吸血鬼には向いてる職業   

a0106747_16224027.jpgcv:黒田崇矢×平川大輔


マンガ雑誌の編集部に勤める野迫川藍@平りんは、前担当者が病気と言うアクシデントにより、かねてからの念願だったマンガ家・黒田瑞祥@黒田崇矢氏の担当に任命された。そのマンガ家:黒田は自分の事を「吸血鬼だ」と言い張り暇つぶしのためにマンガを書いていると言う。とても筆が遅くなにかと難癖をつけては〆切を守ろうとしない黒田から、何とか原稿をもぎ取ろうとする野迫川に押され、黒田は〆切を守るある条件を出してきて・・・。

吸血鬼に崇矢さん(紛らわしいのでこう呼ぶ)♪以前「影の館」で人外の妖しい役どころに、ねっとりと低くエロい声の崇矢さんが物凄くハマってて私的にツボだったので、なんてステキなキャスティングと大喜び!実際耳にした崇矢さんは、本当にうっとりするほど吸血鬼声(笑)で大満足。これじゃ平りんが「気持ち良く吸われてみました」(フリトでの発言)って言うのももっともだわ~。このお2人は「極道スーツシリーズ」で息ピッタリのドS攻めと、耐え気持ちイイ受けの絶妙なコンビネーションを見せたCPなので、言うまでもなく絡みはとても官能的、特に最中血を吸われる時の平りんがエクスタシーに満ちた「あぁ・・」なんて声を出すもんだから、聴いてるこっちも釣られてイキかけました(待て)。欲を言えば想いが通じた後に愛あるHが聴きたかったかなぁ、すっごくエロ気持ち良かったと思うよ~きっと。吸血鬼の使い魔:黒猫ケイト@武内クンのもうもうキュートなことと言ったら☆男性声優さんでこんなにもニャンコ語が似合うなんてありえない程の可愛らしさ。他にも劇中劇「バンパイアハンター融」の杉山クンや相性最悪のライバルマンガ家薔薇原@てらそまさんと、脇を固めるキャストも豪華で嬉しい限り。
「孤独を飼い馴らして生きていくのだ・・」一見冷酷で偏屈に見せかけている黒田が時折見せる長命な吸血鬼であるが故の人恋しさ、本当に心の奥の孤独が垣間見えるようでグっときた。冒頭の崇矢さんと平りんの掛け合いなんかも、この作者さんならではのセリフ回しとテンポの良さで笑えて泣ける筋書き。このマンガ家シリーズも第5弾目だけど、実は「君がいなけりゃ~」でじゅんじゅんが上手すぎたためルコちゃんがウザくてとても愛せず、折角のシリーズなのに挫けそうになっていたところ、「ごめんなさいと~」「愛売る」とだんだん好みの仕上がりになっていて、がぜん次回が楽しみになってきました。原作はあるのかな?
[PR]

by lovelove-voice | 2010-11-27 16:35 | マンガ家シリーズ

<< 花がふってくる 先生はダミー >>