テレビくんの気持ち   

a0106747_15215786.jpgcv:武内 健×杉山紀彰
cv:羽多野渉×野島健児
cv:前野智昭×鈴木千尋


・テレビくんの気持ちとメガネ君の気持ち
売れっ子俳優の蒼太@武内クンは、次のドラマのためにと幼馴染の圭輔@杉山クンに「キスしてもいい?」と持ちかける。予行演習のつもりでキスを受けたつもりが・・・。
乙女攻めの武内クンがヘニャヘニャしてて、ややウザい感もあったけど(笑)まぁ可愛いし、心の声や時折口をついて出るオヤジ臭いセリフとのジャップが笑える。お相手の杉山クンが、予想したより男前な受けで、なかなかにGOOD。ちょっとクセがあるんだけど、結構杉山クンの声が好きらしい自分に気づく。「オレの屍を超えて行け~」なんて、漢らしくも可愛らしいセリフが思いのほか似合ってて良かった。

・マネージャーさんの気持ちとアイドル君の気持ち
マネージャーのうっちー@ノジケンの前では、何もできず甘えん坊になるアイドルの小泉渉@羽多野クン。けれど、それはできないフリをしてるだけ、と言う事も知っている。なんでそんなフリをするんだろう・・・。
SASRA以来、かなりお気に入りなこの組み合わせ。今回もカワイ色っぽい絡みを存分に楽しませていただきました。個人的に生萌えの気はないので、正直羽多野クンの役名が”渉”ってのは、聴いててくすぐったいやら妙に恥ずかしいやら(苦笑)。

・店長くんの気持ちと真面目くんの気持ち
コンビニ店の息子で店長の村山@前野クンは、店担当の本社社員:須藤@ちーちゃんにかれこれ2年半ほど片思い中。頑なでくだけた様子を見せない須藤には実は知られたくないトラウマがあって・・・。
3話の中で1番お気に入りのCP。ツンな感じを保ちつつ、実は快楽に弱い年上受けのちーちゃんが品良く且つ貪欲で大いに満足。元ヤンキーの店長役の前野クンが、実は優しくて年下ながら包容力のある誠実な攻めを好演。須藤のトラウマ話を打ち明けられて「ひとりで・・泣いたの?」と問い返しながら半泣きになってる様子が、何とも良くて思わずもらい泣きした。そして「イヤでもダメ」「ダメでもダメ」と、畳み掛けるように囁く優しい言葉攻めに鼻血が出そうになりました。いやはや鬼畜なセリフの羅列よりも、ぐっとクるもんだとまえぬーの攻めスキルの奥の深さを思い知らされて、改めて舌を巻いたそんな1枚。
[PR]

by lovelove-voice | 2010-03-23 15:46 | た行

<< 乱れ喰い いや暴れ喰い・踊り喰... 久々ゆっくりした休日に♪ >>