空気感が聴き手の心にあるからこそ、気を損なわれることなく聴くことができた。特に今回重要な折々に登場する高村@遠近さんや、諏訪@コヤP×藤野@阿部クンのペアがとても大きな救いであり、紀章さんの大人の余裕とエロ吐息も安心の安定感が、純な禿の感じに聴かせていたのでむしろまわりの技量の高さを思い知ることにもなった。
さて、今回妖しい駆け引きをしていて、そのやりとりが非常にゾクゾクさせるものがあったので、次回CPの諏訪×藤野には目いっぱい期待して心待ちにしたいと思います。
[PR]

by lovelove-voice | 2013-11-16 16:54 | ら行

<< 新宿ラッキーホール 宇田川町で待っててよ。 >>