声優好きバトン2012   

これ最初にいただいたのが2009年(だったと思う)なんだけど、もはやバトンと言うより自分専用の健忘録と言うか、まぁそんな感じで今年も記録を残してみます。

<BLCDに限定>
①今年活躍したと思う声優は?
野島裕史さん
めっきり新譜が少なくなってしまった非常に寂しいBLCD界ですが、とにかくたくさんの作品に出ていただいた感があるノジ兄、本当にお疲れ様でした。1月の「やさしいエピローグ」から、なんか毎月のようにノジ兄の声を聴いていた気がするくらい。個人的には受け推奨なんですが、「イベリコ豚と恋と椿。」みたいなやんちゃ攻めも新鮮で良かった。「嘘みたいな話ですが」のあっけらかんとした誘い受けもいいですが、来年はしっとりと大人の美人受けをじっくりと聴いてみたい。ともあれ、今年の〆もノジ兄の「ノットイコール」で終わりそうです。

②あなたが今年、1番夢中になった声優は?
小野友樹さん
いやいやいや(悦)。年々寂しくなるBLCD界に煌めく星が!未だメイン作は少ないけど、攻めて良し・受けて良しの声質に加えて感情の込め具合が絶妙。誰と組んでもKISSのタイミングや息遣いのバランスがいい、これはかなりの床上手(笑)と思われます。どシリアスの大人美人受けをやらせてみたい、来年もさらなるご活躍を!と期待に胸が膨らみます♪

③2番目に夢中になった声優は?
一条和矢さん
言わずもがな(照)。問答無用のKO負け、「絆シリーズ」の時に痺れた一条さんの関西弁が、こんなにたっぷりと新譜で聴けたことに感謝・感激・雨・あられ(死語)だった「レオパード白書3」。もうありがとうございましたの一言しか出ません(うっとり)。あまりにも心拍数が跳ね上がるため、何度もリピートできないと言う(単に更年期か?)ジレンマに悶え苦しむほどの萌えを与えて下さり感謝します。

④今年ファンになった声優は?(きっかけも書けたら書いてね。)
興津和幸さん
今年ファンになった、と言うわけではないんだけど 「ダブル・バインド1.2」で、うっわ~と一目惚れならぬ一聴き惚れして以来、メインでも脇でも気になる存在になった興津さん。今年は「嘘みたいな話ですが」で聴かせてくれた可愛くてキモい変態攻めと言う、新しいジャンルでもその魅力を遺憾なく発揮され(笑)、個人的には麗しい声ながら陽気な変態が似合う声優(1位:高橋広樹、2位川原慶久)に認定させていただきたいと思います。(賞賛です)

⑤夢の中に出て来た声優は?
例年通り、本体を見ないように心がけているので夢には見ません。

⑥今年1番印象に残った声優は
福山 潤さん
「空と原」がすっごく良かった・・・(涙)。元より真っ直ぐな青年声が大好きなじゅんじゅんですが、「セブンデイズ」で聴かせてくれたようなテイストで、大人の原センを支えていくちょっとおませな高校生を聴かせてくれて、空がじゅんじゅんで良かった~と心から思える作品になっていました。それ以外に「百合男子」(非BLですが)で聴かせてくれたオタク全開のユリーダーっぷりも、さすがはじゅんじゅんと思わせる疾走感で、非BL作品ながら個人的には是非オススメしたい1枚になりました。

メーカーさんの倒産や事業の縮小などで、ますます厳しい状況になっていっているBLCD業界ですが、コメディであれシリアスであれ、良質な作品に巡り会いたいと言う需要は無くならないと思います。そんな気持ちが届くように、来年は氷川きよしのファンを見習って、せっせとリクエストや感想のハガキを出して行こうと思う年の暮れであります。
[PR]

by lovelove-voice | 2012-12-17 20:46 | 声萌え

<< 500年の営み レオパード白書3~滴る牡丹の愛~ >>