嘆きのヴァンパイア~愛しき夜の唇~   

a0106747_149286.jpg三木眞一郎×鈴木達央


身内の報復をした罪で、服役していたムショ帰りの水上亮治@たっつんは、出獄後に再会した元カレの翔@代永クンから、弟を殺したのは報復した相手じゃなく、意外な人物だと聞かされる。仇を打つべくターゲットを襲撃した亮治だが、逆に撃たれて瀕死の状態に。そんな亮治を救ったのは、リュシアン@ミキシンと名乗る謎めいた青年だった・・・。

うーん、うーん(悔泣)。攻め吸血鬼にミキシン・受けヤクザに達・付き人(?)にヘリちゃん、これだけワクワクするキャスティングなのに、うっかりと聴き流して終わった・・・。原作はどうなのか知らないが、ストーリーに一貫性がなく話があちこちに飛ぶ感じを受けたことと、それぞれのキャラの魅力が少しも伝わらず、萌えポイントがひとつも見つからなかったのが、このキャストなのに!阿部さんなのに!音楽は佐藤さんなのに!と悔しさを3倍増にしてしまった。(滝涙)
そんな悔し涙満載で、内容を殆ど語れないほど耳に残らなかった本編の中では、唯一ラスベガスのシーンでのBGMに吹き出した(あれ、半分ヤケになってませんでしたか?佐藤さん)のが、個人的にはツボ。オススメは特典フリトのみ(酷)。ヘリちゃんの発言にいちいち大ウケ爆笑する達、いびるミキシンにわかってて神経逆なでするヘリちゃん。「大都市」ってどこよ?(爆)
[PR]

by lovelove-voice | 2011-04-21 14:11 | な行

<< 薔薇色の人生 王子と小鳥 >>