ブーランジェの恋人   

a0106747_2051152.jpg高橋広樹×野島裕史


パティシエとして将来を嘱望されていたが、家の事情で実家のパン屋を継ぐことになった浅尾@ピロキ、志半ばで諦めたパティシエの道に未練を残しつつ日々を送っていた。そんなある日、店で”ショコラ・デニッシュの人”と呼んでいる年齢不詳の常連客:藤川@野島兄が、店の前で行き倒れてしまう。「いい匂い・・・」と言ってそのまま寝てしまった藤川を介抱した浅尾は・・・。

これキャスト勝ちだよね~と思わせた。ヘタすればただ甘々な恋物語になりそうなストーリーを、ピロキと野島兄の柔らかく落ち着いた音色で紡いだことで、とても大人っぽい洒落た仕上がりになっている。何気ない日常の出来事の中で、ぎこちなくも少しづつ甘やかな匂いを感じさせながら気持ちが繋がっていく、まさに焼きたてのショコラ・デニッシュのような軽やかさ。
普段攻めが受けを”かわいい”と表現するのは好きじゃないんだけど、年上の”可愛い人”と違和感なく感じさせる野島兄の「うん」がすっごく良くてマル☆ノジ(弟)の「うん」は年上に委ねるニュアンスなんだけど、野島兄の「うん」は年下に甘える感じの、かすかな照れとか躊躇いが感じられて可愛いんだよね。最近、おじさんなピロキを聴いていたせいか、聴き始めは青年役がちょっと耳にくすぐったい(笑)ピロキだったけど、さすがの安定感でうっとりと聴ける。ヘンタイでもヘタレでもない、こんな普通の役もいいもんだ...と思いつつも弾けたピロキも大好きです。編集担当の田辺に遠近さん、こちらの世界のメインがそろそろ恋しくないですか?(笑)また吐息たっぷりのを是非お願いします、強気美人受けで。
ところどころBGMが「?」と思わなくもないけど、全体的にほんわかと気負わず聴ける癒しのCD。
[PR]

by lovelove-voice | 2011-05-05 17:33 | は行

<< P.B.B.3(プレイボーイブ... 薔薇色の人生 >>